ホンダコレクションホール20周年特集#21

世界初ターボバイクの後継機 ’83CX650ターボが走行〈映像あり〉

2018年7月16日と9月24日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念ということで市販バイク特別走行が実施され、ホンダの黎明期から現在までのエポックメイキングなオートバイが走行を披露した。

CX650ターボの前身・CX500ターボは二輪ターボ車第1号

車が省エネ目的というお題目で当時の陸運局を陥落させ、日本にもターボの時代が訪れ、これを追うように各バイクメーカーも、ターボ車の開発へと邁進した時代だった。真っ先にターボバイクを登場させたのはホンダ。’80年のドイツ・ケルンショーでCX500ターボを発表し、翌’81年にホンダとしては二輪・四輪含めて初の市販ターボが市場に投入されることになる。

水冷OHV2気筒のエンジンはGL500ベースと言われているが、実際には高出力や高熱に耐えるため、ほぼ新設計といっていいほどの改良が施された。このエンジンにターボが装着され、498ccのエンジンから82psのパワーを引き出した。目論みはミドルクラスの車体にビッグマシンのパワー。確かにパワーは達成できたものの、車重の重さやいわゆるターボラグなどでターボバイクは終演を迎えるのだが、その中にあって継続機種(CX650ターボ)が作られたのは、唯一CX500ターボのみだった。

【HONDA CX500Turbo 1981年】今までに無い市販車ターボを強く印象付ける外観は、あまりにも印象的だったCX500ターボ。先行車のバックミラーに映り込むことを意識した逆文字のTURBOロゴやマフラーサイドのTURBOロゴなど、ただ者ではないことを全身でアピールしていた。■水冷4ストローク80度V型2気筒OHV4バルブ 496.9cc 82ps/8000rpm 239kg

【HONDA CX650Turbo 1983年】GL500(輸出名CX500)をベースに世界で初めてターボチャージャーを装備した量産車であるCX500ターボの排気量を増やし、出力と低・中速回転域でのトルクを向上させた輸出専用モデル。■水冷4ストローク80度V型2気筒OHV4バルブ 673cc 100ps/8000rpm 235kg

CX500/650ターボは四輪ターボ開発に発展した

ターボ付きバイクは、CX500ターボ発売後、1982年にキャブレター方式のヤマハXJ650T(653cc/90ps)、同年スズキXN85(673cc/85ps)が相次いで登場した。これらライバルに対抗するためCX500ターボの最高出力を85psまで引き上げることも検討されたが、基本構成を変えずに排気量をアップし、常用回転域でのトルクと高速回転域での伸びを高めたCX650ターボ(673cc)が開発された。1983年に登場したCX650ターボは、吸入系のレゾナンスチャンバーが廃止されたこととターボ過給器の特性を排気量に合わせ変更した以外は基本的にCX500ターボと同じで、優れた動力性能と操縦安定性を発揮していた。1984年になるとカワサキ750ターボ(738cc/112ps)が発売され、国産4メーカーからターボが出揃うことになったが、皮肉なことにこれがターボ付きバイクの最後のモデルとなった。

ターボ付きバイクが比較的短命に終わったのは、リニアなレスポンスを求めるバイクの世界では、わずかに残った加速時のターボラグ(加速時のレスポンスの遅れ)が敬遠されたためとも、単純に排気量を上げた方がよいというライダーの好みの変化があったためとも言われている。しかし、バイクでこそ定着しなかったが、この機種を契機にホンダではターボ単体の開発に取り組むこととなり、1988年に4輪車「レジェンド」のウイングターボの搭載につながったと言われる。

タービンは現IHIが開発した当時としては量産用世界最小で、エキパイ管長を短く取れるシリンダーVバンク前に配置されていた。

速度、回転のアナログメーター以外は現在でも遜色ないデジタル表示。中央上部にはターボランプが配置されている。

同系エンジンを登載した兄弟モデルたち

CX500ターボのエンジンレイアウト母体になったのは、OHVならではのコンパクトヘッドを、軽合金プッシュロッドなどの先進技術で高性能化したGL400/500。CX500ターボのデザインエッセンスやリヤプロリンクサスやフロントのTRACなど、足まわり技術をそのまま受け継いだのが、ツアースポーツのCX-EUROだ。

【HONDA WING GL400/500 1978年/1977年】■水冷4ストV 型2気筒OHV4 バルブ 396cc [496cc] 40ps/9500rpm [48ps/9000rpm] 3.2㎏ -m/7500rpm [4.1ps/7000rpm] 218kg 43 万8000 円 [44万8000円] ※[ ]は500

【HONDA CX-EURO 1982年】■水冷4ストV 型2気筒OHV4 バルブ 396cc 40ps/9500rpm 3.2㎏ -m/7500rpm 209kg 49万8000 円

取材協力:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)