4月29日のモンキーミーティングで

新型モンキー125のタケガワ181cc改が初公開

2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催されたモンキーミーティングで展示された。出展者はモンキーカスタムの雄として有名なスペシャルパーツ武川で、181ccエンジンなどハイパフォーマンスチューンが施されている。

タイでも展示されなかった最強モンキー

3月末にタイで開催されたバンコクモーターショーでタイにおけるモンキーの正式発表が行われ、新たなカラーバリエーションやカスタムマシンが展示されたのは前記事で紹介した通り。そこでは、日本のキタコなども出展していたがSP武川のマシンはなかった。しかし、モンキーカスタム界の雄であるSP武川が何も開発していないハズがなく、4月29日にモンキーミーティングで初公開される運びとなったのだ。

公開されたマシンはSP武川らしくハイパフォーマンス系。50のモンキーでもDOHC4バルブのデスモドロミックヘッドを作ってしまうメーカーだけあって特にエンジンに力が入れられている。基本的にグロムとモンキー125のエンジンは同系なので、SP武川がこれまで開発してきたパーツがフル投入され、排気量は181ccに拡大。それに伴いビッグスロットルボディーキットとインジェクションコントローラー、ベーシックマフラーで吸排気を整えている。

硬派なSP武川がモンキー125をカスタムするとやはりこうなる。5速クロスミッションにスペシャルクラッチキットで乾式化された右のカバーはいかにも速そうな見た目に。4バルブのスーパーヘッド+Rボアップキットで排気量は181ccとなり、4フィンのオイルクーラーキットで熱対策を行う。ちなみに燃料はハイオク指定になる。

リヤショックはアジャスタブルに

足まわりは車高、減衰力、プリロード調整が可能なリヤショックとアルミスイングアームを装着してこちらも強化。ノーマルのフカフカだったシートは腰のあるタックロールシート+グラブバーでやはり硬派な仕上がりに。また、ノーマルでは右側にアップマフラーが装着されていたのをダウンタイプとしたことで空いたスペースにR.サイドカバーをABS樹脂製で製作した。サイドカバーの形状はノーマルに準じているので、マシンに溶け込んで自然な外観に仕上げることができる。尚、R.サイドカバーはブラック、カーボンプリント、メッキフィルムの3種類で発売される予定だ。

アルミ削り出しアルマイト仕上げの4ポジションスバックテップキットはブレーキホースが付属している。アルミスイングアームとアルミチェーンガードはバフ研磨仕上げでピカピカ。グラブバーはクロムメッキが施されている。

電気系も充実、タコメーターも追加

SP武川の新型モンキー125カスタムは、各部に削り出しパーツや灯火類まで投入し、現時点での最高レベルの完成度と言っていいだろう。SP武川の得意とするメーター類もモンキー125のためにアナログ式タコメーターを用意し、ハンドルクランプ部分にはコンパクトLEDサーモメーターキットを装着した。ウインカーはレンズ色をスモークとし、LEDフォグランプキットでハンドルまわりの迫力がアップしている。

コックピットにはタコメーターが追加され一気にレーシーな雰囲気に。実はダウンフェンダー化されており、フォークブラケットとフェンダー固定ステーはアルミ削り出しのアルマイト仕上げとなっている。フォグランプはハンドル左側にオフセットして装着された。


撮影:真弓悟史
ニュース提供:スペシャルパーツ武川
「新型モンキー125のキタコ改はスピナーパーツに注目」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事