オートモービル カウンシル 2019

シティ&モトコンポ! 1980年代のホンダを見に行こう!

「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに今年で4回目を迎える「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル 2019)」にホンダが1981年にデビューした「CITY(シティ)」や、そのトランクバイクである「MOTOCOMPO(モトコンポ)」を展示。このほか、「百花繚乱80’s」をテーマに日産自動車(株)・(株)SUBARU・トヨタ自動車(株)・Lexus Internationalと共同展示も行う。

4分の1スケールも展示、ホンダのクルマ開発思想を感じる!

2019年4月5日(金)から7日(日)に千葉県千葉市の幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル 2019)」。2016年からスタートし、今年で4回目を迎えるヘリテージカーショーだ。ホンダはこのイベントに1981年にデビューした「CITY(シティ)」と、同時に発売されたシティ搭載用のトランクバイク「MOTOCOMPO(モトコンポ)」を展示。これら‘80年代のヘリテージモデルとともに、2018年に発売された「「N-VAN(エヌバン)」の展示を通じて、過去から受け継がれているホンダのクルマ開発思想である「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を感じられるブースに仕立てられているという。

実はこれ、4分の1スケールのモックアップ。自宅に欲しいぞ!

さらに同時期に発売された携帯発電機「デンタ」もブースで見ることができる。加えて、ホンダのデザインスタジオが製作した精巧な1/4スケールモックアップモデルもディスプレイされる。こちらは展示モデルと同色というこだわりようだ。

このほか、「百花繚乱80’s」をテーマにした日産・SUBARU・トヨタ・レクサスとの共同ブースには、ホンダからはピニンファリーナ社の技術協力を得て開発された「CITY(シティ)」のオープンモデルである「CITY Cabriolet(シティ カブリオレ)」を展示する。

■主な出展モデル

ホンダブース

〈1982年式 CITY[シティ]〉

〈1982年式 MOTOCOMPO[モトコンポ]〉

〈1979年式 デンタ EM400(携帯発電機)〉

※上記3機種はHondaのデザインスタジオが制作した1/4のモックアップモデルも展示。

〈2018年式 N-VAN[エヌバン]〉

〈2018年式 CROSS CUB[クロスカブ50]〉

〈2017年式 LiB-AID E500(ハンディータイプ蓄電機)〉

日産・ホンダ・SUBARU・トヨタ・レクサス共同展示ブース

・1984年式 CITY Cabriolet

●開催会場

幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)ホール2・3 〈Hondaブース:小間No.J03〉〈共同展示ブース:小間No.J05〉

●開催日時

2019年4月5日(金)9:00~17:00(プレス関係者・限定2,000名の一般)

2019年4月6日(土)~7日(日) 9:00~17:00

●主催

AUTOMOBILE COUNCIL 2019 実行委員会

●公式Webサイト

https://automobile-council.com/

●イベント全般に関するお問い合わせ先

AUTOMOBILE COUNCIL 2019 実行委員会/TEL: 03-6380-1011(平日10:00〜18:00)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)