第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

新しいライダーサポート安全技術「RDRS」を一部モデルに搭載

ローライダーSが復活! ハーレーダビッドソン・2020年の全32モデルが一斉発売

  • 2019/8/27

ハーレーダビッドソン ジャパンは、アメリカで2019年8月21日に公開された2020年モデルを翌8月22日より予約販売を開始した。初公開となるソフテイルファミリーの新作『ローライダーS』をはじめ、2020年モデルのモーターサイクルとトライク全32モデルが揃う。

ハードエッジなウエストコースト スタイルで復活したローライダーS

ダイナファミリーとして長らくラインナップされたローライダー、その上級モデルとしてスクリーミンイーグルエンジンを搭載し、スペシャルモデルとしての存在感を放っていたのがローライダーSだった。ダイナファミリーがソフテイルファミリーに統合されてもローライダーは残っていただけに、“S”の登場に期待していたファンも少なくないのでは?

復活したローライダーSは、ソフテイルフレームにミルウォーキーエイト114エンジンを搭載。強力な加速と応答性の高いハンドリングとブレーキ性能を提供するという。アグレッシブなライディング用に調整されたプレミアムサスペンション・コンポーネント、直径1インチのファットなハンドルバーを4インチのハイストレートライザーに取り付けたライディングポジションなど、高いスポーツ性を追求している。

外観はブラックアウト仕上げとし、パワートレイン、プライマリーカバー、タンクコンソールを「リンクルブラックに。ダービーカバー、インテーク、下部ロッカーカバーは「グロスブラック」とされている。また、マフラーと排気シールドは「ジェットブラック」に、フォーク、鳥ブルクランプ、ライザーとハンドルバー、リヤフェンダーサポートは「マットブラック」に塗装され、LED零バックテールランプにはスモークレンズを装着する。5ガロン(19.35L)の燃料タンクには、象徴的なハーレーダビッドソンのグラフィックを採用。鋳造アルミニウムホイール(F=19/R=16インチ)は、鈍く光る「マットダークブロンズ」仕上げとされた。

ローライダーS(LOW RIDER S)FXLRS

【HARLEY-DAVIDSON Low Rider S FXLRS 2020】主要諸元■全長2355 全幅850 全高1160 軸距1615 シート高690(各mm) 車重308kg■空冷4ストロークV型2気筒 OHV4バルブ 1868cc 最高出力― 最大トルク― 燃料タンク容量18.9L■タイヤサイズF=110/90B19 R=180/70B16 ●価格:239万6520円~243万8640円(8%税込)

REFLEX ディフェンシブライダーシステム(RDRS)とは?

一部を除く2020年モデルのツーリングファミリーとトライクには、ハーレーダビッドソンの新たなライダーサポート安全技術であるREFLEX ディフェンシブライダーシステム(RDRS)を搭載。この電子制御システムはトラクションコントロールを含み、路面状態が悪い場合や緊急時にライダーの車両制御と安全をサポートしてくれる。

含まれる機能としては、まずコーナリングエレクトリックリンクブレーキ(C-ELB)が挙げられる。これは電子制御式の前後連動ブレーキで、軽い操作の場合は前後独立または軽めのリンクとし、より強いブレーキングでは前後が連動してブレーキ力を発揮するというもの。リーンアングルまたはトライクにおける横力の発生に応じて前後連動の比率も調整する。コーナリングABS(C-ABS)とコーナリングトラクションコントロールシステム(C-TCS)も備え、これもリーンアングルや横力に応じてコントロールされ、加速/減速時のロックや空転を防ぐ。

ドラッグトルクスリップコントロールシステム(DSCS)は、急激なシフトダウンなどによるリヤタイヤのスリップを減らすように設定。役割としてはスリッパークラッチにも似ているが、これはエンジントルクの供給をコントロールする、つまり後輪の回転速度を走行速度に一致させるように微妙にスロットルを制御するものだ。

このほか、ツーリングモデルでは坂道発進をサポートするピークホールドコントロール(VHC)も備えている。

ローライダーSはソフテイルファミリーのため、上記REFLEX ディフェンシブライダーシステム(RDRS)は搭載されない。

Touring Family(ツーリングファミリー)

【STREET GLIDE SPECIAL(ストリートグライドスペシャル)FLHXS】●価格:331万4520円~338万9480円

【ROAD GLIDE SPECIAL(ロードグライドスペシャル)FLTRXS】●価格:331万4520円~338万9480円

【ROAD GLIDE LIMITED(ロードグライドリミテッド)FLTRK】●価格:392万3640円~408万8600円

【ROAD GLIDE LIMITED(ロードグライドリミテッド・ブラックアウトトリム)FLTRK】●価格:410万760円~419万400円

【ULTRA LIMITED(ウルトラリミテッド)FLHTK】●価格:389万8800円~407万3760円

【Electra Glide Standard(エレクトラグライドスタンダード)FLHT】●価格:290万5200円

【ROAD KING(ロードキング)FLHR】●価格:293万3280円~310万8240円

【ROAD KING SPECIAL(ロードキングスペシャル)FLHRXS】●価格:320万5440円~338万400円

CVO(カスタムビークルオペレーション)

【CVO STREET GLIDE(CVO ストリートグライド)FLHXSE】●価格:461万520円

【CVO LIMITED(CVO リミテッド)FLHTKSE】●価格:540万8640円

【CVO TRI GLIDE(CVO トライグライド)FLHTCUTGSE】●価格:626万4000円

Trike(トライクファミリー)

【TRI GLIDE ULTRA(トライグライドウルトラ)FLHTCUTG】●価格:463万2120円~480万708円

【FREEWHEELER(フリーウィーラー)FLRT】●価格:375万840円~392万5800円

Street(ストリートファミリー)

【HARLEY-DAVIDSON STREET(ハーレーダビッドソンストリート750)XG750】●価格:86万7240円~92万1240円

【STREET ROD(ストリートロッド)XG750A】●価格:101万6280円~104万4360円

Softail(ソフテイルファミリー)

【HERITAGE CLASSIC 114(ヘリテイジクラシック114)FLHCS】●価格:277万4520円~285万7680円

【FAT BOY 114(ファットボーイ114)FLFBS】●価格:267万840円~275万4000円

【DELUXE(デラックス)FLDE】●価格:249万3720円~257万6880円

【SOFTAIL SLIM(ソフテイルスリム)FLSL】●価格:232万2000円~236万4120円

【SPORT GLIDE(スポーツグライド)FLSB】●価格:232万4160円~240万7320円

【BREAKOUT 114(ブレイクアウト114)FXBRS】●価格:279万2880円~287万6040円

【LOW RIDER(ローライダー)FXLR】●価格:201万3120円~205万5240円

【LOW RIDER S(ローライダーS)FXLRS】●価格:239万6520円~243万8640円

【STREET BOB(ストリートボブ)FXBB】●価格:180万2520円~188万3520円

【FAT BOB 114(ファットボブ114)FXFBS】●価格:251万8560円~260万1720円

【FXDR 114 FXDRS】●価格:262万7640円~266万9760円

Sportster(スポーツスターファミリー)

【SUPERLOW(スーパーロー)XL883L】●価格:131万7960円~137万3760円

【IRON 883(アイアン883)XL883N】●価格:134万8920円~137万7000円

【FORTY-EIGHT(フォーティーエイト)XL1200X】●価格:149万3640円~155万880円

【1200 CUSTOM(1200カスタム)XL1200C】●価格:152万2800円~154万7640円

【ROADSTER(ロードスター)XL1200CX】●価格:155万9520円~158万8680円

【IRON 1200(アイアン1200)XL1200NS】●価格:136万9440円~139万8600円

【FORTY-EIGHT SPECIAL(フォーティーエイトスペシャル)XL1200XS】●価格:152万8200円~155万7360円

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)