マシン・オブ・ザ・イヤー2018
パリモーターショーに出品

2019新型KATANA(カタナ)のアクセサリー装着車の解説

2018 年10月3日から開催されたパリモーターショーにスズキの新型KATANA(カタナ)が出品された。パリに現れたのはSTDではなく、アクセサリー装着車のみ。ここでは、各パーツを紹介したい。

赤×黒シートがワンポイント

ドイツで開催されたインターモトショーで世界初公開された新型カタナは、その翌日、10月3日にパリショーにも出品された。しかし、その仕様は異なっており、アクセサリー装着車のみがお披露目されたのだ。新型カタナのアクセサリーは、Mater visor(メーターバイザー)、Colored seat(カラードシート)、Carbon clutch cover(カーボンクラッチカバー)、Carbon crankshaft case cover(カーボンクランクシャフトケースカバー)、Colored Brembo calipers(カラードブレンボキャリパー)、Axle sliders(アクスルスライダー)が写真とともに発表されている。

新型カタナ発表と同時に写真で公開されたアクセサリーパーツ。【左上】メーターバイザーはSTDのスクリーンの上にかぶせるタイプだ。【右上】カラードシートには刀のロゴが入る。【左下】カーボンクラッチカバー&カーボンクランクシャフトカバー以外にもカーボンパーツが用意されている。【右下】カラードブレンボキャリパーとアクスルスライダー。

パリのアクセサリー車にはアクラボヴィッチも装着

新型カタナのアクセサリーパーツは、ドイツのインターモトショーにも展示されており、Grip heater(グリップヒーター)、Pure carbon accessories(ピュアカーボンアクセサリー)、Fuel cap protection sticker(フューエルキャッププロテクションステッカー)、Side protection stiker(サイドプロテクションステッカー)、Tank pad(タンクパッド)、Rim decal(リムデカール)などが揃えられていた。これらのパーツは、プレスリリースにも記されていたが、パリに展示されたアクセサリー装着車には、さらにラインナップに記載がないアクラボヴィッチのマフラーも装着されていた。

【左上】グリップヒーターは汎用と思われる。【右上】カーボンパーツにはカバー類だけでなくフロントフェンダーも用意されている。【左下】タンクパッドなどのプロテクションステッカー一式。【右下】リムステッカーはサイドだけなく、内側にも模様が入る。

パリモーターショーに出品された新型カタナに装着されていたアクラポヴィッチ製のスリップオンマフラー。GSX-S1000用と異なる新製品と思われる。

撮影:古庄速人/編集部
「2019新型KATANA(カタナ)のローハンドルイメージはこうなる」記事はこちらへ。
「インターモトショーで650版 KATANA(カタナ)となるSV650短刀(Tantō)が公開」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->