世界初公開の「ADIVA AD-4(2輪)」と3輪EVが2台、計3台

イタリア共和国建国記念レセプションにADIVAが電動バイク3台を出展

  • 2019/5/29

2019年5月30日に東京都港区のイタリア大使館で開催される「イタリア共和国建国記念レセプション」にて、アディバ(ADIVA)が世界初公開の2輪EV「ADIVA AD-4」および、3輪EV「ADIVA AD-Cargo」「ADIVA AD-1」の計3台を出展することがわかった。

イタリア共和国の建国は1946年6月2日

2輪および3輪スクーターを拡張した屋根付きモビリティで知られるADIVAが、同社の本国であるイタリアの「イタリア共和国建国記念レセプション(2019年5月30日)」において、世界初公開となる2輪EV「ADIVA AD-4」および、3輪EV「ADIVA AD-Cargo」「ADIVA AD-1」の計3台を出展する。

イタリア建国記念日とは、1946年6月2日に、王制であったイタリアが国民投票によって共和制の国になった日を記念したもの。イタリア国民にとっては共和国建国記念日=祝日となり、イタリア全土で祝典が行われる。これにともない、日本におけるイタリア大使館でも毎年、記念日を祝うためのレセプションが行われている。トップ写真は昨年のレセプションの様子だ。

世界初公開 ADIVA AD-4(2輪EV)

車両区分は軽二輪(125~250cc)クラスながら、400ccエンジン並みの最高出力を発揮し、高速走行やタンデムでも余裕の走りを実現する2輪EV。フロントスクリーン、開閉式ルーフ、大型リヤトランクという、アディバを象徴する装備を採用し、天候に左右されることなく、ライダーを快適にそして確実に目的地まで運んでくれる。14.4kW の大容量リチウムイオンバッテリーを搭載することで、最大270km の航続を可能とした。

ADIVA AD-4

【ADIVA AD-4 2019】主要諸元■全長2240 全幅900 全高1760 シート高770(各mm) 車両重量271kg■電動ブラシレスDCモーター 定格出力11kW 最高出力35kW ギアボックス・インテグラルホイールハブモーター バッテリー・リチウムイオン14.4kWh 133V■充電方法・交流(100/200V) 充電時間(100/200V)9.6時間/4.4時間 後続可能距離270km 充放電サイクル1800回■タイヤサイズF=120/70-14 R=140/60-13 ●価格未発表 ●2016年6月発売

[フロントスクリーン]UVカット加工の施されたフロントスクリーンが、雨や冷たい走行風からライダーを保護。2段階調整式ワイパーが、雨天でも良好な視界を確保する。

[開閉式ルーフ]冷たい雨や厳しい日差しを遮ることのできるルーフを装備。陽気の良い日は、ルーフを折り畳んでリアトランクに収納し開放感を楽しむことも可能だ。 開閉式ルーフは国際特許を取得している。

[大型リアトランク]ヘルメット2つに加え、ライディングウエアやバッグも収納可能な容量90Lのリヤトランク。 2人分の小旅行の荷物を余裕で収納できる。

ADIVA AD-Cargo/ADIVA AD-Cargo V2H:荷物の運搬に特化した、3輪EV

2011年にアディバが開発した3輪EV「カーゴ3」が日本郵政に採用され、その際に小型化、軽量化の要望があったことからフルチェンジしたモデルが「ADIVA AD-Cargo(エーディーカーゴ)」だ。大径ホイール、左右独立懸架リヤサスペンション、大型の荷台により、従来のデリバリー向け車両では困難だったビジネスモデルを実現するとしている。

[ADIVA AD-Cargo V2H]CHAdeMOソケットを装備し、急速充電に対応すると共に、V2H(Vehicle to Home)機能と接続することで、車両に蓄えた電気を家で使用することも可能。●発売予定時期:2019年10月

ADIVA AD-1(原付二種クラス)/ADIVA AD-2(軽二輪クラス):日々の移動を楽しくする3輪EV

2 輪車の楽しさと手軽さ。4輪車の安全性と快適性。両方の利点を兼ね備えた3輪EV。開閉式ルーフ、ワイパー付きフロントスクリーン、大型のリヤボックスを採用し、アーバンコミューターとして活躍する。

[ADIVA AD-1(原付二種クラス)/ADIVA AD-2(軽二輪クラス)]●発売予定時期:2019年10月

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る