~宮城県道・山形県道12号白石上山線 蔵王エコーライン~

【バイクで巡るニッポン絶景道】深緑・紅葉・雪の壁……蔵王エコーライン[宮城県]#モトツー

  • 2019/7/5

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第31回は、国道286や山形自動車道を避けた裏道的な存在の山岳ワインディングロード、蔵王エコーラインを紹介する。

TEXT:Hidetoshi KANDA

深緑・紅葉・雪の壁……季節ごとに様々な風景を楽しめるパノラマロード

全線約26km。蔵王温泉と白石市をつなぐ山岳ワインディングルートだ。連絡路として観点からであれば、国道286号及び山形自動車道の方が早いが、裏道的存在としても有効なルート。観光シーズンを外れた時期であれば、国道より気持ち良く走行できる場合もある。

険しい山腹をトラバースするルートの為、タイトコーナ―が非常に多い。全線ほぼタイトコーナーと呼んでも過言でない程、直線区間の少ないルート。初心者にとっては少々辛いコースレイアウトかもしれない。とは言え、コーナーリングこそバイクの醍醐味!信号は皆無で全線2車線の為、走り応えは抜群だ。

しかし、山間部の為、付近は屈指の豪雪地帯。スキー場も点在し、除雪作業時の路面の痛みが多少目立つ。アスファルトの割れや、浮き砂もある為、特にコーナーでの無理は絶対禁物。路肩が狭く、コーナー出口の見通しが悪い為、観光客の駐停車両にも注意が必要。道路線形的に少々注意点の多いルートである事を肝に命じた走行を心掛けたい。

樹木の影響もあり、全線を通じて展望が開ける訳ではない。しかし、山脈を見渡すピークポイントでの展望は大変見事だ。また、途中で分岐する蔵王ハイラインは2.5kmのショートコースながら、蔵王のシンボルである旧噴火口「お釜」へのアクセスルート。有料(380円)ながら、火山地形独特のワイルドさが広がる、異世界感抜群の雰囲気は必見だ。しかし、初春の雪壁・夏の深緑・秋の紅葉と、季節を通じて変化する多彩な景色は蔵王エコーラインならではの魅力。特に、初春の雪壁の景色は八幡平アスピーテラインと共に、日本を代表する“雪壁道”として絶大な人気を誇っている。また、樹木に囲まれている為、紅葉も見事。ハイシーズンになると紅葉狩りの車列で渋滞する程の人気だ。

しかし、この地域は大変雪深い。11月前半~4月後半は冬季通行止めの時期。何と、通行できるのは1年の約半分しかなく、ある意味貴重なルート。上手くルーティングすれば、山形方面との連絡路としても活用できる為、山形~宮城を周遊するメインルートとしても使える。バイクの楽しさを存分に味わえるこのルート。東北では外せない定番の絶景ロードだが。ぜひ一度は走っておこう!

ワインディング区間が極めて多く、バイクで走るには絶好のルートだ。しかし、路肩が大変狭い(ほぼ、無い)為、駐停車位置には細心の注意が必要だ。

蔵王ハイラインは周辺では屈指の紅葉スポット。ハイシーズンには渋滞が発生する程の人気ポイントだ。路肩部は落葉が多く、スリップのリスクがある為、真ん中の走行がベターだ。

初春に見られる蔵王の雪壁は、日本屈指の人気を誇る。もちろんバイクでも安心して走行可能。雪国ならではの圧巻の風景。ぜひ一度走っておきたい道だ。

蔵王ハイラインは約2.5kmのショートルートだが、あの“蔵王のお釜”へのアクセス路。短いながら中々豪快な風景が魅力だ。料金は380円、霧が出やすいので天候急変にも備えておこう。

四季や天候に応じて様々な色彩を見せる事から、別名“五色沼”とも呼ばれる蔵王のお釜。実は火口湖で、1182年の噴火にて誕生した。蔵王ハイラインを利用して気軽に訪れる事ができる。

蔵王エコーラインのピーク標高は1250m。極端に標高が高い訳ではないが、十分な山岳地帯だ。天候急変も多く、特に霧の発生には注意。下界が晴れていても視界が全く開けない事がある。

ロード情報

交通量:全国的に有名な絶景ロードだけあり、比較的多め。特に紅葉時期の連休時は、区間によるが渋滞まで発生する。ただし、山形県側が混む事は殆ど無い。

路面:比較的幅広で線形も良好だが、積雪地帯の為、意外と路面の荒れが目立つ。特にスキー場付近では大き目の段差が生じている場合もあり、注意が必要。

~蔵王エコーライン~
秘境感★★★★
天空感★★★
潮風感
爽快感★★★★
根性感★★★
開放感★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。