第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

オーリンズ製サスペンション、ブレンボ製キャリパーを装備

今度は赤のF! CB1300スーパーフォア/スーパーボルドールのSPに新色登場、従来色も継続

  • 2019/10/4

ホンダはCBシリーズの頂点、CB1300 SUPER FOUR SP(スーパーフォアSP)およびCB1300 SUPER BOL D’OR SP(スーパーボルドールSP)に新色を追加し、2019年10月25日に発売する。赤×白の新グラフィックは、1982年登場のCB750F/CB750Fインテグラなどを彷彿とさせるものだ。

往年のCBを思わせる伝統のカラーリング

今回CB1300 SPシリーズに追加されたのは、1980年代に販売されたCB750Fシリーズ(海外ではCB900FやCB1100Fも)の中でも、青×銀のスペンサーカラーなどに次いで印象の強い「赤×白(キャンディークロモスフィアレッド)」だ。2018年登場の同CB1300 SPシリーズの青×白(パールホークスアイブルー)とは同じグラフィックをベースとした色違い設定となる。

CB1300 SUPER FOUR SPおよびCB1300 SUPER BOL D’OR SPは、CBシリーズのフラッグシップモデルであるCB1300シリーズをベースに、オーリンズ製前後サスペンション(正立フロントフォークとリヤショックユニット)、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備した高級仕様。優れたコントロール性によりスポーティな走りを実現するだけでなく、サスペンションのスムーズな作動性により乗り心地も向上している。なお、両車ともに主要諸元や税抜き価格に変更はない。

CB1300 SUPER FOUR SP & CB1300 SUPER BOL D'OR SP

CB1300 SUPER FOUR SP & CB1300 SUPER BOL D’OR SP

CB1300 SUPER FOUR SP[CB1300スーパーフォアSP]

CB1300 SUPER FOUR SP

【HONDA CB1300 SUPER FOUR SP 2019】主要諸元■全長2200 全幅795 全高1135 軸距1520 シート高790(各mm) 車重268kg■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 1284cc 110ps/7250rpm 12.0kg-m/5500rpm 変速機6段 燃料タンク容量21L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:188万5400円 ●色:赤×白、青×白 ※写真はキャンディークロモスフィアレッド(赤×白)

CB1300 SUPER FOUR SP

CB1300 SUPER FOUR SP パールホークスアイブルー(継続色)

CB1300 SUPER BOL D’OR SP[スーパーボルドールSP]

HONDA CB1300 SUPER BOL D'OR SP

【HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR SP 2019】主要諸元■全長2200 全幅825 全高1215 軸距1520 シート高790(各mm) 車重274kg■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 1284cc 110ps/7250rpm 12.0kg-m/5500rpm 変速機6段 燃料タンク容量21L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:199万5400円 ●色:赤×白、青×白 ※写真はキャンディークロモスフィアレッド(赤×白)

HONDA CB1300 SUPER BOL D'OR SP

HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR SP パールホークスアイブルー(継続色)

CB1300 SUPER FOUR SP/CB1300 SUPER BOL D’OR SP ディテール

フロントサスペンションは専用設計のオーリンズ製正立フォークで、もちろんフルアジャスタブル。インナーチューブ径φ43mmで、圧側/伸び側を左右に完全分離したワンウェイカートリッジを採用し、それぞれ減衰力調整が可能となっている。

リヤサスペンションはφ49mmの大容量リザーバータンクを備えたオーリンズ製ショックアブソーバー。フルアジャスタブルタイプだ。

フロントブレーキキャリパーは、ブレンボ製のラジアルマウント式4ピストン。

シヤビューからは足まわりの輝きとツートーンカラーのスポーツイメージがよくわかる。

ちなみにコチラが元ネタ

HONDA CB750F

ホンダCB750F[1982年6月10日発売]

HONDA CB750F INTEGRA

ホンダCB750Fインテグラ(1982年8月21日発売)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)