世界耐久王者 F.C.C. TSR Honda Franceは3位表彰台

【二輪/四輪】ホンダが欧州レースでダブル表彰台!【スロバキアリンク】

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

5月12日にスロバキアリンクで行われた、ユーロスポーツによる初めてのダブルヘッダーレースにおいて、ホンダがバイクのFIM世界耐久選手権(EWC)とクルマのFIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)でともに表彰台を獲得した。

ホンダ シビック Type RとCBR1000RRファイアーブレード

2019年5月12日にダブルヘッダーで決勝が行われた、スロバキアリンクにおけるバイクのFIM世界耐久選手権(EWC)とクルマのFIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)において、同時に両カテゴリーに参戦したメーカーはホンダだけ。そして、どちらのカテゴリーにおいてもホンダは表彰台を獲得したのだった。

ホンダは、4輪ではシビックType R、そして2輪ではCBR1000RRファイアーブレードで参戦。バイクレースのほうは、世界耐久選手権の第3戦にあたるスロバキアリンク8時間耐久で、昨年の同選手権において日本国籍のチームとして初めてチャンピオンを獲得したF.C.C TSR Honda France(#1)およびHonda Endurance Racing(#111)が出走。#111車は序盤にトップを走るもののクラッシュを喫し8位でゴール。#1は着実な走りで3位表彰台を獲得し、クラッシュの影響で35位に沈んだルマン24時間の雪辱を果たした。これによりランキングは5位となり、第4戦オッシャースレーベン8時間耐久、そして最終戦の鈴鹿8時間耐久レースに連覇の望みをつないでいる。

同じ日曜日に行われたWTCRでは、Civic Type R TCRを走らせたNestor Girolamiがレース2を制し、ドライバーランキング、そしてチームランキングともにトップを守っている。

WTCRの次戦はオランダラウンドが5月19日決勝、そしてEWCはドイツのオッシャースレーベンで6月9日に決勝が行われる。

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia
Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia
Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

関連する記事/リンク

関連記事

鈴鹿サーキットで3月2日~3日に開催のモースポフェス2019、その初日のオープニングセレモニーに現れたホンダCBR1000RRとトヨタ・ヤリスWRC。そのマシンを駆っていたのは、なんとホンダとトヨ[…]

関連記事

3月2日、3日に開催された「モースポフェス2019 SUZUKA モータースポーツファン感謝デー」でホンダの八郷社長とトヨタの豊田社長が競演したのは既報通り。そして実は、デモランで使用された車両は[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報