マシン・オブ・ザ・イヤー2018
カフェレーサーとロードスターの2車が正式デビュー

ロイヤルエンフィールドの新型2気筒が欧州で価格発表

Continental GT 650 Interceptor 650

【Royal Enfield 左:Continental GT 650/右:Interceptor 650】

コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の新型パラレルツインを搭載するニューモデルの登場だ。以前の記事(コチラ)でも紹介したように、いまロイヤルエンフィールドは大きな変化を見せようとしている。

空油冷並列2気筒でビッグネームが復活

’17年11月5日にイギリス、セントラルミッドランド地区にテクノロジーセンターを開設したロイヤルエンフィールドは、その前後に新型の648cc、空油冷2気筒エンジンを搭載した2車の開発を発表していた。それがこれから紹介するインターセプター650と、コンチネンタルGT650だ。

トコトコと走る単気筒で知られるロイヤルエンフィールドだが、かつて英国産バーチカルツイン(シリンダーが直立した並列ツインエンジン)が栄華を誇っていた1960年代に、736ccの空冷パラレルツインを搭載したインターセプターというバイクを生産していた。また、コンチネンタルGTは単気筒の250ccで同時期に存在しており、のちの2013年には新開発の535cc単気筒を搭載したカフェレーサーとして復活を遂げている。いずれもロイヤルエンフィールドのブランドにとって大切なビッグネームであり、新型エンジンの投入とともに2車が出揃うことには大きな意味があるといえよう。

ミラノショーで発表されたイタリア/スペイン/ポルトガルにおける価格は、インターセプター650が6200ユーロ、コンチネンタルGT650は6400ユーロだった。どちらも日本円に単純換算すれば90万円以下。輸送など地理的なことを考慮しても、100万円を大きく超えることにはならなそうだ。早期の日本への導入に期待したい。

Interceptor INT 650

【Royal Enfield Interceptor 650 価格:6200ユーロ】

Continental GT 650

【Royal Enfield Continental GT 650 価格:6400ユーロ】

西海岸の雰囲気を漂わせるロードスター

インターセプター650は、1960年代のアメリカ西海岸の文化に溶け込んでいた当時のインターセプターにインスパイアされたもので、英国産ロードスターの確かな走りと、カリフォルニアのデザートレーサーのエッセンスをを併せ持ったバイク。モダンクラシックらしいティアドロップ型の燃料タンクやタイヤモンドキルトパターンのシート、幅広のハンドルバーなどを備えている。フロントフォークはφ41mmの正立タイプで、リヤは5段階のプリロード調整機構を備えたツインショック。タイヤは前後18インチだ。

Interceptor INT 650 - Orange Crush Sideview_RHS

【Royal Enfield Interceptor 650】主要諸元■全長2122 全幅789 全高1165 軸距1400 シート高804(各mm)車重202kg(半乾)■空油冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47bhp/7250rpm 5.3kgf-m5250rpm 6速 燃料タンク容量13.7L■ブレーキF=φ320mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+1ポットキャリパー タイヤF=100/90-18 R=130-70-18

Royal Enfield Interceptor 650

【Royal Enfield Interceptor 650】

ブリティッシュ・カフェレーサー

コンチネンタルGT650は、1950~1960年代のカフェレーサー文化の中で生まれたコンチネンタルGT250が祖先。彫りの深い燃料タンクに低いクリップオンハンドルをセットし、クラシカルでスポーティなライディングポジションとしている。とはいえガチガチのスポーツバイクではなく、街中でも楽しめるマシンに仕上がっているという。サスペンションはインターセプターと同じくφ41mm正立タイプのフロントフォークに5段階プリロード調整機構つきツインショックという組み合わせ。

Continental GT 650 Ice Queen Sideview

【Royal Enfield Continental GT 650】主要諸元■全長2122 全幅744 全高1024 軸距1398 シート高793(各mm)車重198kg(半乾)■空油冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47bhp/7250rpm 5.3kgf-m5250rpm 6速 燃料タンク容量12.5L■ブレーキF=φ320mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+1ポットキャリパー タイヤF=100/90-18 R=130-70-18

Royal Enfield Continental GT 650

【Royal Enfield Continental GT 650】

270度クランクを採用した並列2気筒

ヘリテージデザインに忠実な空油冷並列2気筒エンジンは、90度Vツインと同じ点火間隔となる270度クランクを採用。一体構造の鍛造クランクシャフトはカウンターバランサーによって振動を最小限に。圧縮比は9.5対1でフューエルインジェクションを装備し、2500rpmで最大トルクの80%を発揮するという。また、ロイヤルエンフィールドでは初となる6速ギヤボックスを備えている。ハイパフォーマンスよりもリアルワールドで楽しめるエンジンとして開発された。

Royal Enfield 650 Twin_Blow Up

往年の並列2気筒とは違い、ギヤボックス一体式のクランクケースを採用。シングルカムにローラーロッカーアームと、気筒あたり4本のバルブを備える。

Royal Enfield 650 Twin

648ccの空油冷並列2気筒。シリンダーヘッドの造形はコンチネンタルGT535が搭載していた単気筒エンジンによく似ている。

カギを握るのは経験豊かなイギリス人エンジニア

技術センター設立からさかのぼること2年以上も前。ロイヤルエンフィールドは2015年に、目には見えない大きな変革を成し遂げた。それはサイモン・ウォーバートン(Simon Warburton)氏とマーク・ウェルズ(Mark Wells)氏、そしてハリスパフォーマンス(HARRIS Performance)を相次いで迎え入れたことだった。

製品開発のボスを務めるウォーバートン氏は、もともとはトライアンフでチーフエンジニアとして活躍していた人だが、その経歴は面白い。まず、オールドトライアンフで働いた経験があり、1983年の経営破綻後は教習所の教官を務めていたという。そして1990年のトライアンフ復活の際にはふたたびエンジニアに復帰したのだ。キャリアの初期には車体設計、のちにエンジン設計に携わるようになったウォーバートン氏は、教習所教官の経験によって普通のライダーがどうしたら安心して操縦できるのかという知識を蓄え、誰もが安心して乗れるバイクを作るという仕事に活かしていったと言われている。

製品戦略やデザインを担当するウェルズ氏は、2001年に自分のデザインオフィスを構え、ロイヤルエンフィールドのクラシック500/350やコンチネンタルGT535にかかわった経験を持っている。

そしてハリスパフォーマンスだ。1972年創業の同社は伝説的なフレームビルダーとして知られているが、とくに有名なのは1990年代前半にヤマハYZR500のエンジンを積んだWGPマシンを走らせていたことだろう。ハリスヤマハ(ロックヤマハなんていうのもあった)と聞いて懐かしく思う読者もいるのでは? ほかにもドゥカティエンジンを搭載したBOTTマシンなどを手掛け、2008年からはロイヤルエンフィールドのバイクの車体開発を請け負っていた。そして2015年6月にロイヤルエンフィールドの親会社であるアイシャーモーターズの傘下に収まったのだ。

ミラノショーのプレスカンファレンスで車両について説明するCEOのシッダールタ・ラル氏。このあと、各エンジニアのナレーションが入った動画も流された。

ロイヤルエンフィールドのCEOは叩き上げの情熱家

これだけの役者を揃え、イギリスでのテクノロジーセンター開設を実現するには、多大な労力と情熱が必要だ。インドでイギリスブランドのバイクを作っているメーカーとして、着実に成長を続けてきたロイヤルエンフィールドだが、その情熱を持ち続けてきた原動力とはなにか。CEOの経歴のなかにヒントがあった。

ロイヤルエンフィールドのCEOであるシッダールタ・ラル氏は、1995年にロイヤルエンフィールドの研修生としてキャリアをスタート。同社は前年にエンフィールドインディアからロイヤルエンフィールドへと改名し、1996年にインドの大手自動車メーカーのアイシャーモーターズの傘下に収まった。そのなかでラル氏は2001年にロイヤルエンフィールドのチーフエグゼクティブに任命され、成功を収めたのち、2006年には親会社であるアイシャーモーターズのCEOになっている。モーターサイクルの世界で叩き上げられ、モーターサイクルに情熱を傾けた人物というわけだ。

Siddhartha Lal - CEO Royal Enfield - 02

社長の走り写真を公式に配信する企業は数少ない。ほかに思い当たるのはドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリ氏くらいだろうか。

新型ツインで早くもカスタムマシンを提案

新型並列2気筒を使用したカスタムマシンが、ロイヤルエンフィールドブースに3台展示された。その車両をベースとしたイメージの広がりを表現するために、こうしたカスタムバイクたちをニューモデル登場時から投入するのは、もはや当たり前になりつつある。国産でいえばZ900RSなどが記憶に新しい。

Salt Flats Racerと名付けられた最高速アタック用のレーサー。ニトロオキサイドシステムを備え、じっさいに’18年9月にユタ州のソルトフラッツで22回のテストランをこなして241km/hの最高速度を記録しているという。

こちらはMidas Royaleと名付けられたマシン。台湾のWinston Yehが手掛けた。ベースとなったのはコンチネンタルGT650だが、シングルショック化など、あらゆる部分に手が入っている。

ロイヤルエンフィールドのカスタムチームによる1台。コンチネンタルGT650をベースとしたドラッグレーサーイメージのカスタムバイクで、その名はThe LOCK STOCKだ。

「世界最古のバイクメーカーが戦前の高級モーターサイクルをオマージュ」はこちら

写真をまとめて見る

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->