大瀬崎、上から見るか中から見るか問題

【その3は沼津市 大瀬崎】ホントに絶景か確かめてきた![伊豆編]#モトツー

  • 2019/6/4

昨今、SNSの普及により、多くの絶景写真が話題となっている。写真は真実。しかしそのスポットは、本当に感激の場所だろうか? 是非を問うべく、歴戦のモトツーリング誌ベテランスタッフ達が実際に探索。絶景の真実にメスを入れる、その第3弾は静岡県沼津市の大瀬崎だ。伊豆編は案内人『マロ兄』がお送りする。

TEXT & PHOTO:Atsumaro TANAKA

伊豆七不思議の案内標識に従って……静岡県沼津市 大瀬崎(おせざき)

大瀬崎と駿河湾、そして富士山!

これぞニッポン!

そっち、池です!

インスタ映えというよりツイッターネタか……。

午前中に大瀬崎を訪れ、バッドルートを避ければイケる?!

大瀬崎、上から見るか?中から見るか? ズバリ言うとどちらもイイ! インスタ映えするのは県道17号を上り大瀬山の階段を85段ほど上った地点からの絶景! 大瀬崎と駿河湾、裾野も美しい富士山の雄大な姿。これぞニッポンという風景が広がる。頂上まで約300段の階段を上ると木々のすき間からまた絶景が! 一粒で二度美味しいスポットだ(汗だくだけど)。一方、大瀬崎の案内標識通りに県道17号から分岐、ビーチに向かって下りていき、海岸の小道を歩きながら神池に到達、コイにパクパクされながら大瀬崎の先端へと歩いていくのも楽しめた。天然記念物ビャクシンの森を抜け海越しにそびえる富士山、降り注ぐ光と沼津の山が南国の風待ち港を思わせる海辺の景色、イイネ!

ひと味差のつく写真のコツ

富士山を入れるなら早朝!

夏でも冬でも富士山を写したいなら早朝現地着で。遅くとも朝9時までにはスタンバイしておこう。雲の動きも早いので目を離さない事。夕方もワンチャンあり。

階段は下から85段目

階段は全部で300段ほどあるが、インスタ映えするのは下から85段目あたり。かなり急な階段なので三脚を立てる場合は転倒に注意。飲み物も持って行こう。

浮世絵風に駿河湾を丸く

14~20mmくらいの超広角レンズを使えば駿河湾を丸く映せるぞ。少々富士山が小さくなるものの丸い海に浮かぶ富士は浮世絵のように見栄えが良いのだ。

検証:大瀬崎、上から見るか? 中から見るか? 2つの見方で楽しめる、大瀬崎の魅力とは?

以下、二元中継でお届け。こちらを今回はバッドルートとしたい

県道17号を海に下り歩いて大瀬崎へ! まずは大瀬神社がお出迎え!

イイところじゃないか♥

海プラザで頂いた大瀬丼(1,080円)、名物マグロの漬け丼だよ。ウマ~ 。

歩くこと15分。突如現れるエサの自販機? もう食たべられないよ~ 。

ふはは、かかったなー! ここは神池じゃ!

ヤダ、コイじゃないの!

ほどなく「神池」に到着! インスタというよりツイッター向きの景勝地。

富士山はキレイだけどネ。

こちらはグッドルート!

県道17号を海に下りずに戸田方面へ山の斜面を上ると左に階段が……!

なんだこれ?

社長さん、嫌な予感がするのねん(涙)

やせるだろ!(怒)

85段目で振り返ってみよう! 飲み物は必須だよ!

頂上を目指すと……

頂上には全国の詩吟関係者が建立した「吟道之碑」が。武人像が立派過ぎ!

頂上からも絶景が!

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。