第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

270度空冷ツインの心地好いサウンド

【エンジン音 動画あり】ロイヤルエンフィールド・コンチネンタルGT650試乗速報

  • 2019/4/19

東京MCショーで日本初公開されたロイヤルエンフィールドの新型空冷2気筒に、和歌山利宏がさっそく試乗。4月24日発売の本誌で詳報するが、まずはエンジン音を聞いていただこう!

走り出しから信頼できるエンジンが心地よい

本誌発売に先立って、和歌山さんのインプレッションを軽く紹介したい。今回の試乗会はタイのプーケット島で行われたのだが、「熱帯の自然を満喫しながら楽しめる空冷ツインだった」と評価。続いて「エンジンは極低回転からスムーズで粘りもあって、クラッチミートの瞬間からバイクに信頼を寄せることができ、トコトコ走りもいとわない。それでいて、270度クランクの不等間隔爆発によるトラクションが心地よく、いい気分にさせてくれる」と、エンジンの心地よさを解説している。

というわけで、さっそくその270度空冷並列2気筒エンジンのサウンドをお届けしよう。輸入元のウイングフットで排ガス検査から戻ってきたばかり、登録前の車両なので回転数はあまり上げていないが、ゆったりした吹け上がりとウエットなサウンドが伝わるはずだ。

さらに、「何より、この車格は日常的に使うのに程よい大きさだ。今ではレトロ指向の2気筒車も大排気量化や水冷化を余儀なくされているだけに、改めて本来の姿を思い知らされる。さらに、ハンドル切れ角は片側37度もあって、昔のバイクのように小回りもしやすい」と、車体の取り回しにも好感触だった。

【ROYAL ENFIELD】左:CONTINENTAL GT 650(5月頃発売) ●価格:83万9000円~88万9000円 / 右:INT 650 ●価格:83万9000円~88万9000円(6月頃発売)

ハンドルバーはクリップオンされるセパレートタイプ。ただし、グリップ位置はアッパーブラケットよりも上側にある。

試乗車のGTに装着されたシートは、オプションのストッパー付きシングルタイプ。標準品は小さい段差が設けられたダブルタイプだ。

足着き性は抜群でないにしろ悪くはなく、両車に差異はない。兄弟車のINTは上体がかなり起きているのに対しGTは前傾するが、前傾度は昨今のスポーツネイキッドに近く、ツーリングにも使える水準にある。(身長161cm/体重56kg)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)