第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

世界王者の新たなるファンライド

原田哲也が達人&読者と行った! トライアル世界選手権{わくわく}観戦記

  • 2019/6/28

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day One)

「みんなでトライアル観に行こうよ!」という原田哲也さんのひと声で一気に読者参加型企画になったトライアル世界選手権日本GP@もてぎ。あいにくの雨もなんのその、それはそれは熱い1日になりました。

ヤングマシンメンバーズ読者参加型企画第1弾「原田哲也さんと一緒にトライアル世界選手権を観戦する会」
ヤングマシンと読者の皆さんをより密接に結びつける「ヤングマシンメンバーズ」。今回は第1弾イベント……の割に、原田哲也さん、本多元治さんと超豪華メンバーが揃った!

ロードにも通じる極意「全身でバイクを操る」

どんよりした曇り空とは対照的な、晴れやかな笑顔。ツインリンクもてぎに向かう原田哲也さんの表情は、とても明るい。「楽しみだね〜!」と何度も繰り返す。人生初のトライアル世界選手権観戦が、楽しみで仕方ないのだ。

「装具が汚れるのがイヤで」と、土モノ――オフロードライディングを敬遠していた原田さんだが、最近は林道に目覚めている。さらに、「ロリスに誘われて少しだけトライアルやったんだけど、すごく面白くてさ」と原田さん。「獣道みたいな所に誘い込まれて、さんざんだったよ!」とうれしそうだ。

ちなみにロリスとは、現役GPライダー時代の好敵手、ロリス・カピロッシのこと。「……えっ!?」と思う日本人GPファンも多いことだろう。’98年世界GP最終戦、最終ラップ、最終コーナー。原田さんはカピロッシに弾き出されて転倒し、掴みかけていた2度目の世界タイトルを逃したのだから。

現役を退いた今は、お互いモナコに住む「仲良しご近所さん」。共にトライアルで遊ぶうちに、すっかり魅力に取り憑かれた原田さんなのだった。

「現役の頃はバイクはレースの道具だった。でも今は、バイクって幅広い楽しみ方ができる趣味のツールだと思ってる。『コレ』と枠を決めずに、いろいろやってみたいんだ」

原田哲也のあたらなるファンライド

案内人(左端):本多元治さん ’91年全日本トライアル国際B級チャンピオン。国際A級スーパークラスでも上位につけた。現在は国際A級に参戦しつつトライアルの普及活動に注力している。
中央5名:ヤングマシン読者の皆さん
人生初トライアル観戦(右端):原田哲也さん ’93年、世界GP250参戦初年度にいきなりチャンピオンを獲得。現在はスクールやイベントなどで各地を駆け回り、多くの人にバイクの楽しさを伝えている。

原田さんは、トライアルにも挑戦したいと思っている。世界選手権の観戦は、言わば「視察」だ。「せっかくだから、ゴルフ仲間でもある本多元治さんにいろいろ教えてもらいながら、読者の皆さんと観て回れたらいいね」。あくまでも仲間と一緒に楽しみたいのだ。トライアル世界選手権日本GPは、6月8〜9日の2日間で行われた。原田さんと5名のヤングマシン読者がもてぎを訪れたのは、初日の8日。午前中は曇り、昼頃から雨、そして夕方にかけて晴れるという、トライアルにとっては難しいコンディションとなった。

だが、世界の妙技は素晴らしかった。’07年以降、世界タイトルを欲しいままにしており、今季V13を狙うトニー・ボウ選手や、日本期待の藤波貴久選手ら、トップトライアルライダーのテクニックは、圧巻のひとことだ。

 

藤波貴久選手 ’04年トライアル世界チャンピオン。日本人としては唯一、2輪モータースポーツ最高峰クラスでの王座を獲得した男。39歳の今も変わることのないアグレッシブな走りで、現役最年長ながらレプソルホンダのライダーとして上位を走り続けている。

岩や丸太などの障害物をやすやすと乗り越え、雨に濡れて滑りやすい斜面を駆け上る。フロントタイヤを持ち上げるウイリー、リヤタイヤを高々と掲げるジャックナイフに、空中で豪快に向きを変えるエアターン。藤波選手が空中で立木にあえて後輪をヒットさせて向きを変えると、そのクリエイティブさには思わず歓声が上がる。

しかも、「足を着いてはいけない」「完全に止まってはいけない」などといったルールは厳格だ。「うーん、止まった……かなぁ?」という微妙なタイミングでも、各選手の走りをチェックするオブザーバーのホイッスルが鳴る。時間制限が課せられていることもあり、展開は想像以上にスピーディだ。

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day One)

歩いて登るのさえひと苦労しそうな岩場を、バイクを巧みに操って駆け抜けていく藤波選手。観客たちはセクション(競技区間)ごとに選手たちを追ってゾロゾロと……。

原田さんも読者の皆さんも、「スゴい……」を連発するばかりだった。「これは……あまりにもスゴすぎる」と笑う原田さん。「とてもじゃないけどマネできないよ」と舌を巻く。

「ロードレースの方が華やかな印象があるけど、バイクの扱いの巧さという点ではトライアル選手が最高峰だと思うんだ」と原田さんが言った。「うん、そうかもしれないですね」と本多さんも同意した。

トライアルとは!?

数々の障害が設定されたコースを、バイクに乗ったまま走り抜ける競技。体力、テクニック、精神力とすべてが高次元で求められる。ここではザックリとトライアルをご紹介!

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day One)

足を着かない トライアルの基本は、セクション(採点区間)をできるだけ少ない減点で走り抜けること。1回足を着くと1点、3回以上は3点減点となる。落車は5点でセクション失格。

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day Two)

止まらない/バックしない バイクを静止させるとその時点で最大減点の5点。止まっているようで実は細かく動いている。バックも同様だ。普通の人はバックしないが(笑)。

X-Trial 2019: Round Four - Granada, Spain

インドアのX-TRIALもヨーロッパで大人気 アウトドアとは別の選手権として、インドアで行われるX-TRAILも華やかにショーアップされて盛り上がっている。

Honda Announces Plans for 2019 Motorcycle Motorsports Activities

モトGPライダーもトライアルに大注目 マルク・マルケス選手も(前列右端)も大喝采! トレーニングにトライアルを採用するモトGPライダーも多い。

スピードでごまかせないから、自分で何とかするしかない!

「スピードが出ているから、ロードレースの方が難しいと思う人が多いかもしれない。『トライアルはスピードが遅いから地味だな』なんてね。いやいや、スピードが出ていないトライアルの方がごまかしが効かないから、よっぽど難しいよ」

難解なセクションを豪快にクリアしていく世界のトップトライアルライダーたち。原田さんが「おっ、すごい!」と注目したのは、その中でも非常に地味と言わざるを得ない、こんなシーンだった。

雨で濡れた土の斜面を、斜めに、しかもフロントタイヤを滑らせることなく、降りてくるトライアルライダー。その姿に原田さんは釘付けになったのだ。

「あれは相当スゴイね……」

普通ならズリズリとフロントを滑らせてしまうはずなのに、しっかりとグリップしている。トライアルマシンやトライアルタイヤの高性能もあるが、原田さんは「あれこそライダーの技量だよ」と目を見張る。

「滑る所で滑らない。それはライダーが自分の意志でバイクを制御できてるってことだからね。速度によるGの助けがないから、全身を使ってグリップを生み、トラクションをかけてるんだ。
 トライアルの選手はロードバイクに乗ってもすごく上手。藤波選手はモトGPマシンRC213Vに試乗した時、いいペースでまわりを驚かせてたよ。バイク任せじゃなくて自分でコントロールすることが身に付いてるトップトライアルライダーならではだよね。
 実はロードも同じ。僕も現役時代は相当にハンドルを押し引きしていて、1レースでグローブがダメになるほどだった。トライアルはハンドルだけじゃなく、バイクのすべての動きを自分で制御してる。本当にスゴイよ……」

ロードレース世界チャンピオンならではの視点でトライアルライダーの“スゴさ”に注目する原田さん(右端)。

原田さんの素直な驚きが、読者の皆さんにストレートに伝わる。派手なアクションに目が行きがちだが、それらはすべて、ライダーの意志による高度なコントロールの賜物。そしてそれは間違いなくロードにも活きる。

本多さんに「トライアルをやっている、と言えるまでになるにはどれぐらいかかりますか?」と尋ねると、「5年、いや、10年……」と笑った。「バイクに乗る」ということを突き詰める奥深さが、その言葉に表れる。

「長く楽しめそうだね!」。これから始まるトライアル遊びにいっそう期待ふくらむ原田さんなのだった。

トライアルで学べること

・トラクションや荷重の作り方
・サスペンションの使い方
・ド根性

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day Two)

コーナーの立ち上がりでスロットルを開ければ、自然にトラクションがかかる……。実際そうなのだが、トライアル選手たちは体をバネにしてより強いトラクションを発生させている。サスをフルに使い大きな荷重を得て、さらに1発気合いのド根性もキメて障害をクリアしているのだ(写真は藤波選手)。

トライアルで勝つために必要なこと

・フィジカル
・メンタル
・インテリジェンス

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day Two)

トニー・ボウ選手の豪快かつ繊細なワザは、強い体幹があってこそ。時間に追われながらライバルの動向も気になるトライアルでは、メンタルの強さも必要だ。そしてかなり重要なのが、アタマ。路面状況を読みながら的確な走行ラインを選ぶという高い知性が求められる。心技体+頭!

Trial 2018: Round Seven - Silsden, UK

トニー・ボウ選手は世界選12連覇中!

豪華な顔合わせが次々に実現!!

これぞミラクル! 世界王者3人勢揃い![左:’04年トライアル世界チャンピオン 藤波貴久][’93年世界GP250チャンピオン 原田哲也][’07~’18年トライアル世界チャンピオン トニー・ボウ]

Trial 2019: Round Two - Motegi, Japan (Day Two)

日本GP、2日目にはボウ選手が減点0のオールクリーン達成! 全15セクションで減点の少なさを競うトライアル。レプソルホンダのボウ選手は日本GP大会2日目に減点0のオールクリーン! まさに神業!!

表彰台裏で読者の皆さんもご対面! 大会両日とも表彰台に立ったレプソルホンダのふたり。なんと表彰式直前に読者の皆さんとふれあいタイムが! 気さくな王者たちに感激!!

ヤンマシ読者が体験したスペシャルすぎる一日

日本GP記者会見(風味)& MotoGPサーキットラン 去年のモトGP・日本GP 記者会見で実際に使用したパネルの前でパチリ。ロードコースも走ったが、本物の世界王者と一緒って、レアの極み!

レプソルホンダのピットも表敬訪問 ロードレースに比べて、観客と競技者が近いのがトライアルの特徴。とは言え、レプソルホンダはさすがのトップチーム。ピットにもマシンにも緊張感が漂う……。

スペシャルな一日を終えて

原田哲也さん、本多元治さんとセクションを回る貴重な体験をした読者の皆さん。原田さんと談笑しながらランチを楽しむなど、満足の1日となった。ヤングマシンメンバーズではまたこんな企画を催しますので、ご期待を!

参加した読者の皆さん……上段左から:小倉崇さん(KTM 1290スーパーアドベンチャー)/難波 満さん(ドゥカティ モンスター1100)/柳澤信之さん(スズキ SX650X)……下段左から:中島弘美さん(ヤマハ トリシティ155)/中島康共さん(ホンダ NC750S)

●文:高橋剛 ●写真:折原弘之、ホンダ ●取材協力:本田技研工業、ツインリンクもてぎ

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

高橋 剛

高橋 剛

記事一覧を見る

カート上がりのバイク野郎。心震わす原稿が得意で、あのスポーツ名門誌・Sports Graphic Numberにも寄稿したりしなかったり。セッティングさえ出れば怖いものなしの隠れ文豪。