モンスターエナジー×ヤマハレースブルー

ヤマハ’19モトGPのニューマシン発表【黒基調/ろっしふみ/ゼッケン12番】

2019年2月4日、ヤマハはインドネシアのジャカルタで今シーズンのMotoGP参戦体制を発表し、ニューマシンとライダーの出で立ちが明らかになった。翌2月5日には、今シーズン初のMotoGPオフィシャルテストを控えたマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットにて2019 YAMAHA MOTORSPORTS MEDIA CONFERENCE」を開催。2019年の勝利にこだわる姿勢をアピールした。

Monster Energy Yamaha MotoGP(モンスターエナジーヤマハMotoGP)

ヤマハのMotoGPファクトリーチームである「モンスターエナジーヤマハMotoGP」からは、2018シーズンに5度の表彰台を獲得しランキング3位にとなったバレンティーノ・ロッシ選手と、1勝を含む5度の表彰台を獲得しランキング4位となったマーベリック・ビニャーレス選手が参戦。2019シーズンからはメインスポンサーがモンスターエナジーとなることから、マシンは黒を基調としながらグラデーションでヤマハのレースブルーへと変化していく新鮮なカラーリングになっている。

ファクトリーマシンであるYZR-M1については、昨年後半に直列4気筒からV型4気筒になるのではと噂された時期もあったが、ふたを開けてみれば直列4気筒を継続。見た目に大きな変化はないものの、2017年から引きずる成績不振を払拭すべくテコ入れされているに違いない。

また、ライダーが固有のゼッケンナンバーを継続的に付けるのが慣習となっている中、ビニャーレス選手は昨年までの#25から#12へとゼッケン変更。気分を変えて必勝を期す。ロッシ選手は従来の#46から変更なしで、マシンのシートストッパー部分に居るマスコットの犬も健在(デザインはその時々で変わる)だ。同じく燃料タンク右側の「ろっしふみ がんばって!」のステッカーも変わらずあり、ロッシ選手が大ファンだったことで知られる故・阿部典史への変わらぬ愛情も感じられる。

セパンでのオフィシャルテストは2月6日にキックオフされる。好調を取り戻したヤマハが最強のライバルたちに挑んでいく姿が見たい!

【左:#12 マーベリック・ビニャーレス選手/右:#46 バレンティーノ・ロッシ選手】

Valentino Rossi(バレンティーノ・ロッシ選手)のYZR-M1

ゼッケン46番、バレンティーノ・ロッシ選手のYZR-M1。「ろっしふみ がんばって!」も健在だ。

ゼッケン46番、バレンティーノ・ロッシ選手のYZR-M1。黒の占める面積が大きいのが今年の特徴。

ゼッケン46番、バレンティーノ・ロッシ選手のYZR-M1。

2009年以来となる10度目の世界タイトルを目指すバレンティーノ・ロッシ選手。

Maverick Vinales(マーベリック・ビニャーレス選手)のYZR-M1

ゼッケン25番からゼッケン12番へと変更になったマーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。

ゼッケン12番、マーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。

ゼッケン12番、マーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。モンスターエナジーのマークとロゴが際立つ。

ゼッケン12番、マーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。

ゼッケン12番、マーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。

ヤマハでの3年目を迎え、チャンピオン獲得へと意欲を燃やすマーベリック・ビニャーレス選手。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. 岡崎静夏
  2. 自二車は中型二輪に限る
  3. Moldel A(A型)
  4. 2018年○と×
  5. 兄弟車試乗インプレ対決
  6. 2019初夢スクープ
  7. 2019世界の新車総図鑑
バイク王
Z900RS x STRIKER