Zシリーズ共通の「Sugomi」デザイン

ニンジャ400のネイキッド版・Z400/Z250が新登場〈2/15発売〉

KAWASAKI Z400/Z250 [2019]
KAWASAKI Z400(左)Z250(右)

2018年にフルモデルチェンジを果たしたNinja400/250のネイキッド版として新たに登場する、2019カワサキ新型Z400/Z250。俊敏なハンドリング性能と低回転域における性能向上を謳っており、よりストリートライディングにふさわしいチューニングが施されている。

車体の基本的なコンポーネントはNinjaと同様。398cc/248ccの水冷バラツインエンジン、新設計のトレリスフレーム、大型モデルと同等のφ41mmフロントフォーク、さらに軽い操作が可能になったニューアシスト&スリッパークラッチ等が採用されており、軽量(167kg/165kg)で高い操作性・安定性を持つことにより、ビギナーからベテランまで広範囲のライダーを惹きつけることだろう。

KAWASAKI Z400 [2019]
KAWASAKI Z400 [2019] キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック
KAWASAKI Z400 [2019]
KAWASAKI Z400 [2019] パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック

スタイリングについては、ひと目でカワサキのネイキッドモデルと認識できる、現行のZシリーズではおなじみの「Sugomi」デザインを踏襲。シャープなスタイリングと独特なシルエットにより、アグレッシブで俊敏なイメージだ。

カラーリングは、Z400が「キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック」と「パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック」の2色、Z250が「キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック」と「パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック」の2色展開。

KAWASAKI Z250 [2019]
KAWASAKI Z250 [2019] キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック
KAWASAKI Z250 [2019]
KAWASAKI Z250 [2019] パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック

Z400(税込車両本体価格66万7440円)とZ250(同59万7240円)は、ともに2019年2月15日に発売される。

主要諸元

車名Z400Z250
全長×全幅×全高(mm)1990×800×10551990×800×1060
軸距(mm)1370
シート高(mm)785795
車両重量(kg)166164
エンジン型式水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc)398248
内径×行程(mm)70.0×51.862.0×41.2
圧縮比11.511.6
最高出力(ps/rpm)48/10,00037/12,500
最大トルク(kgf・m/rpm)3.9/8,0002.3/10,500
燃料タンク容量(L)14
変速機形式常噛6段リターン
キャスター角(度)/トレール量(mm)24.5°/92
ブレーキ前シングルディスク
ブレーキ後シングルディスク
タイヤサイズ前110/70ZR17
タイヤサイズ後150/60ZR17140/70ZR17
カラーキャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック、パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラックキャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック、パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック
税込車両本体価格66万7440円59万7240円

※情報提供:カワサキモータースジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「[…]

2019世界の新車総図鑑(カワサキ)
関連記事

ミラノショーで発表されたカワサキの新ネイキッドZ400。これはズバリ、2018年にフルチェンジしたNinja400のネイキッド版だ。[AD1]基本スペックはNinja400と同一2[…]

002-9
WEBヤングマシン|最新バイク情報