“ヨンフォア”はサイドカバーとタンデムステップで見分ける!

【絶版名車の見分け方】ホンダ ドリーム CB400FOURは408→398でなにがちがう?

歴史を紡いだ名車の数々。でも、古すぎたり年式が多かったりして、仕様の違いや特徴がよく分からないなんてことも。それをなるべく簡単に判別できる方法を紹介していく。1974年に初登場したホンダCB400フォアは、初代とそれ以降でなにが違うのか?

実は大型二輪の408cc! 初代はコンチハンのみで37馬力

ご存じ初代モデルは全車408ccのために発売翌年に導入された中型免許では乗車不可。そのため’90年代前半頃まで中古市場で398cc版の方が人気ということも多かった。パワースペックでは1ps&0.1kg-mしか差はなかったし、何より限定解除が難しかったのだ。

【HONDA DREAM CB400FOUR 1974】●当時新車価格:32万7000円 ●色:赤、青、黄

純正に集合マフラーはまだ目新しかったスタイル

当時、集合マフラーはスポーティな要素として大きなセールスポイントとなったひとつ。直4を自己主張するエキパイ取り回しは今見ても「カッチョええ〜」と溜息が出る。
キーワードは“風”でした!

当時のヨンフォアの注目ポイントはコレだ!

・コンチ風ハンドルがついている
・集合マフラーがついている
・ステップが後退したこと

集合マフラーのほかにもビビッドな原色ソリッドのタンク塗装や、リンク式チェンジペダルを持ちバックぎみのステップが、約40年前の当時としては目新しかった。ひと言で言うと、他車と比べて垢抜けていた。

実は原色ソリッドは斬新だった。
編集部に残されていた当時のイラスト付きメモ(?)。

見た目がおじさんっぽかったCB350FOURが、外装換装でヨンフォアに化ける!?

ヨンフォアには前身となるCB350FOURがあった。しかし、スタイルも乗り味も地味〜な感じで当時の人気はさっぱり……。しかし、フレームはほぼ共通なので、この車両にヨンフォアの外装を載せ変えた通称“バケヨン”ができると知れるとマニアたちに重宝された。

これが398ccだ! [HONDA DREAM CB400FOUR-I&II]

’75年に改正された免許制度に合わせた398cc版は国内仕様のみで、36ps&3.1kg-mへわずかにパワーダウン。セミフラットハンドル(コンチハン)のIとアップハンのIIの2タイプが併売された。アップハンモデルのIIは国内では398ccのみ。現代のCB1100などで2タイプのハンドル仕様が設定されるのは、もうこの頃から行われてきた由緒あるホンダ伝統のひとつと言える……かもしれない。

【HONDA DREAM CB400FOUR-I 1976】ぱっと見で分かるのはホーンの取り付け向きの変更のほか、サイドカバーの色。408ccはタンク同色だが、398ccではブラックに変更。当時リリースによるとこれで“精悍さを増しました”だそう。
【HONDA DREAM CB400FOUR-II 1976】コンチハンのIは、低く構えたスポーティなライディングフォームを楽しめるのに対し、IIは上半身がスっと伸びた王道スタイルでツーリングがラクなのだ。

マニアなら分かる?“豆知識”

398にはさらにIとIIともに前期・後期版がある。具体的にはフレーム番号1005481以前とそれ以降で分かれ、後期版はトップブリッジのステム取り付け穴が若干厚みを増し、それに伴いステムシャフトも延長されている。

初代と比べて判別するポイントは“タンデムステップ”

国内408ccと398ccではタンデムステップの取り付け方法が違う。398ccは写真のように一般的なフレームマウントなのに対し、国内408ccはスイングアーム上にマウント。ただ輸出用408ccには398ccと同じものもある。

4気筒は高価だが特別感満載だった

当時のヤングマシン本誌によると、ライバルは単気筒のドゥカティ450デスモ、4ストパラツインの400RS、2ストパラ3の400SS。直4のヨンフォアはやっぱり貴重な存在だったのだ。

398ccバージョンは生産わずか1年

“ヨンフォア”の通称で知られるホンダのドリームCB400FOUR。そもそも何故このバイクが伝説化したかと言うと、当時の400クラスに直4が他に無かったうえに’75年の 免許制度改正による中型限定の導入が追い討ちをかけた。当時のナウでヤングなライダーたちの多くが直4に乗るには398cc版のヨンフォアしかなくなってしまった。しかも決定的だったのは、ホンダ自体がコスト高を抑えきれずに398cc版をわずか1年で生産終了し、2気筒のホークIIに移行してしまったのだ。

さて、国内仕様と輸出仕様がある408cc版と国内のみしかない398cc版の見分け方は前述のとおりだが、車体番号が「CB400F-」&エンジン番号「CB400FE-」のものが408cc、車体番号「CB400-」&エンジン番号「CB400E-」のものが398ccとなっている。レストアでパーツがスワップされた個体も多いので、注意深く見ていくと新発見があるかもしれないぞ。

今も人気の懐かしい逸品

「当時モノ」のカスタムパーツが付いた車両のプレミアム性はさらに倍増。ちなみに高くて買えない場合、ハヤシのキャストホイールは復刻版が、ヨシムラは機械曲げではあるもののサイクロンマフラーが現在も新品で購入可能だったりするのだ。

ハヤシレーシングのホイールは復刻盤も発売された。
サイクロンマフラーも機械曲げが新品で購入可能!(2016年当時)

※当記事はヤングマシン2016年8月号より復刻

関連する記事/リンク

関連記事

昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以前、中型黎明期のヒット作を紹介する。’80年10月(昭和50年)、中免誕生とともに国産各社は中型のラインナッ[…]

CB400FOUR
関連記事

2018年7月16日と9月24日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念という[…]

DREAM CB400FOUR
WEBヤングマシン|最新バイク情報