佐藤寿宏のロードレース通信

マレーシア’19セパンテスト#2:ヨシムラの加賀山就臣が始動

ロードレースを追いかけること20年以上のフリーライター・佐藤寿宏さんの「寿(ことぶき)通信」をお届け。国内外、レースの様々な現場から届く「寿通信」は、日本人選手の動向を中心にレポートする。今回は、2月1日からマレーシアではじまったセパンテスト、通称『セパンゼロ』のレポートだ。

ヨシムラのマシンに加賀山の経験を注入

さて、今年もマレーシア・セパンサーキットにやってきました。本日2月1日(金)より“セパンゼロ”が始まりましたね。最高気温は33.8度、路面温度は59度と、とにかく暑い一日でした。真冬の日本から来ると、最初は“大したことないかな”と思っていてもジワジワと“こりゃやばい”となり水も500ml、1本じゃ足りない状態です。

午前中は、ピットまわりの撮影からスタートし、走行を撮りに行ったところ、ちょうど今回の目玉でもある“ユッキー”こと加賀山就臣が現れました……がしかし、そのままピットに入ってしまいました。ユッキーの走りを撮ってから違う場所に移動したかったのですが、そのままお昼休みに突入し、炎天下のなかコースサイドでしばらく待つことになり……。なんとも間が悪い動きとなりましたが、その間、こんがり焼けて、またも帽子焼けを作ってしまいました。

ヨシムラ所属が発表されてから初のテストとなったユッキー。今回はチームオーナーという立場ではなく、プロライダーとしてベースとなるセットを決める作業に徹していましたが、その表情は明るかったですね。

「同じGSX-Rでもチーム体制も違えば、マシン作りのコンセプトも違うので、今日はベース作りに専念しました。戦うための武器をそろえて、早い段階で勝負できる状況を作って行きたいですね」とユッキー。猛暑のセパンを63周し、様々なパーツをテスト。初日のベストタイムは2分06秒6でした。

チームメイトの渡辺一樹は、「加賀山さんと一緒にレースをやるのは、以前に柳川明さんと組んだときと似た感覚ですね。マシンをセットアップするだけではなく、チームも率いているので、様々な流れを勉強させていただければと思っています」と70周し、2分05秒1と好調です。

今年45歳になる加賀山就臣は、18歳でスズキワークス入りしてからスズキひと筋。スーパーバイク世界選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースでの優勝経験に加え、2012年には世界耐久選手権で年間チャンピオンを獲得している。

加賀山はセパンサーキットを63周し、初日のベストタイムは2分06秒6。

2019年の全日本ロードレースを戦うヨシムラスズキMOTULレーシング。左から加藤陽平監督、渡辺一樹、加賀山就臣、吉村不二雄社長。

ヤマハファクトリーが強さを誇示

ヤマハは、絶対王者の中須賀克行が自己ベストを更新し、2分03秒0と他を圧倒するタイムをマーク。2日目の午後からはMotoGPマシンのテストとなるため、初日の走行は9回目のチャンピオンに向けての重要なテストとなっていました。これに野左根航汰が2分03秒9で続き、ヤマハファクトリーが今シーズンもJSB1000クラスをリードすることを予感させました。昨年のケガからの復帰テストとなる前田恵助はリハビリ走行。テストチームに加わりセパン初走行となった近藤湧也は、最多の84周を周回。コース、マシンに慣れるために、とにかく周回をこなしていました。

MotoGPは、Hondaがステファン・ブラドル、ドゥカティがミケーレ・ピッロ、スズキがシルバン・ギュントーリと津田拓也、KTMがミカ・カリオ、そしてアプリリアはブラッドリー・スミスが走行。ニューマシンのシェイクダウンを行っていました。トップタイムは、2分01秒569のブラドルでした。

まだまだ続くセパンテスト。またレポートをお届けします!

文・撮影:佐藤寿宏

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

佐藤 寿宏(ことぶき)

佐藤 寿宏(ことぶき)

記事一覧を見る

ロードレースを追いかけること20年以上のフリーライター。国内外の様々なレースを現場取材しており、若手ライダーにも慕われる。愛車はスバル・レガシィから乗り換えたレヴォーグというボクサー党だ。