2019世界の新車総図鑑#03

スズキ カタナ/GSX-R/GSX-Sシリーズの2019年モデルをチェック

2019世界の新車総図鑑(スズキ)

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではスズキのカタナ、GSX-RシリーズとGSX-Sシリーズの2019年モデル情報についてまとめた。

[新型]スズキ カタナ:シルバーに加えブラックも発表

ハイパーネイキッドのGSX-S1000をベースにGSX1100S KATANAのデザインを現代風にアレンジしたモデル。縦2段のLEDヘッドライトや、スポイラー先端にある刀の切先をイメージしたLEDポジションランプが特徴的だ。また、スズキで初めてスイングアームマウントのリヤフェンダーを採用。リヤウインカーとナンバープレートホルダーも配置することで凝縮感のあるデザインを実現した。車体色はメインのシルバーの他に、ミラノショーではブラックも発表。さらにカウルやシート、ブレ.キャリパー、ホイールリムに赤いアクセントが入ったオプション装着車も公開された。

カタナ(2019)

主要諸元 ■全長2125 全幅830 全高1110 軸距1460 シート高825(各mm) 車重215kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 150ps/10000rpm 11.0kg-m/9500rpm 燃料タンク容量12L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=190/50ZR17(写真上:グラススパークルブラック、下:メタリックミスティック シルバー)

[カスタムコンプリート]スズキGSX-R1000R 竜洋

スズキのテストコースである竜洋(RYUYO)の名を冠したレース専用コンプリート車で、イタリアスズキが企画。カーボンカウルを身にまとい、エンジンはヨシムラフルエキとEM-Proの燃調キットで10psのパワーアップ。前後サスはオーリンズとなり、ブレンボのブレーキキャリパーはSBKで使われているものと同じものになるほか、細かいところまで即実戦可能な本気装備を満載している。価格は日本円換算で約392万円。20台限定で2018年11月から予約開始された。

GSX-R1000R竜洋(2019)

主要諸元 ■全長2075 全幅705 全高1145 軸距1420 シート高825(各mm) 車重168kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1000cc 212ps/12900rpm 12.1kg-m/10300rpm 燃料タンク容量16L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=125/80ZR17 R=205/60ZR17

[新色]スズキGSX-S1000F ABS

新型KATANA のベースとなったモデルで、これはそのフルカウル版。素直なハンドリングやトラコンなどの装備で、扱いやすいスポーツツアラーとして人気があるモデルだ。’05GSX-R1000をベースとする直4エンジンを搭載しており、スイングアームもGSX-R譲りとなるが、メインフレームは専用に作られたものだ。’19は諸元そのままにカラーチェンジが行われ、マットブラックとブルー、つやありブラックの3タイプが用意されている。

GSX-S1000F(2019)

主要諸元 ■全長2115 全幅795 全高1180 軸距1460 シート高810(各mm) 車重214kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 150ps/10000rpm 11.0kg-m/9500rpm 燃料タンク容量17L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=190/50ZR17(写真色:メタリックマットブラックNo.2)

[新色]スズキGSX-S1000 ABS

GSX-S1000シリーズのネイキッド版。カウルの有無以外はFと同じとなる。ヘッドライトやウインカーはハロゲンだが、フロントフェイスの牙にあたる部分にLEDポジションランプを採用。精悍な顔つきとなっている。なお、テールランプはLEDだ。トラコンやABSといった装備はFと共通。メーターも共通の1パネルLCDタイプを持つ。’19ではマットブラックとホワイト、ブルー、ブルー×ブラックの4色が生産される。諸元の変更はなしだ。

GSX-S1000(2019)

主要諸元 ■全長2115 全幅795 全高1080 軸距1460 シート高810(各mm) 車重209kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 150ps/10000rpm 11.0kg-m/9500rpm 燃料タンク容量17L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=190/50ZR17(写真色:パールグレイシアホワイト)

[新色]スズキGSX-S750 ABS

GSX-S750 は、GSX-R750譲りのエンジンをストリート向けにチューニングし、ダイヤモンドフレームの車体に搭載したミドルレンジモデル。GSX-S1000 同様に電子制御デバイスはABSと3 モードのトラコンを装備している。また最近のスズキ車が続々と採用しているローRPMアシスト機能やワンプッシュスターターも完備。扱いやすいマシンに仕上がっている。’19 は、ホワイト、ブルー、ブルー×ブラック、マットブラックの4色が発表されている。

GSX-S750(2019)

主要諸元 ■全長2125 全幅785 全高1055 軸距1455 シート高820(各mm) 車重213kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 749cc 114ps/10500rpm 8.3kg-m/9000rpm 燃料タンク容量16L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17(写真色:パールグレイシアホワイト)

[新色]スズキGSX-R750/600

ユーロ4対応を受けていないGSX-R750と600も、’19は規制基準の異なるUSスズキでの展開となる。諸元は変わらずカラーチェンジのみで、750はホワイト×ブラックのツートンと単色のブラック、600は単色のホワイトとブラックの各2色ずつが用意されている。単色ブラックは、750がロゴやストライプが赤になりホイールもブラックなのに対し、600はロゴまわりやホイールがホワイトとなって差別化されているのが特徴だ。なお日本導入は未定。

GSX-R750(2019)

主要諸元 ■全長2030 全幅710 全高1135 軸距1390 シート高810(各mm) 車重190kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 750cc 馬力・トルク未発表 燃料タンク容量17L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17(諸元はUS、750)(写真色:グラススパークルブラック×パールグレイシアホワイト[750])

※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)