~モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~

ホンダとトヨタの社長がレーシングスーツ姿で競演!

  • 2019/3/3

鈴鹿サーキットで3月2日~3日に開催のモースポフェス2019、その初日のオープニングセレモニーに現れたホンダCBR1000RRとトヨタ・ヤリスWRC。そのマシンを駆っていたのは、なんとホンダとトヨタの社長だちたっだ。

世界耐久のチャンピオンを獲得したマシン:CBR1000RR

本田技研工業の八郷社長が駆ったのは、2017-2018FIM世界耐久選手権シリーズで総合チャンピオンを獲得したF.C.C. TSR Honda FranceのCBR1000RRだ。同チームは2018年4月21~22日に決勝レースが開催された同選手権の第2戦となるル・マン24時間耐久レースで優勝を遂げ、最終戦となった鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月29日決勝)で年間総合チャンピオンを獲得。日本国籍のチームとして初めての同シリーズ世界チャンピオンとなった。

さらに、その感動の余韻も収まらぬ2018年9月13~14日、2018-2019FIM世界耐久選手権の開幕戦となるボルドール24時間耐久ロードレースでも、前年の雪辱を果たす形で優勝し、2年連続世界チャンピオンへの弾みをつけている。

こちらはレーシングライダーによるデモラン。ル・マン24時間の優勝マシンであるTSR CBR1000RRを駆るのは、同チームの世界チャンピオン獲得の立役者となったひとり、ジョシュ・フック選手。後ろに続くのは、4輪のル・マン24時間を制覇したトヨタのTS050 HYBRID(ドライバーは中嶋一貴選手)だ。

WRCのマニュファクチャラーズタイトルを獲得:ヤリスWRC

トヨタ自動車の豊田章男社長が走らせたのは、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得したヤリスWRC。同選手権には2017年にトヨタとして18年ぶりの復帰参戦を果たし、2年目の挑戦でメーカータイトルを獲得した。2019年のTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは新たなドライバーも迎え、マニュファクチャラーズタイトルの防衛だけでなくドライバー、コ・ドライバー選手権すべての完全制覇を目指す。

トヨタのヤリスWRC。こちらはトミ・マキネンによるスペシャルデモンストレーションの一場面だ。

会社を率いる社長たちが自らの手でレーシングマシンを操り、スタンド前に現れた姿に観衆も沸く。こうした姿勢による発信力も、トップメーカー/トップチームを支えるチカラになっているのだろう。今年のレースシーンからも目が離せない。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)