第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

本場だけに、個性とスパルタン度マシマシ

2019新車走評:欧州大型ネイキッド編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #08]

  • 2019/9/13

他の外国車クラスと同様、ネイキッドでも国産勢を上回る濃いキャラクターが多数。ストリートファイターブームの火付け役となったスピードトリプルをはじめ、ロングセラーのモンスターとデュークetc……。いずれも走りは強烈だが、そのぶん電子制御も充実しており、サポートしてくれるのがポイントだ。

テイスティな野獣系もサポート機能は万全

元々「ストリートファイター」というジャンルは、SSをネイキッドにカスタムしたバイクを指す。’90年代の欧州でブレイクし、メーカーカスタムとしてトライアンフが1994年に発売したスピードトリプルで完全に火が着いた。それだけに、欧州のストファイ人気は高く、魅力的なモデルも数多い。

スピードトリプルは表情豊かな3気筒を積み、弟分も用意する。同様に人気を博しているのがモンスター。初代は1992年登場と歴史が長く、フラットなバーハンによる前傾ライポジとトラクションに優れたLツインが特徴だ。

いずれもリッター超級はツインや3気筒ながら150psオーバーで、国産の直4勢と同等かそれ以上。中でもカテゴリー最大排気量の1290スーパーデュークRはSSに迫る177psを発生する。総じて走りは過激だが、電子制御が充実。モード変更すれば従順さもある。新作の790デュークなど扱いやすいアッパーミドルも選べる。

DUCATI Monster 1200/S/R[スーパースポーツNK]陶酔の領域をトラックにも拡大

DUCATI Monster 1200 R

DUCATI Monster 1200/S/R■水冷4ストロークL型2気筒 デスモドロミック4バルブ 1198cc 152ps/9250rpm 12.7kg-m/7750rpm 207kg 17.5L■シート高830mm ※諸元&写真はR ●175万5000円~

Lツインをトレリスフレームに積む、伝統のスポーツネイキッドがモンスターシリーズ。1200Rはその旗艦だ。心臓は専用チューンでSTDから6ps増の152psを発生。オーリンズ前後サスをはじめ、足まわりのセッティグをハードに変更し、830mmという高いシート高も特徴。とにかくスポーツ性能を徹底追求した仕様だ。

一見、大柄&マッチョでツアラー風に見えるが、走り出せば軽快そのもの。歯切れのいいサウンドを奏でながら、スムーズに低中速トルクが湧出する。さらに7500rpmから力感を増し、1万rpm超まで図太いトルクが続く。コーナリングは素直で、ブレンボモノブロックの強力なブレーキを使っての突っ込みでも車体は安定。ワイドなハンドルながら、剛性の高いFフォークと相まって、きっちりフロントに荷重を乗せていける。サーキットレベルの強烈な横Gにも持ち堪え、コーナー出口ではトラクションを濃厚に感じながら豪快に立ち上がれる。この一連の作業が実に爽快だ。

RはSTDやSよりピュアスポーツ性を前面に出し、150psを受け止めきれる設計だ。それでいて公道で6速60km/hでも走れる柔軟性を持つ。速さを追求しつつ、日常での扱いやすさを犠牲にしていないのが凄い。

ミッドレンジで獰猛

STDおよびハイグレードな足まわりのSは、獰猛なストリートファイター的。低中速域でのトルクはRを上回り、過激だ。とはいえ、そのスパルタンさはツーリングにも適した味付けで、ゆったりとした走りが楽しめる。シート高はRより35mm低く、足着き性でも断然有利だ。

DUCATI Monster 1200 S

DUCATI Monster 1200 S

TRIUMPH Speed Triple S/RS[上質にして余裕綽々]3気筒の味わいと絶品脚の化合物

TRIUMPH Speed Triple RS

TRIUMPH Speed Triple S/RS■水冷4ストローク並列3気筒 DOHC4バルブ 1050cc 150ps/10500rpm 11.9kg-m/7150rpm 189kg 15.5L■シート高825mm ※諸元&写真はRS ●146万円~

同社を代表する3気筒スポーツネイキッドがスピードトリプル。2018年にビッグチェンジを受け、同時に最高峰グレードのRSが追加された。

150psを発生する1050ccの強心臓は、直4より低い回転域から図太いトルクを発生し、これを幅広い回転域でキープ。しかも高回転までスムーズに回るため、スロットルを開けやすく、伸び切り感まである。さらに、伝統の痺れるようなサウンドも健在だ。

ハンドリングは軽快ながらシットリ感もある。倒し込みでSSのような鋭さはないが、大排気量スポーツらしいタメのあるダイナミックな旋回が楽しい。RSのオーリンズ前後サスは、乗り心地にグレード感が高く、絶妙なストロークで車体姿勢をコントロール。また、ピレリのスーパーコルサSPがねっちりした接地感を伝えてくれるため、安心してコーナーに飛び込んでいける。後はIMUが高度な制御を行うコーナリングABSとトラコンに身を委ねればいい。実に、ラクに安全に速さを引き出せるマシンだ。

サーキット遊びに似合うが、スタイリッシュに街を流すもよし。リラックスしたライポジと快適なシートに加え、オートクルーズにキーレスエントリーまで備えており、ツーリングを楽しむのもよし。個性豊かなエンジンと上質な脚で長旅も飽きないはずだ。

TRIUMPH STREET TRIPLE RS

近代並列3気筒の先駆者がトライアンフだ。現在、モト2に供給中の765cc仕様(兄弟車のストリートトリプルに搭載)では実測300km/hオーバーの新記録を樹立した実力を誇る。

KTM 1290 Super Duke R[変幻自在のビースト]高次元のFUNライドを実現

KTM 1290 Super Duke R

KTM 1290 Super Duke R■水冷4ストロークV型2気筒 1301cc 177ps 14.4kg-m 195kg(半乾) 18L■シート高835mm ●199万9000円

デュークシリーズのトップモデルに君臨し、「THE BEAST」を標榜する本作。177psの大パワーを誇る1301ccのVツインは、実に強烈だ。スロットルを大きく捻ると、暴力的に加速し、メーター読みで280km/hに到達。トラックモードだと回転域を問わず前輪が上げられ、コーナーの立ち上がりではリヤが豪快に空転してしまう。しかしモードをストリートやレインに変更すれば驚くほど従順に変貌。トラコンなどの制御も高度かつ自然だ。

車体は大柄で、着座位置も高いため、最初は手強さを感じるが、意外な乗りやすさがある。これは軽量な車体とクオリティの高いWPサスの恩恵。1300ccながら乾燥重量189㎏は破格の軽さで、取り回しもハンドリングも1クラス下のビッグオフに乗っているかのように軽快だ。ライポジは肩幅より広いハンドルバーを上から握るモタード的なもの。ハンドルで入力しやすく、振り回しやすい。また、上体がほぼ直立するため、リラックスしてVツインらしい鼓動感を楽しみながら、街乗りやツーリングもこなせる。ちなみにオートクルーズやキーレスエントリーも標準装備だ。

そしてWPサスは上質かつ動きがしなやかだ。街中では乗り心地がよく、旋回中に路面に凹凸があっても穏やかに収束。絶品のブレンボキャリパーと相まって、激攻め時は絶大なグリップ感に貢献してくれる。いかにもスーパーモト、KTMの原型と呼ぶべき1台。乗っていて実に楽しい。

スーパーバイクRC8譲りの75度Vツイン=LC8を搭載。吸気側にチタンバルブを採用し、IMUなど電子制御も充実している。

フルカラーTFTディスプレイはオプションで携帯電話の操作ができるKTM MY RIDEが使える。

BMW S1000R[キレッキレの武闘派]まんま直4SS感覚

BMW S1000R

BMW S1000R■水冷4ストローク並列4気筒 999cc 206kg 17.5L■シート高814mm ●183万800円~190万1800円

先代S1000RR譲りの直4は、最高出力を156psに抑えたものの、実にシャープな特性。発進からトルクの谷を感じさせず、1万rpmで一段と伸び上がる。高い回転域を使ってナンボのSS的フィーリングだ。モード切り替えに連動したセミアクティブサスにより、コーナリングでは常に安定感抜群。ハンドルが低く、やや前傾する特徴的なライポジに加え、高い接地感とフィードバックにより、旋回中の自由度も高い。クラスの中でも極めてスポーティなキャラだ。

DUCATI Monster 797/797+[愉快痛快、懐も深い]個性と従順さを兼備

DUCATI Monster 797 Plus

DUCATI Monster 797/797+■空冷4ストロークL型2気筒 803cc 73ps 6.8kg-m 193kg 16.5L■シート高805mm ※諸元はプラス

スクランブラー由来のLツインを積む空冷モンスター。低回転から粘り、パワフルながらレスポンスは穏やか。緊張感はなく、スムーズにトルクと鼓動が湧き出る。5000rpm程度からトルクがフラットになるので、飛ばさない方が楽しい。ハンドリングは、倒し込みが軽い上にリヤを主体に曲がる特性なので安心。一方、やや硬い足まわりと高性能なブレーキで、攻めた走りも可能だ。ハンドルはワイドで遠いが、兄貴分よりは手前。タンデムしやすいのも美点だ。

KTM 790 Duke[自由度バツグン]激しさも従順さも内包

KTM 790 Duke

KTM 790 Duke■水冷4ストローク並列2気筒 799cc 105ps 8.7kg-m 169kg(半乾) 14L■シート高825mm ●112万9000円

並列2気筒ながら、285/435度という独特な爆発間隔を持ち、フィーリングはVツイン的。鼓動感を伴いつつ、低速からトルクフルだ。右手の動きに忠実に反応する上に、103psという過不足ないパワーと相まって、積極的に開けたくなる。走行モードは4種あり、マイルドな走りも、ウイリーやスライド走行も可能だ。ライポジはやや腰高感があり、軽く前傾するモタード風。シートがフラットで前後に動きやすいため、状況に応じて着座位置を変えられる。ハンドリングは、軽い車体を活かし、基本的に軽快&素直だが、自由なライポジによって、さらに鋭さも安定感も引き出せるのがいい。WPサスは豊富なストロークで荒れた路面でも安心感あり。過激さと扱いやすさを兼ね備えた1台だ。

DUCATI Hypermotard 950/SP[随一の緊張感と爽快感]扱いやすくもスパルタン

DUCATI Hypermotard 950 SP

DUCATI Hypermotard 950/SP■水冷4ストロークL型2気筒 DOHC4バルブ 937cc 115.6ps/9000rpm 9.8kg-m/7250rpm 178kg(乾) 14.5L■シート高890mm ※諸元&写真はSP ●[STD]165万円 [SP]210万円

2019年にフルチェンジを受けて939→950に新生。STDは、低回転でギクシャクすることなく、力強いトラクションを楽しめる。長いホイールベースとゆったりしたサスストロークによって、街中を流すような走りは自然。パルス感のあるサウンドも心地いい。ただし、中途半端にペースを上げると途端に足まわりが落ち着かなくなる。シックリくるのはさらにスポーティな領域。サスが沈み、リズムが合って爽快に曲がれる。

SPはさらにスパルタンだ。軽量ハイパワー化され、前後オーリンズも高荷重設定。体感的には、Lツインのパニガーレさえ凌ぐスパルタン度だ。扱いやすさと過激さが同居するSTDに対し、SPは過激度100%。だが、その分、得られる充実感は非常に高い。

【掲載インプレッションについて】本文は、本誌の膨大なデータベースから、様々なテスターのインプレを統合し、凝縮している。そのため掲載写真のライダーによるインプレとは必ずしも限らないので、ご留意を! また、限られたスペースを有効活用するため、車両の解説は最小限としている。マシンデータは関連記事をサブテキストとして参照されたい。
※表示価格はすべて8%税込です。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)