マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国内でもカスタムを初公開

新型モンキー125のキタコ改はスピナーパーツに注目

2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催されたモンキーミーティングで展示された。出展者はモンキーカスタムの老舗ブランドであるキタコで、フルチューンエンジンや車体パーツの他、遊び心溢れるアイディアも盛り込まれている。

タイに出展したカスタムがさらに前進

3月末にタイで開催されたバンコクモーターショーでタイにおけるモンキーの正式発表が行われ、新たなカラーバリエーションやカスタムマシンが展示されたのは前記事で紹介した通り。そこでは、日本のキタコも黄色のカラーリングのモンキーでカスタムを初公開し、さらに4月末のモンキーミーティングでも赤色の新たなカスタムマシンを国内初公開した。

タイで発表されたものと国内のモンキー125カスタムを比べると、おおむね方向性は一致しているものの国内版はフルエキゾーストが装着されているなど、より完成度が高められている。さらに、181ccNEOグロムボアアップKITやビッグスロットルキットも装着されていることからパフォーマンスはかなりのレベルが期待できそうだ。

赤が国内、黄色がタイで展示されたキタコのカスタム。マフラーやGクラフト製のスイングアーム、ヘッドライトまわりのガード類など異なる部分も多い。タイ仕様はアップマフラーならではのアンダーガードの装着が目に付く。

ユニークなのはスピナーパーツ

キタコのモンキー125カスタムで新機軸だったのは、シリンダーヘッドサイドカバーとスピナーバーエンドだ。子供に人気のハンドスピナーのように回転するようになっているのだ。エンジンの動力などを使用する訳ではなく、外からの働きかけでくるくる回る構造となっており、通常のパーツよりも複雑で部品点数は多くなるだろう。もちろん回転することの機能的なメリットはなく、意味は面白さ。だが、モンキーカスタムにおいてはそれがある意味最も重要なポイントなのだ。

ヘッド左横についているのがシリンダーヘッドサイドカバーで、赤に加工されたパーツがくるくる回転する。アップの写真ではベアリングが確認できるのでまさにハンドスピナーと同じ構造だ。下段右のバーエンドも同じようにベアリングで回転するようになっており、信号待ちで思わず回してしまいそうだ。ともに試作品で価格も未定だ。

製品化確定パーツも多数あり

キタコのモンキー125カスタムの特徴となっているSWORDダウンマフラー(4万8000円)やリアショック(5800円)、カスタムシート(1万6000円)、グラブバー(1万2000円)、Rサイドカバー(1万2000円)などはすでに価格も確定しているもの。モンキー125の発売は7月12日と少し先だが、今からカスタム計画を立てるのもいいだろう。

エンジンのチューニングパーツはグロム用を装着しており、適合テストが済めばモンキー用としても発売されるだろう。ヘッドライトガードやダウンフェンダーステー、フェンダーレスキットは試作品だが、反響次第で発売される可能性はあるという。ちなみに右下のビッグフットは6400円で発売だ。

ニュース提供:キタコ
撮影:真弓悟史(モンキーミーティング)
「新型モンキー125のタケガワ181cc改が初公開」記事はこちら
「2018新型モンキー125は約40万円~で7/12発売」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018