モデルチェンジした快速ツアラー

2018トレーサー900GTの新旧比較インプレ

2018年6月15日発売する新型トレーサー900GTが編集部にやってきた。従来よりデザインを刷新し、細部を煮詰めた新型にはどんな特徴があるのか? 従来型のMT-09トレーサーと比較試乗してみた。当WEB執筆メンバーの「いち」がレポートする。

新型はツアラー方向のレンジを広げる進化

ぱっと見新型になったことに気づきにくい新型のトレーサー900。まずは、MT-09トレーサー→トレーサー900というネーミングの変更がトピックと言える。MT-09の派生モデルという位置づけから、独立した存在として歩みを進めていく意思が込められていそうだ。そして乗った印象ではツアラーとしての進化を主眼に置いていると感じた。どこでそれを最初に感じるかというと、跨って感じるお尻の感触だ。これは直接乗り比べないと分からない部分だが、新型はクッションが柔らかくて快適。一方従来型は硬めのスポーティなタイプで、俊敏なNKで知られるMTブランドの名残だったのかも知れない。足着きは身長172cm、体重65㎏で両足のつま先がしっかりと接地するくらいで新旧ほぼ同じだ。

走り出すとハンドル回りが大きく異なっているのに気づく。新型はハンドルの幅が狭められていて、ブラッシュガードが小ぶりなものになった。どのくらい狭められたか後でメジャーで測ってみると従来が約900mmに対し新型は約800mmと100mmもコンパクトに。諸元上でも全幅が従来型950mm→新型850mmに変更されているくらいだ。新型のハンドルは一般的なネイキッドに近い印象で、幅の広い従来型はアドベンチャーモデルのそれ。悪路などを走る際は抑えが効く幅広のハンドルが好まれるが、新型トレーサー900は完全なオンロードツアラーに割り切ったのだろう。これに加え、新型の調整可能なスクリーンを最上段に移動すると明らかにウインドプロテクション性能が向上。さらにハンドル幅がコンパクトでブラッシュガードも小型化された新型は高速域でより振られにくいはずだ。

上【YAMAHA TRACER900 GT ABS 価格:119万8800円/111万2400円(STD) 発売日:6月15日】STDから前後サスをグレードアップしグリップヒーター、クルーズコントロール、フルカラーディスプレイを装備したのがGT。写真のパニアケースはワイズギア製のオプションで片側7万4520円となる。下段は従来のMT-09トレーサーABSで106万9200円だ。クイックシフターはアップ側のみで新型の両グレードに標準装備している。

左列が新型GTで右列が従来型。アドベンチャー感が強いのは従来型で、幅広でブラッシュガードも大きい分空力に影響がある。シートやグラブバーも改められた。スクリーンは9段間/50mmの調整幅があり、従来型ではできなかった走行中での調整が可能になった。スクリーンは最も下の位置で従来型の最上段と同じくらい、最上段だと風の負担は従来型より軽減する印象。そしてどの位置でも走行に必要な視界は妨げられない。パニア部分の幅は実測でハンドル幅よりも狭い730mmなので、すり抜けでもそれ程気を遣わなくてすむ。

GTならではの装備でより本格ツアラーに

より高速走行に対応した空力性能を獲得した新型トレーサー900は、従来型から60mm延長したスイングアームにより安定性も確保して万全としている。そして、上級仕様のGTはさらにフルアジャスタブルのフロントフォークにリモートでプリロード調整が可能なリヤショックを装備した。これで、即座に二人乗りや重積載に対応できる本格ツアラーに近づいた。また、グリップヒーターやクルーズコントロールで快適性をアップし、情報量豊富なフルカラー液晶ディスプレイとダイヤル状のスイッチで各部の調整もやりやすかった。

YZF-R1と同じメーターで表示を独自のものとしているGT。横方向にスライドするギヤポジションインジケーターなど表現も多彩だ。左スイッチはクルーズコントロールやモード切り替え、トラコンのスイッチが集中し、メーター内の表示切り替えやグリップヒーターなど各部のセッティングは右のダイヤルスイッチで操作する。

GTの前後サスペンション。リヤショックは伸び側減衰力も調整可能で、プリロード調整は工具いらずのリモート調整式を採用する。フロントフォークは右が伸び側減衰力とプリロード調整、左が圧側減衰力とプリロード調整となっている。乗った印象は従来型よりも動きに落ち着きがある感じだ。

パニアケースはワイズギアのオプションでSTDのトレーサー900や従来型MT-09トレーサー(右下)にも装着可能。片側5㎏まででヘルメットは入らなかった。価格は片側7万4520円なので、左右合わせると14万9040円となる。装着はタンデムステップステーに締結するサイドケースステー(1万9440円)の増設が前提だ。GTではメインキーで施錠可能だが(左下)、STDや従来型にはパニア用のキーシリンダーが付属していないためスペアキーセットが追加で必要となる。

「2018新型トレーサー900/GTのインプレと解説」記事はこちら
「2018新型トレーサー900GTは120万円で6/15発売」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事