モーターサイクルショー展示も濃厚

ヤマハ2019新型XSR900/XSR700は国内用に青を用意?!

  • 2019/3/6

【YAMAHA XSR900 2019年型予想CG】

2019年型XSR900とXSR700は、欧州でアルミ地に赤ラインの入った新色が発表されたが、国内ではそれとは異なるブルーが発表されそうだ。

′19XSR900/700国内仕様は赤→青タンクに

現代的ファイターの’16MT-09をベースに、アルミタンクカバーなど金属の質感を活かした専用外装などでネオレトロに仕上げた1台。3種のパワーモードと2段階+オフが可能なトラコンに加え、アシスト&スリッパークラッチまで採用し、ネオクラ屈指のスポーティさを誇る。サス設定は09と若干異なり、落ち着いた乗り味だ。’19国内仕様では、これまでにないブルーのタンクに白ストライプラインが入る模様だ。 ※ヤングマシン2019年4月号(2月23日発売)より

【YAMAHA XSR700 2019年型予想CG】

XSR700スクランブラー仕様の国内導入は?!

軽量コンパクトなMT-07をベースに、XS-1などの名車イメージで再構築したネオクラがXSR700。’19では900と同様、国内モデルではブルーのタンクを採用するが、ラインは入らずマットカラーになる模様。一方、欧州では派生モデルのXトリビュートを追加する。’70年代のヤマハを代表するオフ車=XT500をモチーフに、アップマフラーやフォークブーツ、ブロックタイヤなどでスクランブラー風に仕上げた。メッキタンク+金色ホイールのカラーは’81年型XTのオマージュだ。尚、こちらの国内導入は見送られる模様。 ※ヤングマシン2019年4月号(2月23日発売)より

【YAMAHA XSR700 XTribute 2019年型欧州仕様】

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)