第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

投票者の36.7%が支持し”クイーン”の称号獲得

ドゥカティ ストリートファイターV4=最も美しいバイク in EICMA 2019(ミラノショー)

  • 2019/11/12
DUCATI STREET FIGHTER V4

前年を上回る50万人以上の来場者数を記録し、モーターサイクル業界に明るい兆しをもたらした2019年ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)。会場を訪れた来場者とオンラインによる人気投票で、ドゥカティのストリートファイターV4が「Most Beautiful Bike of the Show」(EICMA 2019で最も美しいバイク)の栄冠に輝いた。

この投票は、イタリアのバイク雑誌『Motociclismo』がEICMAと共同で開催し、ショーで最も美しいバイクに投票するコンテストで、今年で15回目。今回はEICMAの来場者および『Motociclismo』ウェブサイトから、合計で14,500人以上のモーターサイクル・ファンがお気に入りのバイクに票を投じた。その結果、2位のモーターサイクルを大きく引き離す得票率36.7%にて、ドゥカティの新型スーパーネイキッド「ストリートファイターV4」が1位の「クィーン」を獲得。ドゥカティとして通算11回目の受賞となった。

DUCATI STREET FIGHTER V4

ショー最終日の11月10日、EICMAのフィナーレを飾るイベントとして行われた授賞式では、ドゥカティ・デザイン・センターのディレクター、アンドレア・フェラレージ氏がトロフィーを受け取った。「このアワードを受賞することができて光栄に思います。世界で最も重要なモーターサイクルショーであるEICMAには、参加した全メーカーのフラッグシップ・モデルが集結しました。この中から、来場者によってストリートファイターV4が最も美しいバイクに選ばれました」

DUCATI STREET FIGHTER V4DUCATI STREET FIGHTER V4DUCATI STREET FIGHTER V4DUCATI STREET FIGHTER V4

今回のEICMAドゥカティブースにおいて最も注目を集めたスーパーネイキッド「ストリートファイターV4」は、高くワイドなハンドルバーが特徴的で、重量178kg・208psを発生する1103ccのデスモセディチ・ストラダーレ・エンジン、”バイプレイン”ウィングや最新世代のエレクトロニクス・パッケージを搭載。「Fight Formula(戦うための方程式)」というコンセプトの下で、アグレッシブかつエキサイティング、きわめて現代的なデザインを纏っている。

ブースにはその他にも、新型2機種「パニガーレV2」「パニガーレV4」や、2020年モデルの5機種「ムルティストラーダ1260 Sグランド・ツアー」「ディアベル1260」「ディアベル1260 S」「モンスター1200 S」「スクランブラー・アイコン・ダーク」、さらにはコンセプトモデル「スクランブラー・デザートX」「スクランブラー・モタード・コンセプト」、Thokと共同開発した3台のE-bike「MIG-RR リミテッド・エディション」「MIG-S」「E-Scrambler」が発表/展示された。

DUCATI STREET FIGHTER V4 DUCATI STREET FIGHTER V4

※情報提供:ドゥカティ

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る