欧州ヤマハが2020モデルを発表

2020新型はTMAX560に排気量アップ! リヤまわりのデザインも刷新

  • 2019/11/4

2019年11月4日、ヤマハが欧州で2020年モデルを発表した。XSR900のRZカラーや新デザインのトレーサー700などと並び、注目したいのがモデルチェンジしたTMAX560だ。

530cc→562ccに拡大し排ガス規制にも対応

2017年型で電子制御スロットルを採用したエンジンや新設計シャーシ、新デザインに生まれ変わった現行型TMAXシリーズが、2020年型でモデルチェンジする。まず、車名がTMAX530SX/DXからTMAX560/Tech MAXに変更され、車名の通り排気量が32ccプラスされた。それにより最高出力を33.8kW(45.9ps)/6750rpmから35kW(47.6ps)/7500rpmに向上させつつ、排ガス規制ユーロ5の適合を果たしている。一方で最大トルクは従来と同じ5250rpmの発生回転数で53Nm→55.7Nmへと5%向上させているので、広範囲でのパフォーマンスアップが期待できそうだ。エンジンは2mmボアアップに吸気バルブ拡大、さらに吸排気のバルブタイミング及びインジェクターの位置変更により燃焼効率が向上。キャタライザーはエキゾーストシステムの前後に2カ所設置して排ガスを浄化している。

【YAMAHA TMAX560 2020年型欧州仕様】全体の印象は2017年型と変わらないがフロントウインカーやサイドビーム部分もデザインが変更されている。これはスタンダード専用色のIcon Grey。

【YAMAHA TMAX560 2020年型欧州仕様】こちらのSword Greyは、Tech MAXでもラインナップされる。

【YAMAHA TMAX560 Tech MAX 2020年型欧州仕様】電動スクリーンやクルーズコントロール、グリップ&シートヒーター、アジャスタブルリヤサスペンションなどを装備する上級グレードのTech MAXは従来のDXに相当する。こちらは同グレード専用色のTech Kamo。

テールランプにTの字が

2017年型で直線基調から曲線基調の高級感あるデザインに進化した現行TAMXをベースに、2020年型はリヤまわりを中心にアレンジを加えている。目玉はテールランプの変更でTの字型に発光する新デザインにするとともに、フロントまわりはウインカーの電球→LED化を果たした。サイドビームとテールカウル部分はエッジの効いた造形を与えることにより、引き締まったスポーティな印象になっている。

【YAMAHA TMAX560 2020年型欧州仕様】2001年に登場したTMAXも20周年。それを記念してかテールランプにTの字をあしらった。

【YAMAHA TMAX560 2020年型欧州仕様】後端に尖ったテールランプやテールカウルのダクトなどで、かなりスポーティな印象になった新型。

【YAMAHA TMAX530DX 2017年型欧州仕様】従来型は左右に2分割されたテールランプを採用していた。

【YAMAHA TMAX560 2020年型欧州仕様】サイドビーム部分面積が狭くなった新型は軽快な感じに。STDはカラーリングにラインを入れることでさらにスポーティな印象としている。

【YAMAHA TMAX530DX 2017年型欧州仕様】こちらは従来型で見比べるとずいぶん印象が変わっているの分かる。新型はラグジュアリーよりスポーティさを狙っているのだろう。

関連する記事/リンク

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)