アルミニウムにレーサーの赤ライン

ヤマハ2019新型XSR900/XSR700が欧州で発表! ’70年代レーサーイメージに

  • 2018/9/29

ヤマハが欧州で2019年型のXSR900とXSR700を発表。ヘリテイジを標榜するこのシリーズはこれはで往年のXS系カラーをモチーフにしてきたが、新色はレースイメージを採り入れている。

シートも赤色のステッチでコーディネート

XSR900とXSR700の2019年モデルに導入された新色はGarage Metal(ガレージメタル)のグラフィックバージョン。これはヤマハの1970年代のGPレーサーで使われた赤×白のボディカラーをモチーフにしたシンプルなデザインで、アルミニウムのシルバーカラーの上に黒で縁取られた赤色の横縞が描かれている。また、合わせてシートには赤色のステッチが施された。尚、欧州ではXSR900、XSR700とも、2018年に登場した赤がなくなり黒は継続。これに900、700とも従来から存在していたガレージメタルにグラフィックが追加された形となる。

【YAMAHA XSR900 2019年型欧州仕様】新色のガレージメタルのグラフィック追加仕様。従来のミッドナイトブラックは継続となる。

【YAMAHA XSR700 2019年型欧州仕様】新色のガレージメタルのグラフィック追加仕様。従来のテックブラックは継続となる。

こちらは、2017年10月にアメリカで製作されたXSR900ベースのヤードビルトカスタム。’70~’80年代に活躍したTZ750をイメージしたという。2019年型ガレージメタルのモチーフとなるレーサーカラーはこれよりも1世代前の白ボディに赤の横ラインが入ったシンプルなデザインのものだ。

ニュース提供:欧州ヤマハ

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ