第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

週末の冒険にピッタリの400Xも

【ホンダ品質】合志技研工業が4本出しマフラーのCBカフェを展示

  • 2019/6/5

2019春のモーターサイクルショーに登場した最新カスタムパーツをご紹介! 現行唯一の空冷直4エンジンを搭載するCB1100シリーズには、参考出品ながら新たなスタイルが提案されている。また、流行のバイク×キャンプを意識したカスタムが施された400Xも登場した。

GOSHI CB1100WX:品質はホンダ純正

全日本選手権や鈴鹿8耐などでも活躍し、近年その存在感を高めているホンダの有力サプライヤー、合志技研工業。その高いアルミ成形技術と排気系メーカーとしての技術力をもっと一般にも知ってもらうために製作したのが写真のCB1100EXカスタム。カフェレーサースタイルを際立たせる4本出しのマフラーやヘアライン&アルマイト加工が美しいタンクやサイドカバーなど各パーツは、残念ながら市販予定なしとのことだが、マシンを見て「欲しい!」と思ったギャラリーも多かったはずだ。

GOSHI CB1100EX

【主要装着パーツリスト】■ハンドメイド4本出しフルエキゾースト:参考出品■ハンドメイド・チタンローハンドル:参考出品■ハンドメイド・アルミタンク:参考出品■ハンドメイド・アルミサイドカバー:参考出品

HONDA CB1100EX

こちらがノーマル状態のCB1100EX。メッキのエキゾーストパイプに左右2本出しマフラーとなっている。

GOSHI CB1100EX

ノーマルから90mm低く設定したカフェレーサーハンドルバーはチタン製。量産で培った技術を生かし、繋ぎ溶接でR形状を再現している。

GOSHI CB1100EX

マフラーを小型化するために4本出しにすることでノーマルと内部容量を統一。エキパイ取り回しからすべて新規のステンレス製だ。

GOSHI CB1100EX

ノーマルから幅を90mmスリムにし、エンジンの大きさを強調させたタンクは、アルミの深絞り技術と魅せる溶接ビードのPRが狙いだ。

GOSHI CB1100EX

ノーマルでは樹脂製だったサイドカバーもアルミで製作。クラシックな印象を与えるためにA/Cカバーと一体化して統一感を持たせた。

ホンダドリーム 400X:積載性と走りを強化、週末の冒険にピッタリだ

F19インチなどで魅力を増した新型400Xを「WEEKEND ADVENTURE」のコンセプトでカスタム。GIVI製の防水バッグをエンジンガードとリヤに装着したほか、キャリアで積載性を大幅に強化した。さらにホンダ純正のLEDフォグランプやナックルガードでドレスアップも万全。走行性能は、ワイバン製チタン×カーボンマフラーで磨きをかけている。

【主要装着パーツリスト】 ■GIVI T513防水エンジンガードバッグ(左右セット):1万7280円■GIVI GRT708防水サイドバッグ15ℓ(左右セット):3万780円■HONDA LEDフォグランプ(3万9960円)■同 ナックルガード(1万4040円)■DAYTONA マルチウイングキャリア:1万8900円

スポーティさを高めるアールズギア製ワイバンのフルエキは新作。大幅な軽量化と迫力のサウンドが魅力で、もちろん車検対応品だ。価格未定。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)