初代風スタイリングに最新装備を満載

ホンダ スーパーカブC125試乗インプレッション【走行性能もプレミアムな次世代型カブ】

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

初代スーパーカブC100をモチーフとしたスタイリングに最新装備を盛り込んだパーソナルコミューター・スーパーカブC125[2018]は、スーパーカブ110をベースに各部の剛性を高めることで、125ccの動力性能に対応。試乗インプレッションを行ったところ、想像以上に上質な走りを楽しむことができた。

ホンダ スーパーカブ C125

スーパーカブC125

【HONDA Super Cub C125 [2018]】 主要諸元:全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 シート高780(各mm) 車重110kg(装備) 空冷4スト単気筒SOHC2バルブ124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm 変速機4段リターン タンク容量3.7L ブレーキF=ディスク R=ドラム タイヤF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:39万9600円 ●色:青

スーパーカブC125

レッグシールドから車体後端へと流れるS字ラインを再現するため、リヤフェンダーには樹脂よりも薄いスチール材のプレス成形品を採用。タイヤはスーパーカブ110と共通サイズの専用品を履く。

スーパーカブC125

シート高780mmはクロスカブ110よりも4mm低い。足着き性はご覧の通り良好で、背筋がスッと伸びるライディングポジションだ(身長175㎝ 体重62kg)。

ファーストモデルをオマージュ

HONDA SUPER CUB C100 [1958]

【HONDA SUPER CUB C100 [1958]】「人々の生活に役立つ喜びの提供」というコンセプトの下、創業者の本田宗一郎氏と藤澤武夫氏が直接開発に携わった初代スーパーカブC100。シリーズの原点であり、当時の開発者の想いまでがスーパーカブC125に反映される。

スーパーカブC125

【羽ばたく鳥の翼がモチーフ】初代スーパーカブC100の通称カモメ型ハンドルを樹脂カバーで再現。ウインカーの位置や形状にもリスペクトが感じられよう。

スーパーカブC125

コンパクトなリヤキャリアも初代がモチーフ。生産国のタイではこれをオプションにて用意。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

レッグシールド左前面とシート下のエンブレムは初代のロゴを再現したもの。ウイングマークもオールドタイプだ。

カブ初づくし! C125の豪華装備

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

(左)スーパーカブシリーズはモデルによってウインカースイッチが右側にあるが、スーパーカブC125は一般的な左側に設置。(右)メーターは二重のクロームメッキトリムで質感が高く、ギヤ段数表示も採用。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

専用設計の丸目ヘッドライト(左)をはじめ、縦型のテールランプや初代を彷彿させるウインカー(右)など、灯火類はすべてLEDを採用する。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

(左)日本仕様はスイングアームにタンデムステップを装備。チェーンケースはお馴染みのフルカバード。 (右)書類入れにもなる右サイドカバーは、シート下のボタンでロック解除。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

(左)シートロックは電磁式。スマートキーを持った状態で車両に近づき、シート左下にある黒いボタンを押すとロックが解除される仕組みだ。(右)スマートキーを採用する。アンサーバックや盗難抑止アラームも。

(◯)110よりもパワフル。長距離にも余裕で対応

スーパーカブ110よりも軸距が40mm長く、またシート高は45mm高いが、クロスカブ110よりは全長が20mm短いなど、存在感はあるものの決して大柄ではないスーパーカブC125。110kgという車重は原付二種としては平均的であり、実際の取り回しも、ハンドル切れ角が大きいこともあって非常に楽チンだ。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

ウェーブ125i用を高品質化したエンジン

まずはエンジンから。タイホンダのウェーブ125i用をベースとする空冷SOHC2バルブ単気筒は、グロムとほぼ同等の9.7psを発揮する。遠心クラッチによる急な飛び出しを抑えるためか、動き始めはややルーズな印象があるものの、そこから先の伸び上がりは110とは比べものにならないほど速い。1速では40km/hまで引っ張れるし、2速では法定最高速度の60km/hですらまだ余裕といったところ。プライマリーギヤをスパーからヘリカルにしたり、高精度ベアリングの採用もあってか、高回転域まで回しても不快な微振動は皆無。さらに、スーパーカブ独自の自動遠心クラッチ&4段リターン式ミッションは、ドラムベアリングやシフトアームラバーの追加により、変速ショック皆無と言えるほどスムーズなシフトフィーリングを実現している。スロットルレスポンスは過敏にならない範囲で忠実であり、わずかにメカノイズが混じるサウンドはカブらしさを残しつつも力強さを感じさせる。シリーズ生誕60周年にふさわしいエンジンだ。

HONDA SUPER CUB C125 [2018]

フロントブレーキはディスクで、ホイールはキャストタイプ。

ハンドリングもいい。ワイヤースポークよりも剛性の高いアルミキャストホイールのネガが出るのではと懸念していたが、それはまったくの杞憂に終わった。スーパーカブ110に対してホイールトラベルをフロントで10mm、リヤで19mm延長したことで乗り心地は良く、また直進時や旋回時の安定性が明らかに増しており、エンジンの出力アップによる常用速度域の上昇に対応したシャーシとなっている。同様のことがブレーキにも当てはまり、ディスク化されたフロントと、それを強く利かせても不安のないフロント回りの剛性感を確認。また、リヤのドラムブレーキもコントロールしやすかった。

(△)ABS仕様の導入とカラバリ増強を望む

現状、日本仕様はABSがタイプ設定されていないので、早期に導入を望みたい。また、’18年のバンコクモーターショーではブラック、グレー、レッドという3つの新色が発表されており、そのうちグレーバージョンの国内導入が決まった。これらのカラバリがなかなかにクールなので、その他の色についても国内展開されることを期待したい。

HONDA SUPER CUB C125 [2019]

【HONDA SUPER CUB C125 [2019]】発売は6月頃を予定。現行同等の税込40万円前後を想定する。

HONDA SUPER CUB C125[タイ仕様]

タイ仕様のC125に設定される4色(ヤングマシン‘18年9月号・別冊付録より)。赤や黒も似合う!

【結論】もう少しパワーがあれば…を見事に具現化

’18年9月号の特集でホンダの原付二種5台を乗り比べた際、クロスカブ110の牧歌的なフィーリングに癒やされつつも常にパワー不足を感じていたが、スーパーカブC125はそれを見事に払拭。通勤からツーリングまで幅広く対応できるカブだ。

●写真:飛澤 慎
※取材協力:本田技研工業

※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。