フロントタイヤが17→19インチへ大径化

国産車唯一の400ccアドベンチャー・ホンダ400Xがモデルチェンジ

HONDA 400X [2019]

HONDA 400X [2019]

市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるクロスオーバーモデル・ホンダ400X。国産車唯一の400ccアドベンチャータイプとなる400Xの2019モデルは、「冒険心を呼び起こす、正常進化 Cross Over」を開発キーワードに、フロントタイヤを17→19インチとするなど、よりアドベンチャーイメージを強調したスタイルとなった。

ホンダ400Xのベースとなったのは、昨年2018年のミラノショーで発表されたCBR500X。日本仕様は水冷4スト直列2気筒DOHC399ccエンジンを搭載し、普通二輪免許でも運転が可能だ。吹け上がりの鋭さと低速域の粘り強さを向上させるために、バルブタイミング等を最適化し、合わせてエキゾーストパイプおよびマフラー構造を一部変更。また、CBR1000RRと同構造のアシストスリッパークラッチによって、クラッチレバーの操作負荷が軽減。シフトダウン時の後輪ホッピングが抑制されるなど、ロングツーリングも含めてより快適な運転操作が可能になる。

HONDA 400X [2019]

HONDA 400X [2019] マットバリスティックブラックメタリック

足回りについては、フロントタイヤサイズを17インチから19インチに大径化したことによりフラットダートでの走破性が向上。また、路面追従性をさらに高めた分離加圧式のリアサスを採用しストロークも従来モデルより長く設定。制御が緻密化されたABSモジュレーター、切れ角を左右合計で6度増やして取回し性が向上したテーパーハンドル等と相まって、幅広い走行状況において運動性能と安全性能がより高まるだろう。

装備面もブラッシュアップ。灯火類はスポーティでシャープな造形のヘッドライト・テールランプに加えて前後ウインカーにもLED化された。また新設計のLCDメーターは視認性が高く、ギアポジションインジケーター、シフトアップインジケーター、水温計など豊富な情報が表示される。

HONDA 400X [2019]

HONDA 400X [2019] グランプリレッド

新しい400Xのスタイリングは、アドベンチャーテイストたっぷりの威風堂々たるもの。シャープなラインのフロントカウルには従来モデルより20mm長いウインドスクリーンを装着するとともに、ラジエーターシュラウドを大型化+サイドカバーの形状を最適化。タフで精悍なスタイリングを保ちながらも、ライダーに当たる走行風を制し長距離走行/高速巡行時の疲労感の軽減にも寄与することだろう。

ボディカラーはアドベンチャーイメージを強調した「マットバリスティックブラックメタリック」とスポーティーなイメージの「グランプリレッド」の2色。

400Xの2019モデル(税込車両本体価格81万1080円)は、2019年3月22日に発売される。

車名 400X
全長×全幅×全高(mm) 2140×825×1380
軸距(mm) 1435
シート高(mm) 800
車両重量(kg) 196
エンジン型式 水冷4スト直列2気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc) 399
内径×行程(mm) 67.0×56.6
圧縮比 11.0
最高出力(ps/rpm) 46/9,000
最大トルク(kgf・m/rpm) 3.9/7,500
燃料タンク容量(L) 17
変速機形式 6段リターン
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°30´/108
ブレーキ前 ディスク
ブレーキ後 ディスク
タイヤサイズ前 110/80R19
タイヤサイズ後 160/60R17
カラー マットバリスティックブラックメタリック、グランプリレッド
税込車両本体価格 81万1080円

※情報提供:本田技研工業

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)