スポーツ性に特化しながら守備範囲を大きく拡大!

ブリヂストンの新型スポーツタイヤ・バトラックス ハイパースポーツ S22 試乗インプレッション

先が読めないうえに、刻一刻と状況が変化する一般公道。そんな状況で真価を発揮するのが、ブリヂストンの新作スポーツタイヤとなるバトラックス ハイパースポーツ(BATTLAX HYPER SPORT)S22だ。

メリハリの利き方が快感につながる

軽快感とウェット性能を高めたようだけれど、基本はキープコンセプトだろう。試乗前にS22 の広報資料を読んだ僕は、そんな印象を抱いた。何と言っても先代のS21は、市場での評価が高く、個人的にも好感触だったからなあ。だがしかし、コンパウンドの全面的な見直しを行い、ショルダー部の溝面積を増やすと同時に、センター部の溝形状を改めたS22は、先代とは別物だったのだ。

同一機種によるS21/22の比較を主体とした今回の試乗で、僕が最初に感心したのは、冷間時とウェット路面における安心感の違いだった。べつにS21に不安を感じたわけではないけれど、万全とは言えない状況で、直立から旋回に移行するときの接地感は、S22のほうが1ランク上。中でも前輪の接地感が瑞々しいから、乗り手は早い段階から臆することなく、車体を倒し込むことができる。

ただし本当に驚いたのはその後、タイヤが温まってからの運動性だった。いい意味でファジーな特性のS21と比較すると、S22はメリハリが実にハッキリしていて、コーナー進入時には制動力をフルに引き出したくなるほどの安定感、旋回時には自由自在にラインを選択できるヒラヒラ感、コーナー脱出時には後輪が駆動力としての存在感を主張する、濃厚なトラクションが味わえるのだ。誤解を恐れずに言うなら、万人が対象だったS21に対して、ワインディングでスポーツライディングを満喫したい人向け、というのがS22に対する僕の印象で、守備範囲を拡大しつつも、新型S22はスポーツ性にきっちり磨きをかけて来たのである。

【左:バトラックスハイパースポーツ S21】2016年に登場したS21は、ブリヂストン独自の解析技術であるULTIMAT EYE(アルティメットアイ)を初めて採用したスポーツタイヤ。多くのライダーから支持を集めたこの製品は、日本の4メーカーが純正採用したことでも知られる。【右:バトラックス ハイパースポーツS22】2019年2月に発売されたスポーツタイヤで、S21の後継機種にあたる。主な対応機種はミドル以上のオンロード車だ。

S21の適度なファジーさに好感を持っていた人は、メリハリがハッキリしたS22にちょっと戸惑うかもしれない。とはいえ、乗り手が積極的な歩み寄りを見せれば、S22はどんなライダーにも、スポーツライディングの楽しさを教えてくれるはずだ。

先代よりも明確になった操る楽しさ

スポーツライディングが大好きで、年に何度かサーキット走行会に参加するけれど、メインはワインディングを中心としたストリート。S22はそんなライダーにオススメしたいタイヤで、先代のS21を上回る“操る手応え”が実感できる。

S22に投入されたテクノロジーを解説

【トレッド面のエッジにも製品名を表記】一般的なサイドウォールに加えて、S22はトレッド面にも製品名を表記。トレッドには先代のS21と同じく、日本刀をモチーフとする細くて浅い溝、デコレーショングルーブが刻まれる。もちろんそれらの部分を何度か使えば消えていく。

【軽快性を高めつつウエット性能も向上】先代のS21 に対して、S22はショルダー部の溝面積を拡大。見方によっては、スポーツタイヤらしからぬ変更だが、溝面積の拡大は軽快感とウェット性能の向上に大いに貢献。

【ドライもウエットも、全面的にS21を凌駕!】スポーツタイヤ界の最高峰を目指したS22は、先代を完全に凌駕。気になるライフは、市場で7000〜9000kmと言われるS21と同等だという。

【ショルダーの溝を増やし、センターは減らす】ショルダー部とは逆に、センター付近の溝面積はS21より縮小されている。コーナーの進入時の絶大な安定感と、脱出時に後輪から伝わる濃厚なトラクションはこの変更の恩恵のようだ。

【「微粒径シリカ」でウエットに強い!】コンパウンドはフロント3分割、リヤが5分割で、リヤセンターに新開発の微粒径シリカを導入。

シリカはウェット性能向上に直結する素材で、それを小型化したS22のリヤは、シリカと路面の接地面積がS21比で25%向上。

サイズラインナップ&希望小売価格

(フロント)
120/70ZR17(58W):2万2734円

(リヤ)
160/60ZR17(69W):3万510円
180/55ZR17(73W):3万3588円
190/50ZR17(73W):3万4236円
190/55ZR17(75W):3万5100円
200/55ZR17(78W):3万7206円

●文:中村友彦 ●写真:ブリヂストン/ヤングマシン編集部

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)