激戦区のフルカウルはヤマハが一歩抜きんでる?

令和に買いたい!【250ccフルカウルスポーツ】2019ニューモデル大集合 #24

  • 2019/5/25

様々なジャンルのニーゴースポーツが集結。いずれも身近で、操る楽しみに満ちている。最も人気があり、アツいのはフルカウルスーパースポーツだ。カワサキ、ヤマハ、ホンダが三つ巴の戦いを展開。モデルチェンジで覇を競い合っており、加速度的に盛り上がりを見せている。昨年のニンジャに続き、今年はYZF-R25が目玉。初の大幅刷新で攻勢をかける!

人気者がひしめき合う今年の注目はやはりスーパースポーツ

排ガス規制の影響でほぼ絶滅した250スポーツだが、’08年に発売したニンジャ250(当時名称はニンジャ250R)がヒットし、ニーゴーブームが巻き起こった。これを打倒すべく、’15年モデルでYZF-R25がデビュー。パワーと軽さで上回り、一躍クラスの盟主になった。さらに’17でレーシーなCBR250RRが登場し、性能面で圧倒。’18年モデルで立役者のニンジャが完全新設計でリニューアル、’19年に今度はR25がビッグチェンジと話題に事欠かない。

’19最新潮流
・スーパースポーツ系の覇権争いが激化
・フレンドリー路線は変わらず
・スモールアドベンチャーが充実

ニンジャとR25は、日常でのスポーツ性を重視したキャラで、エントリーライダーにも懐にもやさしい。過激スペックのRRが登場して以来、かつての2ストレプリカのようにレース指向&高額化に舵を切るかと思われたが、新型でも現在の路線をキープしている。セールス面では昨年、RRとR25が拮抗してトップ争いを展開したが、今年はR25が一歩抜きんでるか?

ヤマハ YZF-R25:攻めの倒立とライポジ、フォルムで「R」を最大化

「毎日乗れる、スーパーバイク」を掲げ、’15で国内デビューしたR25。’19年モデルでは「Ride the“R”Anytime」をテーマに初の大変更を実施した。白眉は倒立フォーク。国産250スーパースポーツで唯一CBR250RRが装備していたが、ついにR25も獲得した。合わせてライポジは若干前傾し、より攻めの走りが可能に。外装は一新され、待望のLEDヘッドライトを投入したほか、旗艦YZF-R1やモトGPマシンのイメージを色濃く投影している。また、空気抵抗の減少で最高速が8km/hアップ。評価の高い従来型の基本構成を引き継ぎつつ、新フィーチャーで戦闘力を磨いた。

【YAMAHA YZF-R25 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 249cc 35ps/12000rpm 2.3㎏-m/10000rpm 167[170]kg 14L シート高780mm ※[ ]内はABS ●価格:59万9400円[ABS=64万2600円]

M1と同形状のセンターダクトは奥に貫通し、ラジエターに走行風を導く。レースではラムエアダクトとして活用できる。カウルの横と下部にウイングも装備。

新採用の角型フル液晶メーターとトップブリッジでモトGPマシンYZR-M1風のコクピットに。ハンドルはブリッジ下に移設し22mmダウン。適度な前傾でフロント荷重も容易に。

従来のφ41mm正立に対し、KYB製φ37mm倒立に変更。片側にのみダンパーとバネを備えるセパレート式だ。キャリパーは不変。

インナータンクとタンクカバーも新作。20mm低く、ヒザ付近で31.4mmワイドになった。前方は腕を収めやすい形状だ。サイドのスリットもM1やR1風。

ホンダ CBR250RR:本気で造り込んだ速さとクオリティ

旗艦SSのCBR1000RRと同じ「トータルコントロール」をテーマに、完全新設計で’17年に国内デビュー。ショートストローク設定のパラレルツインは、クラス最強の38psをマークするほか、250初の電制スロットルでリニアな特性や3種類のモード変更による変幻自在の走りを体現している。車体は、高剛性トラスフレーム+φ37mm倒立フォークで堅め、サーキットでも別格の速さを見せる。加えてLED2眼ヘッドライトをはじめ、エッジィなフォルムも圧巻。価格帯はライバルより上だが、その実力は本物だ。’19年モデルではCBR1000RR SPと同じHRCカラーのトリコロールが登場し、ABSとノンABSに設定。

【HONDA CBR250RR 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 249cc 38ps/12500rpm 2.3kg-m/11000rpm 165[167]kg 14L シート高780mm ※[ ]内はABS ●価格:83万9160円/[ABSなし=78万8400円]

[CBR250RR・STDカラー]●価格:80万6760円

[CBR250RR・STDカラー]●価格:80万6760円

[CBR250RR・STDカラー]●価格:80万6760円

大型車並みに広大なワンパネル液晶メーター。クラス唯一の電スロ+パワーモードが光る。

カワサキ ツイン最軽量、懐の広い万能スポーツ

スポーティなルックスと扱いやすさで250ブームの火付け役になった1台。現行型は’18年に登場した3代目となる。歴代初のフルチェンジを受け、並列ツインは大型スーパースポーツと同様、高効率のダウンドラフト吸気や大径ボディを採用し、37psをマーク。さらに、最新の解析技術を用いて軽量化を進めたトレリスフレームにより、車重はABS付きの国産250スーパースポーツで最も軽い。ハードルの低さはそのまま、より限界を高めた性格だ。’19では色変更を実施。従来の青と黒×赤に代わり、銀×黒、黒を設定した。

【KAWASAKI NINJA 250 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 248cc 37ps/12500rpm 2.3kg-m/10000rpm 166kg 14L シート高795mm ●価格:64万440円(銀×黒)

メーターはアナログタコと反転液晶をスタイリッシュに組み合わせ、高級感抜群。Fフォークはイージーな乗り味を踏襲すべく、敢えて正立を選択するが、大径φ41mmで剛性は十分。

[NINJA 250]●価格:62万9640円(黒)

スズキ GSX250R:実用域のスポーツ性能が秀逸

GSR250をベースに、専用の吸気バルブとローラーロッカーアームでエンジンをリファイン。24psと最高出力は控えめながら、ロングストローク設定やSOHC2バルブの素性を活かし、多用する8000rpm以下の走りを磨いた。この領域のスポーティさはライバルと互角以上だ。外観はGSX-R風のフルカウルで実にシャープ。手頃な価格もうれしい。’19年モデルでモトGPマシンに忠実なカラーを設定した。

【SUZUKI GSX250R 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 248cc 24ps 2.2kg-m 178kg 15L シート高790mm ●価格:52万7040円~

兄貴分のR1000を思わせる角型フルパネル+反転液晶。ギヤ表示とREVインジケーターがレーシーだ。燃料計や平均燃費、時計も表示。

KTM RC250:軽快コーナリングマシン

RC390 の心臓をボアダウンして搭載。WP製φ43mm倒立フロントフォークをはじめ、スリッパークラッチ、クラス唯一のラジアルマウントキャリパーと装備も豪華だ。鋼管トレリスフレームの車体は圧倒的な安定感と軽さを誇り、コーナーが楽しい。ハンドルは適度な前傾で、ツーリングからサーキットランまで満喫できる。

【KTM RC250 2019】主要諸元■水冷4スト単気筒 248.8cc 31.2ps 2.49kg-m 147kg(半乾) 10L シート高820mm ●価格:59万9000円

オレンジのバックライトが光る多機能メーター。バーグラフ式のタコやギヤポジションを表示し、ABSのキャンセル機能もあり。

ヤマハ YZF-R25の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R25

ヤマハ YZF-R25

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 324 価格種別 中古車 97

本体

61.09万円

価格帯 43.42~64.26万円

本体価格

本体

44.08万円

価格帯 37.8~51.47万円

諸費用

―万円

価格帯 3.3~5.72万円

諸費用

諸費用

3.82万円

価格帯 1.62~1.79万円

乗り出し価格

58.04万円

価格帯 49.14~67.56万円

乗り出し価格

乗り出し価格

47.9万円

価格帯 39.42~53.27万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CBR250RR(2017-)の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CBR250RR(2017-)

ホンダ CBR250RR(2017-)

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 587 価格種別 中古車 16

本体

79.08万円

価格帯 60.55~86.3万円

本体価格

本体

60.68万円

価格帯 42.9~74.41万円

諸費用

―万円

価格帯 4.43~5.24万円

諸費用

諸費用

2.51万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

72.45万円

価格帯 65.8~90.73万円

乗り出し価格

乗り出し価格

63.19万円

価格帯 60.9~66.29万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ ニンジャ250の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ニンジャ250

カワサキ ニンジャ250

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 24 価格種別 中古車 93

本体

59.17万円

価格帯 47.9~64.26万円

本体価格

本体

44.97万円

価格帯 32.9~59.9万円

諸費用

3.56万円

価格帯 3.15~9万円

諸費用

諸費用

2.7万円

価格帯 2.38~6.9万円

乗り出し価格

62.73万円

価格帯 56.9~67.41万円

乗り出し価格

乗り出し価格

47.68万円

価格帯 39.8~62.28万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

スズキ GSX250Rの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ GSX250R

スズキ GSX250R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 237 価格種別 中古車 19

本体

49.82万円

価格帯 34.02~53.89万円

本体価格

本体

39.54万円

価格帯 34.99~44.9万円

諸費用

―万円

価格帯 3.78~4.3万円

諸費用

諸費用

2.47万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

46.44万円

価格帯 37.8~58.19万円

乗り出し価格

乗り出し価格

42.02万円

価格帯 40.21~43.56万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

KTM RC250の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

KTM RC250

KTM RC250

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 2 価格種別 中古車 2

本体

54.73万円

価格帯 49.57~59.9万円

本体価格

本体

28.85万円

価格帯 24.8~32.9万円

諸費用

12.51万円

価格帯 7.34~17.67万円

諸費用

諸費用

5.75万円

価格帯 4.16~7.34万円

乗り出し価格

67.24万円

価格帯 67.24万円

乗り出し価格

乗り出し価格

34.6万円

価格帯 28.96~40.24万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)