アルミニウムにレーサーの赤ライン

ヤマハ2019新型XSR900/XSR700が欧州で発表! ’70年代レーサーイメージに

ヤマハが欧州で2019年型のXSR900とXSR700を発表。ヘリテイジを標榜するこのシリーズはこれはで往年のXS系カラーをモチーフにしてきたが、新色はレースイメージを採り入れている。

シートも赤色のステッチでコーディネート

XSR900とXSR700の2019年モデルに導入された新色はGarage Metal(ガレージメタル)のグラフィックバージョン。これはヤマハの1970年代のGPレーサーで使われた赤×白のボディカラーをモチーフにしたシンプルなデザインで、アルミニウムのシルバーカラーの上に黒で縁取られた赤色の横縞が描かれている。また、合わせてシートには赤色のステッチが施された。尚、欧州ではXSR900、XSR700とも、2018年に登場した赤がなくなり黒は継続。これに900、700とも従来から存在していたガレージメタルにグラフィックが追加された形となる。

【YAMAHA XSR900 2019年型欧州仕様】新色のガレージメタルのグラフィック追加仕様。従来のミッドナイトブラックは継続となる。

【YAMAHA XSR700 2019年型欧州仕様】新色のガレージメタルのグラフィック追加仕様。従来のテックブラックは継続となる。

こちらは、2017年10月にアメリカで製作されたXSR900ベースのヤードビルトカスタム。’70~’80年代に活躍したTZ750をイメージしたという。2019年型ガレージメタルのモチーフとなるレーサーカラーはこれよりも1世代前の白ボディに赤の横ラインが入ったシンプルなデザインのものだ。

ニュース提供:欧州ヤマハ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事