減速・旋回・加速がついに一体化!?

発見!クアルタラロのスーパーオーバーラップ走法【’20MotoGP要注目】

【拡大写真】クアルタラロ以外のライダーの場合

クアルタラロ以外のライダーは全員、クリッピングポイント付近ではフロントブレーキレバーから完全に指が離れている。ブレーキングが終わってコーナリングし、加速に入ろうというんだから、ブレーキレバーに用はない。これが普通。

アレックス・マルケス

アレックス・マルケス [写真タップで拡大]

マーベリック・ビニャーレス

マーベリック・ビニャーレス [写真タップで拡大]

アレックス・リンス

アレックス・リンス [写真タップで拡大]

【拡大写真】クアルタラロの場合

他のライダーはスロットルを戻すだけの高速コーナーでも、フロントブレーキをかけているらしいクアルタラロ。積極的にフロントフォークを縮めることで、一滴でも多く旋回力を絞り出そうとしている。

ファビオ・クアルタラロ

[写真タップで拡大]

ファビオ・クアルタラロ

[写真タップで拡大]

ファビオ・クアルタラロ

[写真タップで拡大]

ファビオ・クアルタラロ

[写真タップで拡大]

前のページ:記事本文に戻る

関連するアーカイブ

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース