パールホワイトも同時デビュー

アドベンチャーツーリングマシン、ヴェルシスX250ツアラーにグレーカモのニューカラーが登場

先代ニンジャ250由来の並列2気筒エンジンを搭載し、高い汎用性を与えられたアドベンチャースタイルのツーリングバイクがヴェルシスX250ツアラー(VERSYS-X 250 TOURER)だ。2020年モデルとして登場するニューカラーは2色を展開となる。

走破性と利便性を追求したアドベンチャーツアラー

1000ccまで揃うヴェルシスシリーズのコンセプトである「ANY ROAD ANY TIME」に未舗装路での走破性を強化すべく大径ワイヤースポークホイールを採用するなど、走りも本格派のヴェルシスX250ツアラー。エンジンはアドベンチャーらしいキャラクターに合わせたチューニングとすることで、スムーズなパワー特性と低回転域での粘り強さを持たせている。

ロングストロークの正立フロントフォークにリンク式リヤサスペンションを組み合わせ、路面を選ばない高い安定性を実現。多様な状況に対応すべく、ダートも考慮したトレッドパターンのマルチパーパスタイヤはチューブ式としている。フロントホイールは19インチでホイールトラベルは130mm、リヤホイールは17インチでホイールトラベル148mmとやや長めを確保しているのも嬉しいところだ。

パニアケースなどを装備しないスタンダード仕様も存在したが、2018年式を持ってラインナップ終了となり、現在はこのヴェルシスX250ツアラーのみ販売。“ツアラー”仕様ということで標準装備するパニアケースは容量が片側17Lで、エンジンガードやセンタースタンド、電源ソケットなども同じく標準装備だ。ただし、写真にあるフォグランプはオプション設定となる。

新たに設定される2色は、フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン(灰カモ×黒)とパールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー(白×灰)。従来の黒および灰×黒は販売終了となるので、黒系が欲しい方は急いで在庫を探されたし。価格は70万4000円~72万500円(従来は2色とも70万1800円)で、発売日は2019年12月1日だ。

VERSYS-X 250 TOURER スペック&ディテール

【KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]】主要諸元■全長2170 全幅940 全高1390 軸距1450 シート高815(各mm) 車重183kg■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 248cc 33ps/11500rpm 2.1kg-m/10000rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17 ●価格:70万4000円(白×灰)/72万500円(カモ×黒) ●発売日:2019年12月1日

KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]
KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER[2020]パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー

関連する記事/リンク

関連記事

’17年3月に発売され、昨年11月に’18年モデルがリリースされたカワサキの軽二アドベンチャー。まさにツーリングのための1台だ。 ※ヤングマシン2018年7月号(5月24日発売)より 【〇】防風効果が[…]

001-3
関連記事

2016年のKLX250ファイナルエディションを最後にカワサキのラインナップから消えていたオフロード車が、待望の復活を遂げる。今回発表されたのは空冷2バルブエンジンを搭載したKLX230と、兄弟車のオ[…]

関連記事

’12年にデビュー、’15年にフルモデルチェンジを実施した直4アドベンチャー「ヴェルシス1000 SE」が、’19年モデルで3代目へ。初の国内仕様をじっくりチェック! セミアクティブサスペンションのK[…]

2019 KAWASAKI Versys1000 SE
WEBヤングマシン|最新バイク情報