2018初夢スクープ

カタナ3.0は名車復活の呼び水になるか?!

2018年、ヤングマシンは本日から業務開始。一発目の更新は2月号で掲載の初夢スクープをお届けしよう。毎度ガチ情報をお届けしている本誌だが、今回は趣向を変えて「最先端のカタナが見たい!」という『初夢』を具現化してみた。あくまでも夢なので妄想成分多めではあるが、2018年の初夢に新KATANAを選ぶだけの理由もあるのだ。 ※ヤングマシン2018年2月号(2017年12月24日発売)より

スズキをザワつかせた「新カタナ」の影響力

H2 SXにV4パニガーレetc……ミラノショーで発表された注目作は数多い。だが、ある意味、最も話題をさらったモデルこそ「KATANA3.0」だろう! 世界のネット界隈で騒然となり、本誌のWEBヤングマシンでも反響はダントツだった。
本誌読者には〝耳タコ〞だろうが、YMでは名車=GSX1100Sカタナの復活を長年予想している。――今回の3.0は、復活実現に向けて起爆剤になる可能性があるのだ。
そもそもカタナ3.0は、イタリアの2輪誌「モトチクリスモ」が企画したGSX-S1000Fベースのカスタム車。反響の大きさは、本家のスズキも認知しており、社内が「ザワついている」とか。ごく最近1台のカスタム車から火が着き、市販化の後押しになった例があるが、カタナも同じ経緯を辿る可能性があるだろう(詳細は後述)。
本誌の”初夢”としては、よりデザインが元祖寄りで、走りも最強という路線でお願いしたい。そんなワケで妄想したのが上のCG。マッチョな西洋の両手剣を思わせる3.0に対し、細身で鋭い日本刀チックな元祖をリスペクトした。ベースは最新旗艦のGSX-R1000R。新旧名車の競演だ!

2017年11月のミラノショーに突如、出現したカタナ3.0。現行のGSX-S1000Fをベースとするカスタム車で、ワンオフのアッパーカウルやタンク、シートを搭載。フルLEDの灯火類は型式認証が受けられる完成度で、実走も可能だ。車体には基本的に手を加えておらず、すぐに市販できそう。デザインは、エンジンズエンジニアリング社のロドルフォ・フラスコーリ氏が担当。トライアンフのタイガーなどを手がけた人物だ。

’80年のケルンショーでプロトタイプが展示された初代カタナ(左)。その斬新な姿から「ケルンの衝撃」とまで言われた。基本構成はネイキッドのGSX1100Eとほぼ同じで、カタナ3.0の関係とも似ている。新カタナは順当に行けば、’05 ~’06GSX-R1000譲りの直4を積むGSX-S1000が母体となろうが、本誌としては最新最強のGSX-R1000R(右)ベースを熱望。速くてカッコイイって最高!

新カタナはZ900RSと同じ道を歩む?!

ショーに展示されたワンオフのカスタムがキッカケとなり、市販化されたと思われるケースがカワサキのZ900RSだ。名車中の名車=Z1をオマージュしたカスタム車が’12年のミラノショーで公開。復活の機運が高まり、ご存じの通り正式デビューを果たした。
カタナは、Z1と並び称される名車。そのスタイルを与えたバイクが、同様のプロセスでリリースされる可能性は全くゼロではないだろう。また、カタナは「日本では人気だが、欧州ではさほどでもない」と言われてきたが、3.0によって欧州はもちろん世界中にファンがいることが証明された。

Z1の40周年にあたる’12年、イタリアカワサキが(勝手に?)記念し、現行の水冷Z1000をベースにしたZ1スタイルのカスタム車をミラノで披露した。日本のカワサキ本社は、現地入りするまで「寝耳に水」だったとか。だが、現代のバイクでもエンジンやフレームをイジらずに、外装の着せ替え+マフラー変更でZ1風になることを証明。大きな話題を呼んだ。5年後の’17年秋、東京モーターショーでZ900RSが正式発表。ベース車はZ1000ではなく、’17で登場した新生Z900となった。カスタム車の反響を受け、カワサキがRSのプロジェクトをスタートした可能性がある?

イタリアの2輪誌が企画し、エンジンズエンジニアリングが製作。同社は、バイクのデザイン立案から走行プロトタイプ開発まで手がけるR&D企業だ。スズキの出品車ではないものの、ショー初日のプレスデーで一時、スズキブースに展示。その後、モトチクリスモのブースに移動された。これには様々な事情があるようだが、欧州でもカタナに人気があるのは間違いない。数年後、Z900RSのようにカタナも市販化決定! となればウレシイ。Zの場合も、’12年の段階では大部分の人が正式デビューするとは思っていなかったハズ。今回のカタナ3.0が企画始動の呼び水になって欲しいものだ。

W記念となる2020年がにおう

2020年は節目の年。スズキの創業100周年にあたり、刀プロトタイプから40年目となる。仮に市販するなら最上のタイミングだろう。ちなみに次期経営計画にカタナの姿がある。さらに本誌既報の通り、スズキは欧州で「カタナ」の商標登録を’15年に取得済み。有効期限は’24年末まである。
この反響を後押しに、スズキには「伝家の宝刀」をぜひ抜いて欲しい。――本誌だけではなく、世界中のファンが同じ〝初夢〞を見ているハズだ!

2016年11月のミラノショーで行わたプレスカンファレンスで鈴木社長が2020年に向けた展望を語った時の画面(上)。下は欧州で登録されているカタナの商標、権利はもちろんスズキのものだ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事