10代の若手レーサー4名を起用

中野真矢さん率いる「56RACING」が 2019年のチーム体制を発表

元MotoGPライダーの中野真矢さんが代表を務めるレーシングチーム「56RACING(フィフティシックスレーシング)」が今年度の体制を発表した。国内戦に参戦する2名のレギュラーライダーに加え、海外レースに挑む2名をサポートライダーとして活動していく予定だ。

若手育成とモータスポーツ発展のために

新加入の1名を加え、計4名で2019年を戦う56RACING。2名のレギュラーライダーはCBR250RRドリームカップを中心とした国内選手権に参戦し、ほか2名はレッドブルルーキーズカップやアジアタレントカップなどの海外戦に出場する。

<レギュラーライダー>

■梶山采千夏(かじやま・さちか)選手

CBR250RRドリームカップ筑波と鈴鹿大会に参戦し、鈴鹿で開催される全国大会・グランドチャンピオンシップへの出場を目指す。15歳の高校1年生。

■田中風如(たなか・ふうご)選手

今年から56RACINGに加入。梶山選手と同様、CBR250RRドリームカップ筑波/鈴鹿大会に出場。14歳の中学2年生。

<サポートライダー>

■埜口遥希(のぐち・はるき)選手

スペインFIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権およびレッドブルルーキーズカップに参戦。56RACINGは日本でのトレーニングなどをサポート。16歳の高校2年生。

■松山拓磨(まつやま・たくま)選手

アジアタレントカップおよび、ツインリンクもてぎの地方選手権にスポット参戦。56RACINGは日本でのトレーニングなどをサポート。14歳の中学2年生。

発表は千葉県にある中野真矢さんのウェアブランド「56design」ショップにて行われ、中野さんやライダーが今年の意気込みを語った。チームの活動目的が「若手の育成」なだけにライダーは非常に若い顔ぶれなのが特徴。56RACINGからMotoGPへと飛び立つ逸材が育つことを大いに期待したい。

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)