マシン・オブ・ザ・イヤー2018
カワサキがミラノショーで正式発表

2019新型Z400が登場、軽量167kgの車体で45psのパワーを発揮

ミラノショーで発表されたカワサキの新ネイキッドZ400。これはズバリ、2018年にフルチェンジしたNinja400のネイキッド版だ。

基本スペックはNinja400と同一

2018年にフルモデルチェンジしたNinja400は、250と共通の軽量車体にハイパワー48psエンジン(日本仕様)を組み合わせて世界中で好評を受けたモデル。2019モデルとして発表されたZ400は、これのネイキッド版。欧州では、これまで販売されてきたZ300の後継機と位置づけられることとなる。ちなみにZ300は日本仕様のZ250(旧Ninja250がベース)の排気量違いとなるモデルだ。

車体やエンジンは基本的に’18Ninja400のものを踏襲し、399㏄の並列2気筒エンジンはZ300より5.98psアップの45ps(欧州仕様)を発揮。ちなみにNinja400の欧州仕様は45ps/10000rpm、3.9kg-m/8000rpmで、Z400のエンジンスペックはこれとまったく同じとなっており、また特にリリースでも触れられていないことから個別のチューニングは行われていないと思われる。

【KAWASAKI Z400 2019年型欧州仕様】2018年にフルモデルチェンジしたNinja400をベースにネイキッド化したZ300の後継機。アメリカでは4799ドル(約54万円、ABS標準) となっている。写真のカラーは、Candy Lime Green×Metallic Spark Black(キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック)だ。

【KAWASAKI Z400 2019年型欧州仕様】アメリカではグリーンだけだが、欧州にはもう1色存在。写真のカラーは、Candy Cardinal Red×Metallic Flat Spark Black(キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック)だ。

ベース車のNinja400と同じフレームとエンジンを使っていることから足まわりやタンク、シート&シートカウルは共通パーツとなっているようだ。

セパハンのNinja400に対し、パイプハンドルとなっているコックピットはZ400ならではの景色。タンク容量はNinja400と同じ14Lでシートも同様に前後セパレートとなっている。

H2譲りのトレリスフレームもNinjaから踏襲

H2の技術をフィードバックされたとするトレリス構造のダイヤモンドフレームも同じで、ホイールベースの1370mmやシート高の785mmといった数字もNinja400と変わらずだ。ただし、セパハンのNinjaからバーハンドルのネイキッドとなったことでライポジはアップライトな方向へと変化。Z300/250とシート高は同じだが、幅が30mm狭まったことでそれよりも足着き性が向上したとされている。

Z300/250から一新された外装まわりはヘッドライトがLEDとなってシャープなルックスとなり、メーターパネルも兄貴分のZ650と同系の反転液晶を用いた質感の高いものへと進化した。なお、電子制御面ではNinja400と同じようにパワーモードやトラクションコントロールは搭載しておらず、ABSのみ標準装備だ。

欧州仕様のカラーリングは、ライムグリーン×ブラックと、レッド×ブラックの2タイプを用意。日本で発売されるモデルはどうなるか、そして兄弟車となるZ250の動向も今後気になるところだ。

従来のバルブからLEDとなってデザイン性もアップしたヘッドライトまわり。かなりアグレッシブなイメージだ。

メーターは兄弟車のZ650譲りでアナログ×デジタルのタコメーターがユニーク。燃料計やギヤポジションインジケーター、時計などを見やすく表示する。レッドゾーンはNinja400と同じ12000rpmからだ。

エンジンに直接スイングアームを取り付けるピボットレス構造のフレームはH2と同構造で、ベース車のNinja400と同一だ。これにより大幅な軽量化を達成しており、Z400はNinja400の168kgからさらに1kg軽量となっている。

ブレーキは前後ディスクで欧州、アメリカともABSを標準装備。タイヤはNinja400と同じダンロップ製ラジアルGPR-300を装着している。


「カワサキ2019新型Versys1000/SEは、上級グレードに電サス投入」記事はこちらへ。
「2019新型W800 CAFE(カフェ)とW800 STREET(ストリート)がLEDライトで復活」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018