シュアラスター「バイクシャンプー」で洗車テスト【バイク専用! コレ1本で泥も油もオールOK】

  • 2021/08/13
  • 【BRAND POST】シュアラスター
シュアラスター「バイクシャンプー」で洗車テスト

カーワックス等でおなじみシュアラスターの2輪ケミカルシリーズから、バイク専用設計で使い勝手の良い「バイクシャンプー」が登場。早速泥だらけのマシンの洗車に使ってみることにした。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:奥隅圭之 ●BRAND POST提供:シュアラスター

どんな場所にも気兼ねなく使えて、愛車をキレイに保つ

大きなボディで覆われたクルマと違い、バイクの洗車はなにかと気を遣うものだ。剥き出しのエンジンに電装パーツ、ゴムのタイヤもあればブレーキパーツも露出している。ボディの塗装ひとつとっても、地が金属だったりプラスチックだったり。慣れないうちはどうやって洗い分けたらいいのか悩むことも多い。

そんなバイク洗車に便利なのが、シュアラスターの2輪ケミカルシリーズ「バイクシャンプー」。バイク専用として開発された使い勝手の良さがなによりの特徴だ。

シュアラスター バイクシャンプー
[写真タップで拡大]

【シュアラスター バイクシャンプー】●種類/形式:水溶性/スプレータイプ ●内容量:400ml ●成分:両性界面活性剤 陰イオン系界面活性剤 防錆剤 ●液性:弱アルカリ性 ●全ボディカラーに対応 ●参考価格:1320円

プラスチック/エンジンまわりのアルミ/足まわりのスチール部品と、バイクのすべての部位に安心して使え、塗装色もガンメタ系から白系までオールOK。薬液にコンパウンド(研磨剤)が入っていないので、無用に塗装面をキズつける心配もない。つまり、フルカウルもネイキッドモデルもバイクシャンプーが1本あれば、何も考えることなく簡単に洗い上げることが可能なのだ。

実際に使ってみると、やはりその使い勝手の良さが際立っている。第一に、希釈不要で別途バケツを用意する必要がないのがいい。シャワーで大きな汚れを流したら直接スプレーして洗車を開始。ちょうどよいサイズの専用スポンジも付属しているので、水さえ確保できれば、どこででも愛車の洗車が始められるのがいい。なお撮影の際は分かりやすいように素手で作業をしているが、手荒れを防ぐために手袋の着用をおすすめする。

しかもこのシャンプー、成分に浸透性アルカリビルダーが配合され、油汚れに強い。バイクシャンプー1本で洗車はバッチリである。専用スポンジ付きの400ml入りで、コスパもよいので非常に使いやすい。

使い方は5ステップ

使い方は簡単。バイクに水をかけてエンジンやマフラーなどを冷ましながら、砂や泥汚れなどをざっと洗い流したら、バイクシャンプーを直接吹きかけて、スポンジ洗いしてよく流すだけだ。

シュアラスター バイクシャンプー|希釈用バケツ不要
[写真タップで拡大]

希釈不要なので、別途バケツを用意する必要ナシ!

[1] 水洗い

シュアラスター バイクシャンプー|水洗い

[写真タップで拡大]

[2] 全体にスプレー

シュアラスター バイクシャンプー|全体にスプレー

[写真タップで拡大]

[3] 付属のスポンジで洗う

シュアラスター バイクシャンプー|スポンジ洗浄

[写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|スポンジ洗浄
シュアラスター バイクシャンプー|スポンジ洗浄

[写真タップで拡大]

[4] よく洗い流す

シュアラスター バイクシャンプー|洗い流し

[写真タップで拡大]

[5] 水分をよく拭き取る

シュアラスター バイクシャンプー|水分拭き取り

[写真タップで拡大]

洗車ビフォア/アフター

シュアラスター バイクシャンプー|ビフォア

ビフォア [写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|アフター

アフター [写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|ビフォア

ビフォア [写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|アフター

アフター [写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|ビフォア

ビフォア [写真タップで拡大]

シュアラスター バイクシャンプー|アフター

アフター [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報