マシン・オブ・ザ・イヤー2018
11月6日のミラノショーでデビューか

【スクープ】ホンダ2019新型CBR650Rの姿を予想

2018年11月6日にプレスデーとなるミラノショーでホンダが出品すると予告しているのは、650㏄版NEO SPORTS CAFE CONCEPTの市販仕様となるCB650Rだ。さらに、それ以外でもCBR-Rシリーズが刷新するという情報で、今回はその中でもメインとなる新型CBR650Rの姿を予想してみた。

CBR650Fの万能キャラは受け継ぎつつ外観はRR系に?!

2019年は、フルカウル版のCBR650Fもモデルチェンジする可能性が高い。車名は「CBR650R」を名乗り、並列2気筒のCBR400R/500Rに連なるシリーズになるようだ。’87年のCBR600F以降、F系は街乗りからツーリング、サーキット走行までこなす万能スポーツを意味する「Fコンセプト」として親しまれてきた。一方で、現代のホンダ車はレーシーな「R」を冠しながらハンドル位置が高く、使い勝手も十分。「実質Fコンセプトと守備範囲は変わらない」との理由から統合されるようなのだ。

だが、CBR600RRが実質的に殿堂入りし、ホンダはミドルに直4スーパースポーツを擁していない。カワサキから新型ZX-6Rが登場した今、CBR650Rにトガッたイメージも与えつつ、真の万能スポーツにしたら面白いだろう。実際、情報によると新CBR-RシリーズのデザインはRRに寄せるようなので、予想CGもCBR1000RR風にしてみた。先に報じたCBR400RはCBR250RRに似た外観になるという事なので、2気筒の250、400と4気筒の650、1000で2つの路線に分かれる可能性もあると予想、答えは11月6日に明らかになる。

【HONDA CBR650R 2019年型予想CG デビュー可能性:100%】2018年のCB-Rに続き、2019年はCBR-Rもシリーズ化される可能性が高く、その筆頭がこのCBR650Rだ。新たに入った情報によるとFの万能型コンセプトを引き継ぎつつ、外観はRRのアグレッシブなイメージに生まれ変わるようだ。

【HONDA CBR650F 2017年型国内仕様 価格:103万1400円】低中回転の実用域にフォーカスした新開発直4エンジンを搭載したフルカウルのロードスポーツで、グローバル戦略モデルとして登場した。’17年のモデルチェンジでヘッドライトをLED化するとともに7psアップを果たした。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648㏄ 90ps/11000rpm 213kg

「ミラノショーでのホンダの注目、CBR400RがCBR250RR顔に刷新?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018