世界耐久王者 F.C.C. TSR Honda Franceは3位表彰台

【二輪/四輪】ホンダが欧州レースでダブル表彰台!【スロバキアリンク】

  • 2019/5/18

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

5月12日にスロバキアリンクで行われた、ユーロスポーツによる初めてのダブルヘッダーレースにおいて、ホンダがバイクのFIM世界耐久選手権(EWC)とクルマのFIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)でともに表彰台を獲得した。

ホンダ シビック Type RとCBR1000RRファイアーブレード

2019年5月12日にダブルヘッダーで決勝が行われた、スロバキアリンクにおけるバイクのFIM世界耐久選手権(EWC)とクルマのFIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)において、同時に両カテゴリーに参戦したメーカーはホンダだけ。そして、どちらのカテゴリーにおいてもホンダは表彰台を獲得したのだった。

ホンダは、4輪ではシビックType R、そして2輪ではCBR1000RRファイアーブレードで参戦。バイクレースのほうは、世界耐久選手権の第3戦にあたるスロバキアリンク8時間耐久で、昨年の同選手権において日本国籍のチームとして初めてチャンピオンを獲得したF.C.C TSR Honda France(#1)およびHonda Endurance Racing(#111)が出走。#111車は序盤にトップを走るもののクラッシュを喫し8位でゴール。#1は着実な走りで3位表彰台を獲得し、クラッシュの影響で35位に沈んだルマン24時間の雪辱を果たした。これによりランキングは5位となり、第4戦オッシャースレーベン8時間耐久、そして最終戦の鈴鹿8時間耐久レースに連覇の望みをつないでいる。

同じ日曜日に行われたWTCRでは、Civic Type R TCRを走らせたNestor Girolamiがレース2を制し、ドライバーランキング、そしてチームランキングともにトップを守っている。

WTCRの次戦はオランダラウンドが5月19日決勝、そしてEWCはドイツのオッシャースレーベンで6月9日に決勝が行われる。

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

Honda teams take podiums in EWC and WTCR double-header in Slovakia

関連する記事/リンク

[blogcard url=”https://young-machine.com/2019/03/03/27169/”]
[blogcard url=”https://young-machine.com/2019/03/05/27409/”]

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)