マシン・オブ・ザ・イヤー2018
YZF-R125だけではない小型/軽ヤマハの最新動向

【スクープ】’19M-SLAZ?! MT-09似の軽量級ネイキッドに期待

2018年9月28日、ヤマハが欧州で新型のYZF-R125を発表。さらに、これと同系エンジン&フレームを使用するアジア向けネイキッド、M-SLAZ/Xabreの次期型と思しきテスト車両もスクープ撮されているのだ。

MT-25のフェイスリフトにも期待!

タイではM-SLAZ、インドネシア名Xabreは、YZF-R15をベースに現地で生産されている155㏄の単気筒ネイキッド。東南アジア市場向けとは思えないクオリティのデザインで好評を博しているが、激戦市場でもあることから’19ではモデルチェンジすることが予想されている。その根拠となるは、インドネシアで撮影された次期型プロトタイプと思われるスパイショット。現行の縦2眼からMT-09のような鋭い横2眼のヘッドライトとなっている。同時にシートもダブルタイプに変化。日本人としてはYZF-R25のモデルチェンジとともにこれに倣ったMT-25のニューデザインの方も期待したい。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【YAMAHA Xabre 2019年型プロトタイプ?】新型Xabre(タイ名 M-SLAZ)と思われるスパイショット。左上の’17M-SLAZ(インドネシア名:Xabre)がこのような最新MT-09スタイルになると予想される。

新型Xabre(M-SLAZ)と思われる別カット。ダブルシートのテールまわりなど、まさに150㏄版MT-09といった出で立ちとなる模様。欧州では新色の2019新型MT-125が発表されたばかりだが、’19YZF-R125と同じパターンで、1年後にはこの新デザインが移植される可能性もあるだろう。

写真提供:iwanbanaran.com
「ヤマハ2019新型YZF-R125が欧州で発表! VVA付きで15psを発揮」記事はこちらへ。
「【スクープ】2019新型YZF-R25のデザインが判明! スパイショットはやはり偽装顔だった」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018