カワサキの”RIDEOLOGY”思想を体現

カワサキ ニンジャZX-10Rシリーズ[2019]ついに国内新発売【KRT EDITION/SE/RR】

KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION/ZX-10R SE/ZX-10RR[2019]

「誰が乗っても扱いやすく、そして速いモーターサイクルでありたい」「サーキットにおいて誰が乗っても扱いやすく乗りやすいということを追求していけば、結果として速いマシンができ上がる」という“RIDEOLOGY“思想を体現したカワサキNinja(ニンジャ)ZX-10Rシリーズ。輸出車仕様として展開されてきたこのモデルが、ついに日本国内でも発売されることになった。スタンダード版「ZX-10R KRT EDITION」、電子制御サス搭載の上級仕様「ZX-10R SE」、サーキット志向の最上級モデル「ZX-10RR」がラインナップされる。

Ninja ZX-10R KRT EDITION[2019]

カワサキをスーパーバイク世界選手権4連覇へと導いたファクトリーマシン直径の技術をフィードバックした、リッタースーパースポーツモデル・ZX-10R。ボッシュ社製IMU、カワサキクイックシフター(KQS)、スポーツカワサキトラクションコントロール(S-KTRC)、カワサキローンチコントロールモード(KLCM)、カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム(KIBS)、カワサキエンジンブレーキコントロール、電子制御ステアリングダンパー、ブレンボM50モノブロックキャリパー、バランスフリーフロントフォーク、バランスフリーリヤクッションライト(BFRC lite)サスペンション等の最新テクノロジーは、ZX-10Rシリーズが目指す”強さと優しさ”の技術的な礎となっている。

ZX-10Rシリーズのスタンダードバージョンに当たるKRT EDITIONは、ファクトリーマシンと同イメージのカラーリング(ライムグリーン×エボニー)を身に纏う。

KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION[2019]ライムグリーン×エボニー
KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION[2019]ライムグリーン×エボニー

Ninja ZX-10R SE[2019]

STD版に最先端の電子制御サスペンション・カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション(KECS)を搭載した上級モデルのSEには、さらにマルケジーニ社製の専用アルミ鍛造ホイール、傷を自己修復するハイリーデュラブルペイント等も組み合わされている。カラーリングはメタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレー。

KAWASAKI Ninja ZX-10R ZX-10R SE[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10R SE[2019]メタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレー
KAWASAKI Ninja ZX-10R SE[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10R SE[2019]メタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレー

Ninja ZX-10RR[2019]

カワサキをスーパーバイク世界選手権、4連覇へ導いたベースマシン、Ninja ZX-10RR。チタニウム製コネクティングロッド、マルケジーニ製の専用アルミ鍛造ホイール、ピレリ製ディアブロ・スーパーコルサSP(タイヤ)、ショーワ社製バランスフリーフロントフォークとBFRC lite リヤサスペンションによりサーキットポテンシャルをさらに高めたシングルシートモデルには、世界500台限定生産の証としてトリプルクランプ上部のプレートにRRロゴとシリアルナンバーが刻まれる。ボディカラーはライムグリーン。

KAWASAKI Ninja ZX-10RR[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10RR[2019]ライムグリーン
KAWASAKI Ninja ZX-10RR[2019]
KAWASAKI Ninja ZX-10RR[2019]ライムグリーン

ニンジャZX-10R KRT EDITION(税込車両本体価格206万2800円)、ZX-10R SE(同265万6800円)、ZX-10RR(同292万6800円)は、2019年3月1日に発売される。

主要諸元比較

車名Ninja ZX-10R
RRSEKRT EDITION
全長×全幅×全高(mm)2,085×740×1,145
軸距(mm)1,440
シート高(mm)835
キャスター角(度)/トレール量(mm)25.0°/107
車両重量(kg)206208206
エンジン型式水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc)998
内径×行程(mm)76.0×55.0
圧縮比13.0:1
最高出力(ps/rpm)204/13,500(ラムエア加圧時:213/13,500)203/13,500(ラムエア加圧時:212/13,500)
最大トルク(kgf・m/rpm)11.7/11,20011.6/11,200
燃料タンク容量(L)17
変速機形式常噛6段リターン
ブレーキ前デュアルディスク
ブレーキ後シングルディスク
タイヤサイズ前120/70ZR17
タイヤサイズ後190/55ZR17
カラーライムグリーンメタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレーライムグリーン×エボニー
車両本体価格(税込)292万6800円265万6800円206万2800円

※情報提供:カワサキモータースジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「201[…]

2019世界の新車総図鑑(カワサキ)
関連記事

2018年9月3~4日、九州のオートポリスで新型Ninja ZX-10RRのサーキット試乗会が実施された。本誌からはメインテスターの丸山浩さんが参加し204psの新エンジンの内部をチェックした。[…]

001-1-3
関連記事

2018年9月3~4日、九州のオートポリスで新型Ninja ZX-10RRのサーキット試乗会が実施された。本誌からはメインテスターの丸山浩さんが参加し204psの新エンジンを下から上までチェックした[…]

002-6
WEBヤングマシン|最新バイク情報