2019世界の新車総図鑑#08

ヤマハ・トレーサー/XSRシリーズ/LMW系etc.の2019年モデルをチェック

2019世界の新車総図鑑(ヤマハ)

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではヤマハのLMW、トレーサー、XSRシリーズ等の2019年モデル情報についてまとめた。

[新型]NIKEN GT:異色の大排気量3輪モデルにツアラー版

日本でも発売開始されたばかりのスポーツLMW・NIKENに早くもバリエーションモデルが設定された。ツーリング性能を高めたモデルで、ハイスクリーンや片側25Lのサイドケース、コンフォートシートやタンデムグリップを兼ねるリヤキャリアベース、さらにグリップヒーターやメインスタンド、セカンドDC12Vソケットといった装備が奢られる。さらにグレーとブルーのニューカラー2色が設定され、NIKENの世界をより魅力的なものとしているのが特徴だ。日本仕様への導入時期は未定。NIKEN購入を検討していたライダーには気になるところだ。

ナイケンGT

主要諸元 ■全長2150 全幅885 全高1250 軸距1510 シート高820(各mm) 車重263kg ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 847cc 115ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 燃料タンク容量18L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70R15 R=190/55R17(写真上:ファントムブルー、下:ニンバスグレー)

[コンセプトモデル]3CT:LMW第4弾はミドルスクーター

TRICITY125/155、NIKENに続くLMW第4弾となるマシンがいよいよ見えてきた。発表された3CTは3Dプリンターで出力されたシートにLEDライトをあしらうなど、まだコンセプトモデルだが、ミドルスクーターであるXMAX300をベースとし、より迅速に&より遠くまでアーバンコミューターとしての能力拡大を目指していることを明らかにした。XMAXは300の他にも共通プラットフォームで400、250、125と展開している世界戦略モデル。3CT市販化の際には一気にLMWを広めることが可能となる。その市販時期については未発表。’19東京モーターショー時に具体的な姿が見えるか。

3CT

主要諸元 ■全長・全幅・全高・軸距未発表 シート高未発表 車重未発表■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 292cc 馬力・トルク未発表 ■ブレーキ F=ディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70-14 R=140/70-14

[新型]テネレ700:ついに市販版が正式発表

MT-07譲りの689cc並列2気筒エンジンを搭載した本格アドベンチャーモデル。そのエンジンはFIセッティング等独自のチューンが施されておりファイナルも最適化されている。フレームは専用の鋼管ダブルクレードル。これにフルアジャスタブルのφ43mmフロントフォークやリヤショックが組み合わされ、リヤのプリロードは工具いらずのリモートアジャスターで調整できるようになっている。本格オフ対応のためABSのオン/オフ切替も可能だ。ヘッドライトは異形のLED4眼。欧州での発売時期は’19年下半期としばらく先。カラーリングは3色となる。

テネレ700

主要諸元 ■全長2365 全幅915 全高1455 軸距1590 シート高880(各mm) 車重140kg ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 73.4ps/9000rpm 6.93kg-m/6500rpm 燃料タンク容量16L ■ブレーキ F=ディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=90/90R21 R=150/70R18(写真上:セラミックアイス、下左:コンペティションホワイト、下右:パワーブラック)

[新型]トレーサー700/GT

MT-07系エンジンとシャーシを持つトレーサー700は、本格アドベンチャーのテネレ700に対し、オンロード寄りのクロスオーバーツアラーとなるモデルで’16に登場。日本では未発売だ。欧州’19ではこのトレーサー700に新たにボディ同色の20Lサイドケースとハイスクリーンそれにコンフォートシートを装備した上級版のGTを追加。ラインナップを強化した。カラーリングはGT、STDともに新色のニンバスグレーと従来継続のファントムブルーの2つを設定。

トレーサー700

主要諸元 ■全長2138 全幅806 全高1270 軸距1450 シート高835(各mm) 車重196kg ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 74.8ps/9000rpm 6.93kg-m/6500rpm 燃料タンク容量17L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70R17 R=180/55R17(諸元はGT)(写真上:ニンバスグレー[GT]、下:ファントムブルー[STD])

[新色]トレーサー900/GT

MT-09の兄弟車となるトレーサー900とサイドケースなどを装備した旅バージョンのGTは、ともに’19モデルでニンバスグレー(日本ではブルーイッシュグレーソリッド4)と名付けられているメインカラーを色名そのままに差し色の白を赤に変更。従来よりも高級感が増した印象となった。その他の車体色についてはホイールがブルーのブラックがSTDとGTに、GTにはさらにブルーも設定されている。スクリーンは10段階、シート高は2段階に調整可能なのも900の特徴だ。

トレーサー900

主要諸元 ■全長2160 全幅850 全高1375/1430 軸距1500 シート高850/865(各mm) 車重214kg ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 847cc 115ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 燃料タンク容量18L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70R17 R=180/55R17(諸元はSTD)(写真上:ニンバスグレー[GT]、下:テックブラック[STD])

[新型]XSR700 Xトリビュート:XSR700のスクランブラー仕様

往年のXT500のカラーリングをモチーフとしたXSR700のスクランブラーバージョンで’19ブランニュー。オフロード走行に対応したワイドハンドルバーやフットペグ、フラットタイプシートを備え、タイヤもピレリ製MT60RSをチョイス。オプションで上の写真のアクラポヴィッチ製アップマウントマフラーも用意されている。このXTributeの登場で、XSRによるネオレトロの世界がダートの世界まで広がった。欧州では’19年4月より発売開始。

XSR700 Xトリビュート

主要諸元 ■全長2075 全幅820 全高1130 軸距1405 シート高835(各mm) 車重186kg ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 74.8ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm 燃料タンク容量14L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17

[新色]XSR900

ヘリテイジ(伝統・遺産)を標榜するXSRシリーズは、’19ニューカラーとして“ガレージメタル”にグラフィックを施した新色を発表。ヤマハが’70年代のGPレーサーに用いていた赤×白のカラーリングをモチーフとしたもので、まさにヘリテイジにふさわしいものとなっている。同時にシートには赤色のステッチが施された。なお、欧州では’18に登場した赤がなくなり、黒は継続。その他の諸元や車体寸法への変更はない。

XSR900(2019)

主要諸元 ■全長2075 全幅815 全高1135 軸距1440 シート高830(各mm) 車重195kg ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 847cc 115ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 燃料タンク容量14L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズF=120/70R17 R=180/55R17(写真色:ガレージメタル)

[新色]XSR700

XSRは700にも、900と同じく’70年代ヤマハGPマシンカラーをモチーフとしたガレージメタルの新色を設定。ディープアルミニウムシルバーのタンクボディーにソリッドブラックで縁取った赤い横ストライプがあしらわれている。この新色は900ともども欧州では’19年3月から発売開始。欧州700には、ほかに単色のブラックも設定される。なお、’19モデルはカラーリング以外の諸元や仕様に関して変更はなしだ。

XSR700(2019)

主要諸元 ■全長2075 全幅820 全高1130 軸距1405 シート高835(各mm) 車重186kg ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 74.8ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm 燃料タンク容量14L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70R17 R=180/55R17(写真色:ガレージメタル)

[新型]XMAX300 アイアンマックス

共通プラットフォームをベースに多排気量展開を行っているグローバル戦略モデルのXMAX。欧州では300と125および400に“IRON MAX”と名付けた上級バリエーションを’19で追加。ソードグレーのボディカラーに、バックレストの付いたスペシャルシートやアルミニウムのフットレストを装着。他にもレザー調のインナーパネルとクロムリングが施されたメーター、テールランプもスモークレンズになるなど、大幅に質感が高められている。

XMAX300(2019)

主要諸元 ■全長2185 全幅775 全高1415 軸距1540 シート高795(各mm) 車重179kg ■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 292cc 28ps/7250rpm 2.96kg-m/5750rpm 燃料タンク容量13L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70-15 R=140/70-14(写真色:ソードグレー)

[新色]VMAX

ユーロ4未対応のVMAXは日本と欧州では生産終了となったが、規制基準の異なる米国では販売継続となる。’19 モデルは全身ブラックにまとめあげたカラーリングを設定。怒涛のトルクや迫力のボディサイズと相まって、VMAXのマッシブな魅力が満ち溢れた仕上がりとなっている。1700cc V4エンジンや6ポットのフロントキャリパーなど、仕様や諸元は従来から変わりなし。電子制御スロットルを装備しているが、トラコンやパワーモードはなしだ。

VMAX(2019)

主要諸元 ■全長2395 全幅820 全高1191 軸距1699 シート高775(各mm) 車重310kg ■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1679cc 馬力・トルク未発表 燃料タンク容量15.1L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70R18 R=200/50R18(写真色:マットレイブンブラック)

※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連記事/リンク


写真をまとめて見る

kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

バイク王
striker

最新記事

  1. YAMAHA XSR700 vs DUCATI SCRAMBLER MACH 2.0
  2. ホンダ クロスカブ110改・ルアマガ仕様
  3. HONDA CROSS CUB 110/50
  4. BMW C 400 X/GT