日米連合 vs アップル vs 独BOSCH

バイクでもコネクテッドの覇権争い勃発?!

クルマ/バイクの車載システム(メーターやナビなど)とスマートフォンを接続し、スマホアプリの操作を可能とするための各規格がバイクにも本格的に進出を開始。東京モーターショーでもアップルの「CarPlay」を採用した新型ゴールドウイングや、ボッシュの「mySPIN」を搭載するBMW R1200GSなどを見ることができる。そんな中、同じくスマホの接続規格である「スマートデバイスリンク(SDL)」の管理団体である「スマートデバイスリンク コンソーシアム(SDLC)」が、日本での普及活動を担う「SDLC日本分科会」を設立。これを機に、加盟11社による共同記者会見が東京モーターショー会場で行われた。

スマホ接続規格の「綱引き」が始まる?

会見に参加したのは2/4輪メーカー9社(トヨタ、日産、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ、ヤマハ、カワサキ)に加え、車載システムサプライヤーのパナソニックと、アプリ開発を担当するLINEの計11社で、日本市場向けのSDL機能を搭載した車両/車載機を‘18年に発売し、対応アプリの配布もスタートさせる予定だ。

「スマートデバイスリンク(SDL)」は、スマホと車載機器を接続するためのオープンソース(=公開され、誰もが扱えるソフトウエア)。他にフォードやプジョー/シトロエンも加盟している。

会見はSDLの重要性などに触れる、SDLC日本分科会としての所信表明的な内容で、これといって具体的な商品展開や解説に言及するメーカーはなかった。とはいえ、スマホと車載機を接続するシステムは既にボッシュが「mySPIN」の名称で製品化しており、ゴールドウイングもアップルのCarPlayを搭載してきたのは先述したとおり。SDLも数年前からフォードなどが中心に採用を広げている。今回の記者会見は、日系メーカーはSDLを共通インフラに使っていくという、その「意思表示」だと捉えてもいいだろう。

【上:BMW R1200GS 東京モーターショーボッシュブース展示車両】2018年モデルのR1200GSのオプションに設定されたmySPIN。現在のところ国内販売車両には導入される予定はなさそう。ちなみにmySPINはiPhoneもアンドロイドにも対応している。下の写真はmySPINのイメージ。スマホアプリがあれば運転に必要なことは賄えてしまうということが表現されている。

SDL対応のバイクはいつ出てくる?

スマートデバイスリンク コンソーシアムに参加したバイクメーカーはスズキ(4輪含む)、ヤマハ、カワサキの3メーカー。そのうちヤマハは、2018年型スターベンチャーに「インフォテインメント(情報と娯楽の両方の提供を行う車載システムの総称)」を搭載し、地図やナビ、音楽、SMS、電話などの操作がバイク上で行えるようになっている。それが今回のSDLと関係あるかは現在のところ不明だが、SDL対応に近いモデルをリリースしたと言える状況だ。

さらにカワサキは2016年8月に「AI(人工知能)を活用したモーターサイクルの開発に着手」を発表しており、この東京モーターショーでそのモデルとなるコネクテッドモーターサイクル「J」の発展版を発表したばかり。しかし、これはスマホアプリをバイクで操作するというレベルを超越しており、SDLはもっと近い将来での動きと考えられる。期待したいのは11月7日に発表予定のスーパーチャージャー搭載のツアラーマシンだが、果たして!?

ライダーも当然繋がりたいはずだと述べるヤマハ発動機の取締役上席執行役員・島本誠氏。「防水性やスペースなどの問題から、2輪は4輪よりもハードの提供が遅れている。そうした難しさを解決するためにもSDLCに参加し、4輪メーカーさんのノウハウも教えていただきながら開発を進めたい」

「“つながる”というのはカワサキが苦手とする分野だが、当社が提唱する“ライディオロジー”はあらゆる分野に果敢に挑戦していくフィロソフィー。今後、利便性の高いアプリやサービスを提供していきたい」と語る川崎重工業の執行役員・堀内勇二氏。

SDLを今後、日本市場におけるスマホと車載機器接続の共通規格とすべく活動していくSDLC日本分科会。加盟メーカーは今後増えていく予定だという。ホンダが加盟していないのは、フォードではなくGMとの関係が深いからか? トヨタ連合とは距離を置いているためか?

 

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事