第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

オフロードマシン ゴー・ライドから今話題のマシンを内山裕太郎選手がインプレッション

【ファンティック】レーサーの軽さとトレールの扱いやすさを持つフルサイズトレールマシンが登場! #ゴー・ライド

  • 2019/9/23

レーサーの軽さとトレールの扱いやすさを持つフルサイズトレールマシン

第2号も好評発売中の「オフロードマシン ゴー・ライド」(※偶数月6日発売)から、今話題となっている1台をお届けしよう。その名は、ファンティック・エンデューロ250。オフロードマシンとしてあらゆるシーンでその力が発揮できる待望250クラスのトレール車だ。スタイルとその走りに注目頂きたい。

フルサイズトレールマシンの理想形-FanTic Enduro250-

ファンティックは1981年にISDE(インターナショナル・シックス・デイズ・エンデューロ)で 最高位のワールドトロフィーを獲得し、トライアル世界選手権では3度王座に輝くなど、オフロードの名門ブランドなのだ。そして、エンデューロの名を冠する4スト250が日本に上陸。内山裕太郎選手がテスト&インプレッションする!

Fantic Enduro 250 価格:85万円(8%税込)発売中

スクランブラーからエンデューロマシンへと、マシン作りを発展させてきたファンティック。オフロードレーシングブランドとして確固たる地位を築いてきたが、事業は市場の動きを読み違い、1995年に工場を閉鎖。2005年に復活すると2012年には欧州エンデューロ選手権で王座を獲得するが、またしても経営戦略を見誤り、車両のデリバリーがストップ。そこで2014年にイタリアの起業家たちが資本を投入し、ファンティックブランドは継続されることになったのだ。

復活したファンティックは、レースシーンとは一線を画し、オフロードライディングの楽しさを幅広い層に向けてアピールするため、スクランブラー、フラットトラック、そしてこのエンデューロの3タイプをラインナップしている。エンデューロという名前を冠しているが競技志向ではなく、乗りやすさを重視した作りが特徴。公道走行に対応したプレミアムトレールマシンなのだ。

このマシンを「チビテク」でおなじみの内山裕太郎選手がテストライド! そのインプレッションを聞いてみよう。

「軽さを感じる乗り味ですね。車体自体も軽く仕上がっていますが、重心位置が低いんでしょうね。安定感がありながら、ハンドリングが軽快で、マシンコントロールしやすいですよ。外車はハンドル切れ角が少ないことがありますが、このマシンは国産車同様で、小回りも効きます」

足付き性をチェック

内山裕太郎選手の身長は165cm。エンデューロ250のシート高は890mmとレーサー並み。しかし、このマシンはフロントサスの突き出し量を増やし、リヤサスのリンクを変更することで35mm下げている。ユータロー選手はつま先立ちとなっているが、「シート幅がスリムで車重も軽いので、足着き性に不安はない」とのこと。車両購入時にノーマル(ヨーロッパ仕様)かローダウン(日本仕様)かを選択できる。

「前後サスはしっかりした剛性があり、よく動いています。ダンピングも充分効いているので、林道ツーリングなら底突きしないと思います。タイヤの接地感も分かりやすく、前後ブレーキもよく効いてコントロールもしやすいです。

ただ、コーナーの立ち上がりなどで高回転まで回すと、もう少しパワーがあればもっと速くクリアできるのに、と思いました。といっても、それはレーススピードで走った場合。レーサーほどパワーが出ていると、林道ではかえって乗りにくいことがあるのは、外車オーナーなら分かるでしょう。敢えてトレール以上レーサー未満のパワー特性にしているのが、このマシンの扱いやすさになっていると思います。フルサイズレーサーのしっかりした車体に、トレールの扱いやすいエンジン特性を搭載。よく走るトレールマシンに仕上がっているので、トレッキングから林道ツーリング、ゲレンデを使ったファンライドまで楽しめます。トレールじゃ物足りないけれどレーサーまではいらない。そんな人にぴったりのマシンですよ!」

125に搭載される水冷単気筒エンジンは、各社が採用しているミナレリ製がベース。扱いやすさとパワフルさに定評があり、かなり走るエンジンだ。ファンティックはフレーム、サス、マフラーなど独自のセッティングで仕上げてあり、本格的なオフロードライ ディングに対応している。もちろん公道走行に対応している。価格:79万円(8%税込)

「扱いやすさ」のためのハイグレードパーツ

Fantic Enduro 250 価格:85万円(税込み) 発売中

写真上:水冷SOHC4バルブ単気筒250ccエンジンはファンティックの自社開発で、スクランブラー、フラットトラックにも搭載されている。燃料供給はアテナ製GETフューエルインジェクションで、ユーロ4排出ガス規制に適合しつつ、粘り強い低速トルクと高回転までの伸びを両立している。写真下:金色に輝くトリプルクラウンはCNC削り出しのアルミ製。テーパーハンドルバーを標準装備。精度の高いパーツを使用することで、軽快なハンドリングに貢献している。

写真上:ラジエターは車体左右に配置され、電動ファンも標準装備。渋滞時などのオーバーヒート対策も万全。写真下:バッテリーはシート下に配置。バッテリーの下はエアクリーナーボックス。

写真上:ユーロ4騒音規制適合のアロー製サイレンサー。消音性能と高回転のパワー特性を両立している。サイレンサー上に見えるサブフレームはアルミ製で軽量化に貢献。写真下:スイングアームはアルミ 製。リヤディスクはφ220mmのウェーブタイプ。

写真左:フロント倒立フォークはφ 43mm。Fantic FRSと呼ぶ新型で、オフロード走行向けのセッティング。フロントディスクはφ260mmで同じくウェーブタイプ。写真右:リヤサスも新型Fantic FRSを装備。この車両はローダウンリンクに変更しているが、「底突きはなかった」と内山選手はコメント。

Fantic Enduro 250 Specifications

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。