2023 EWC最終戦 ボルドール24時間、9月16日(土)〜17日(日)に開催!

  • BRAND POST[PR]: TSR
2023 EWC最終戦 ボルドール24時間|F.C.C.TSR Honda France

9月16日(土)〜17日(日)にかけて開催される、EWC最終戦 ボルドール24時間。F.C.C.TSR Honda Franceはシリーズチャンピオン2連覇を賭け、このレースに臨む。

●BRAND POST提供:TSR/TECHNICAL SPORTS RACING

全長1.8kmの“ミストラル”がある、ポールリカールでの24時間レース

2022年に100周年を迎えた“ボルドール”は、2023年、ポールリカールサーキットで開催される30回目の大会となる。全長5.673kmは現シリーズのカレンダーで3番目に長く、その約3分の1にならんとする堂々1.8kmのミストラルストレートが鎮座する。このミストラルストレートは300km/h以上のトップスピードで20秒近く走行する、マシンに大きな負担がかかるセクションだ。

EWC最終戦 ボルドール24時間|F.C.C.TSR Honda France

このストレートは“(エンジンに)負担をかけないようにセットアップする”必要があったり、“オーバーテイクしやすい場所だから、スリップストリームを使えばこのストレートで勝つこともできる”と考えるライダーもいる。一方、ライダーにとっては“休息と息抜き”の時間であるとともに、“気温のチェック”など、他の様々なデータを取ることに集中できるという考え方もある。

EWC最終戦 ボルドール24時間|F.C.C.TSR Honda France

いずれにしても、マシンにも、これらのパフォーマンスを演じるライダーにとっても負担の大きなコースであることは間違いない。F.C.C. TSR Honda Franceでは万全を期すため、グリーンライダーとして大久保光を起用。ピットワークの正確性向上とさらなる時間短縮化を図るための準備も整え、万全の体制で今季最後の24時間レース、シリーズチャンピオン2連覇を賭けたボルドールに挑む。今季はHondaのマニュファクチャラーズタイトルもかかっており、文字通り最終戦ボルドールで大一番に臨む。

【ボルドール24時間】
❖エントリーリスト
❖タイムテーブル
❖ポール・リカール・サーキットコースレイアウト

【EWCのポイントシステム】
2023年FIM耐久世界選手権(チームおよびマニュファクチャラー)チャンピオンを決めるのが、今回のボルドール24時間レース。シリーズ最終戦であり、ボルドールのレースポイントは1.5倍されて、1位から20位までのEWCおよびSSTカテゴリーのチームに与えられる。

1位=60pt/2位=49.5pt/以下(3)42 – (4)36 – (5)31.5 – (6)28.5 – (7)25.5 – (8)22.5 – (9)19.5 – (10)16.5 – (11)15 – (12)13.5 – (13)12 – (14)10.5 – (15)9 – (16)7.5 – (17)6 – (18)4.5 – (19)3 – (20)1.5
❖Point System_2023_Bold’Or・Point_Standing

【コメント:アラン・テシェ】
「ボルドールで優勝したことはないし、表彰台に上ったこともない。でも、このレースはとても好きだし、優勝してチャンピオンになることが今年最大のモチベーションなんだ。このコースからそれほど遠くないところで生まれた地元でもあるし。ここはフィジカルなサーキットではないけれど、とても速いサーキットだから、ミスをすれば大きな問題になることもある。だから、レースではそこをしっかりコントロールして、ミスなく最大限の目標を達成したいね」

【コメント:マイク・ディ・メリオ】
「シーズンを通してフィーリングはいいし、来シーズンも1位(#1)をキープできると確信している。でも僕はもう35歳だから、キャリアの終わりに近づいているとも思う。いい形でキャリアを終えて、ホンダとチームにさらに多くのタイトルを贈りたい。ただ、これ以上自分にプレッシャーをかけるつもりはないんだ。だからボルドールを前にして、レースで勝つことがもっとも重要なことではないと思っている。2022年はレースで勝てなかったが、ワールドチャンピオンになった。最終的にワールドチャンピオンになれるなら、素晴らしいレースをすることを犠牲にすることもある。これはもっとも重要なことだし、チャンピオンを獲得するということはそういうことなんだ」

コメント:大久保光】
「EWCボルドール24時間レースでF.C.C. TSR Honda Franceに参加できて、本当にうれしい。夢のようだよ。このチームのバイクに乗ったことはないけれど、このチームが本当に良いことは知っているし、もちろんバイクも良いこともね。チームとともにベストを尽くすよ」


※本記事はTSR/TECHNICAL SPORTS RACINGが提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。