マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノショーで正式発表

ホンダが2019新型CB500Xを発表、新型400Xも発売を予告

2018年11月6日、イタリアで開催のミラノショーでホンダが2019年モデルを多数新発表した。ここでは、フロントに19インチホイールを新たに採用したCB500Xを紹介しよう。

クロスオーバーからアドベンチャーに近づいた

欧州ではCB500Xというネーミングで2013年から発売されている並列2気筒エンジンを登載したクロスオーバーモデルが、2019年型で3世代目に進化を果たした。2016年モデルでLEDヘッドライトや大型スクリーンの採用やサスなどに変更受けており、それをベースに’19年型はフロントホイールを19インチ化したのが大きなトピックとなる。一般的にホイールの直径が大きくなるほどハンドリングは安定志向となり、ロングツーリングに適したものとなる。また、荒れた路面で安定した操作が可能となるのだ。

また、スクリーンやカウルの改良で空力性能が向上し、高速道路でのライダーのウインドプロテクション性能がアップ。ホイールのインチアップなどでシート高は810mm→830mmに高くなっているが、シート前側部分の角を落とすことで足つき性に配慮している。さらに、大径ホイールの操縦を助けるために、ハンドル切れ角はセンターからフルロックまで3度プラスして38度に拡大。スチール製テーパーハンドルバーを採用することで、荒れた路面での操作に対応している。

【HONDA CB500X 2019年型欧州仕様】共通プラットフォームのCBR500RやCB500Fとともにモデルチェンジが実施されたクロスオーバー仕様。写真のカラーは、グランプリレッドだ。

’19年型でフロントが17インチ→19インチの大径ホイールとロングトラベルサスとなり、アドベンチャー色を強めている。写真のカラーは、パールメタロイドホワイトだ。

最低地上高は170mm→180mmに、シート高810mm→830mmにアップ。様々な路面に対応した寸法を確保している。写真のカラーは、マットガンパウダーブラックメタリックだ。

スクリーンやカウルは微妙に形状を変えてウインドプロテクション性能をアップ。タイヤはダンロップのTRAILMAX MIXTOURという銘柄を装着している。ウインカーは’19モデルで前後ともLED化された。

エンジンは吸排気系を見直して中間域を強化

CB500Xは、欧州の免許制度の関係から最高出力が35kW(47.6ps)上限にセーブされており、エンジンの改良は中間域の向上に主眼が置かれている。2019年モデルは、インレットとアウトレットのバルブタイミングやリフト量を見直すことで、3000~7000rpmのパワーとトルクが4%向上。アシスト/スリッパークラッチの採用でクラッチの操作負担を軽減している。さらに、マフラーの2穴化などの変更で、エキゾーストサウンドも魅力を増しているようだ。

エンジンは180度クランクの並列2気筒471㏄。国内で発売されている400Xはストロークを約10mm縮めて399㏄としている。’19年型は、アンダーカウルやフレームカバーを撤去したデザインとしている。

’19CB500Xのメーターは、新型CBR650Rなどと共通の黒液晶画面となり質感が向上しただけでなく、ギヤポジションやシフトアップインジケーターなどの機能も増えている。

【HONDA 400X 2018年型国内仕様 価格:79万2720円】欧州のCB500Xの排気量ダウン版だが、エンジンの基礎は400から開発がスタートしたと言われている。欧州の’19モデルと同様のモデルチェンジを受けることがホンダからアナウンスされている。


「2019新型CBR500RがRRルックに刷新、CBR400Rもこうなる?!」記事はこちらへ。
「ヤマハ2019新型Ténéré700(テネレ700)は’19年後半に発売予定」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->