第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

2019年秋に受注開始予定

カワサキZ1/Z2のリプロ版シリンダーヘッド試作品が公開

  • 2019/7/29

カワサキが誇る歴史的名車・Z1/Z2。Z1は世界で累計10数万台以上を販売、Z2は国内で累計2万台以上を販売し、ともにカワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデルとなったのはご存知の通りだ。2019年3月、この歴史的名車のシリンダーヘッド再生産がカワサキよりアナウンスされたが、秋の受注開始を前に試作品が公開された。

エキパイ取り付け用のスタッドボルトはM8を採用

カワサキのZ1/Z2と言えば、1972年秋から1975年まで販売された元祖モデルを指した名称で、Z1、Z1A、Z1B、Z2、Z2A、Z2A後期と呼ばれるモデルがそれにあたる。空冷4気筒Zシリーズの中で最もプレミアム性が高く、高値で取引されている年式だ。この度、カワサキによって再生産されることが決まったシリンダーヘッドは、これら元祖モデルだけでなく、後期型と呼ばれるZ750FOURやZ900、Z1000まで適合することが発表されている。

そこで気になるのは排気管取り付け用のスタッドボルト径で、これはM6とM8が混在しているが、後期型のM8を採用することが明らかになった。理由としては、M6で折損するケースが見られることに対する対応だと思われる。以下で写真掲載している主要な適合車種を見ても分かる通り、全て丸ヘッドのモデルで、Z1000Mk.IIを始めとする1979年以降の角ヘッドのエンジンには対応していない。

【900 Super4 Z1 1973年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-011/11002-012 シリンダーヘッド色:黒

【900 Super4 Z1-A 1974年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-016-2H シリンダーヘッド色:銀

【900Z1 Z1-B 1975年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-016-2H シリンダーヘッド色:銀

【750RS Z2 1973年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-012 シリンダーヘッド色:黒

【750RS Z2-A 1974年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-012 シリンダーヘッド色:黒

【750RS Z2-A 1975年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-012 シリンダーヘッド色:黒

【Z900 Z900-A4 1976年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-016-2H シリンダーヘッド色:銀

【Z1000 Z1000-A1 1977年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M8 シリンダーヘッド品番:11002-024-2H シリンダーヘッド色:銀

【Z1000 Z1000-A2 1978年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M8 シリンダーヘッド品番:11002-024-2H シリンダーヘッド色:銀

【Z1-R Z1000-D1 1978年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M8 シリンダーヘッド品番:11002-024-21/11002-1011-21 シリンダーヘッド色:黒

【Z750FOUR Z750-A4 1976年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M6 シリンダーヘッド品番:11002-016-2H シリンダーヘッド色:黒

【Z750FOUR Z750-A5 1976~77年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M8 シリンダーヘッド品番:11002-024-21 シリンダーヘッド色:黒

【Z750FOUR Z750-D1 1977年式】エキゾーストパイプホルダ用スタッドボルト径:M8 シリンダーヘッド品番:11002-024-21/11002-1011-21 シリンダーヘッド色:黒

「低圧鋳造法」と呼ばれる工法も公開

Z1/Z2のシリンダーヘッドは、薄肉かつ中空構造を持つ設計に適した「低圧鋳造法」と呼ばれる工法が採用されており、その鋳造工程も一部公開された。トップに写真掲載した試作品のシリンダーヘッドは、まだ砂中子が残っており、ところどころバリも確認できる素材の状態。それでも名機が持つ独特の機能美が感じられるものとなっている。また、アルミの風合いも捨てがたいが、Zのエンジンは年式や機種によって黒く塗装されており、これも従来にはない試みで、いかにエポックメイキングだったかが伺える。

【砂中子とバルブシートをセット】ポートのような中空形状やその他形状は、砂中子と呼ばれる砂で成形された部品を金型にセットし、鋳造した後に除去することで形作られる。写真は、茶色に見える砂中子をバルブシートの金型にセットしている様子。

【型締め】セッティングが完了したら金型を閉じる。この「型締め」という作業が終わり次第、金型内にアルミ溶湯を流し込んでいく。

Z1のカタログより。シリンダーヘッド以外の部品については、今回の再生産プロジェクトに対するユーザーの声などにより検討するという。今後の動向にも注目したい。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)