欧州ヤマハが2020モデルを発表

まるでR1ツアラー?! 2020新型Tracer700(トレーサー700)がモデルチェンジ

  • 2019/11/4

2019年11月4日、ヤマハが欧州で2020年モデルを発表した。XSR900のRZカラーや排気量アップのTMAX560などと並び、注目したいのがモデルチェンジしたTracer700(トレーサー700)だ。

ツインヘッドライトのR1顔がツアラーに初投入

2016年に欧州で生産・発売され、国内未導入のまま現在に至るTracer700(トレーサー700)に、大幅なモデルチェンジが実施された。エンジンは排ガス規制ユーロ5に対応するとともにデザインを刷新。特に車体前半が大幅に変えられており、アッパーカウルが大きなポイントだ。YZF-R1やYZF-R6と同じようにアイブロウ(眉毛)状のポジション灯+LEDのツインプロジェクターのフェイスデザインをスーパースポーツ以外で初めて採用しているのはかなり新鮮。基本コンポーネントは大きく変わっていないが、このフェイスデザインだけでかなりスポーティな印象になるのが見て取れる。

【YAMAHA Tracer700 2020年型欧州仕様】MT-07ベースのツアラーとして登場したトレーサー700。こちらのカラーはIcon Grey。

【YAMAHA Tracer700 2020年型欧州仕様】こちらはPhantom Blue。

【YAMAHA Tracer700 2020年型欧州仕様】こちらはSonic Grey。2019年型で登場したGTの設定はなくなったようだ。

【YAMAHA Tracer700 2016年型欧州仕様】こちらは初代トレーサー700。欧州拠点を中心に開発され現地で生産されていることから国内未導入となっている。テネレ700が国内発売確定となった今、トレーサーも検討されたり?!

メーターなどティテールも進化

エンジンは吸排気系の変更で排ガス規制ユーロ5に対応したが、パワーロスは1kW減〈55kW(74.8ps)/9000rpm→54kW(73.4ps)/8750rpm〉に留めている。68Nm(6.9kg-m)/6500rpmの最大トルクと196kgの車重は不変だ。一方でホイールベースが+10mmの1460mmに伸びていることから、現行トレーサー900の改良と同じようによりツアラー性能を高めていると思われる。ライディングポジションはハンドル幅を34mm拡げ、シート高を5mm高めることで自由度と快適性を高めたとのこと。スクリーンは片手で上下60mmの範囲で高さを調整することが可能だ。液晶メーターはネガティブ表示とし、文字デザインやレイアウトも刷新された。

LEDのプロジェクターは横長楕円のR1やR6と異なり四角形となっている。ウインカーは前後とも細身のLEDタイプに変更されている。

タンク容量は17Lで不変だが、よりニーグリップ性を高める形状に変更されている。ハンドルは34mmワイドに。

液晶メーターは黒バックに変更。10000rpmからのレッドゾーンは従来型と変わらず。フォークトップの調整機構は’20年型に新装備されたものだ。

ダブルシートはフロントだけでなくリヤ側も高められ、快適性が向上している。

ユーロ5までの規制対応を見越して開発されたという並列2気筒エンジンは、吸排気系の変更のみとなる。

関連する記事/リンク

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)