先鋭的なスタイリングがさらにシャープに

2019 CBR250RRに新色トリコロールカラーが追加

  • 2018/11/8

2018年10月19〜21日に開催された日本GP(ツインリンクもてぎ)会場にて、ホンダブースにCBR250RRのHRCワークスカラーが展示されたことを当サイトでは既にお伝えしているが、そのカラーリングと同じ配色を含む2019年型CBR250RRの新たなカラーバリエーションが正式に発表された。

スーパースポーツモデルにふさわしい高い動力性能と操縦性

ホンダのラインナップにおいて軽二輪スーパースポーツモデルとして位置づけられる「CBR250RR」は、低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹け上がる出力特性を備えたエンジンに、電子制御の「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を組み合わせ、〈Sport〉〈Sport +〉〈Comfort〉3種類のライディングモードを楽しむことが可能。また、強くしなやかな鋼管トラス構造フレーム、倒立式フロントサス、スイングアーム式リヤサス(プロリンク)が、その動力性能と操縦性をより高い次元でサポートする。

トリコロールカラーをはじめ全4色のカラバリ展開

2019年型CBR250RRに新たに加わるカラーリングは、色鮮やかな「グランプリレッド」と、グランプリレッドに躍動感のあるブルーストライプを配し、レーシングイメージをより高めた「グランプリレッド(ストライプ)」。さらに現行色のマットガンパウダーブラックメタリックのストライプデザインとパールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーがグレーからブラックに変更。全4色の新カラーバリエーションとなって、うち3色が2018年11月22日より発売される(グランプリレッド・ストライプのみ12月14日発売)。

2019 CBR250RR グランプリレッド

【HONDA CBR250RR〈ABS〉2019年型国内仕様 グランプリレッド 税抜本体価格74万7000円】

2019 CBR250RR マットガンパウダーブラックメタリック

【HONDA CBR250RR〈ABS〉 2019年型国内仕様 マットガンパウダーブラックメタリック 税抜本体価格74万7000円】

2019 CBR250RR パールグレアホワイト

【HONDA CBR250RR〈ABS〉 2019年型国内仕様 パールグレアホワイト 税抜本体価格74万7000円】

2019 CBR250RR グランプリレッド(ストライプ)

【HONDA CBR250RR 2019年型国内仕様 グランプリレッド(ストライプ) 税抜本体価格(ABSなし)73万0000円、(ABS仕様)77万7000円】

〈主要諸元〉 ■全長2065 全幅725 全高1095 軸距1390 シート高790(各mm) 車重165kg(ABS仕様167kg) ■水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒 249cc 38ps/12500rpm 2.3kg-m/11000rpm 燃料タンク容量14L ■ブレーキF/R=ディスク ■タイヤF=110/70R17 R=140/70R17

※ニュース提供:本田技研工業

「2019新型CBR250RRに新色、HRCワークスカラーが新登場」記事はこちらへ。
「ミラノショーでのホンダの注目、CBR400RがCBR250RR顔に刷新?!」記事はこちらへ。

カサ

カサ ヤングマシン編集部員・いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ