ホンダコレクションホール20周年特集#17

ホンダ初の2スト50ccスポーツ MB50が走行【映像あり】

2018年7月16日と9月24日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念ということで市販製品特別走行が実施され、ホンダの黎明期から現在までのエポックメイキングなモデルが走行を披露した。

7psという圧倒的なパワーでリードを広げた

1970年代後半は、ゼロハンバイク(50ccクラスのスポーツモデル)が長く続いた6馬力時代を終え、各社から6.3psのモデルが出そろった時期だった。それまでホンダは、唯一の4ストモデルであるCB50JXでライバルの2ストローク勢に対抗してきたが、走りの面で遅れをとり、本格2ストモデルの登場が期待された。

MB50は、それまでのゼロハンスポーツが中型、大型モデルのミニチュア版であったのに対し、ホンダ初の2スト50ccロードスポーツモデルとして軽快な操縦性や走行性能を求めた意欲作。燃焼室を集中的に冷却するシリンダーヘッドフィン配置や吊鐘形燃焼室などを採用したクラス最高パワー(7ps)のエンジンを搭載するなど、軽量&高性能モデルにすることを目指して開発されたのだ。

【HONDA MB50 1979年4月】ホンダ初の2ストローク50ccロードスポーツ。2ストロークモデルで世界初の1軸バランサー付低振動エンジンはクラス最高の7ps。Xバックボーンフレームも斬新だった。■空冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ 49cc 7.0ps/9000rpm 78kg CDI点火、5段変速

【HONDA MB50 1980年5月】デビューした翌年にはカラーリングを変更するとともにセミアップハンドル仕様を用意。さらに小物入れを新設している。

【HONDA MB-8 1980年2月】海外でも展開されていたボア×ストロークが45.0mm×49.5mm(50ccは39.0mm×41.4mm)の78cc仕様も約1年後に発売された。■9.5ps/8000rpm 82kg

Xフレームやセンタータンクなどシャーシも先進的

MB50は、欧州市場も含めた2ストローク小排気量(50~100cc)シリーズの構築を目指した戦略モデルの1つで、1977年に開発がスタートした。圧倒的スペックをもってシェアを確保するという開発目標に加え、世界での小排気量車シリーズの機種構築を計画し、それらのコストや生産体制を効率的に展開することも課題となった。

新設計の2ストローク50ccエンジンは、鋳鉄スリーブ入りアルミダイキャストシリンダーやCDI点火装置などの新技術も採用して7psの高出力を発揮。給油方式は、オイルポンプ吐出量をスロットル開度により流量を調節する分離給油方式となっている。他にもシンプルで剛性の高いX型バックボーンフレーム、車両の重心付近にマスを集中させるためのセンタータンク方式やトップブリッジと一体構造のスポーティなステアリングハンドル、トライアングル形状のブラックコムスターホイール&フロントディスクブレーキなどを採用している。

【左上】燃焼室集中冷却シリンダーヘッド=走行時の風をより多く燃焼室廻りに集中させた設計のシリンダーヘッドでエンジンの発生する熱を効果的に放散し性能変化を減少している。【左下】吊鐘型燃焼室=一般の半球型に比べ、圧縮工程での混合気の攪拌効果が大きく、低速から高速にわたり安定した燃焼とプラグのカーボン詰りを防ぐ。

【上】トップブリッジと一体構造でありながら、セパレート風イメージを与えるスポーティなハンドルバー。また電装品は燃料タンク前方に集中して配置、整備性を向上させている。【左下】X型バックボーンフレーム=軽量化と高剛性をねらいX型に構成されたシンプルで、個性的な車体デザインを可能としたフレーム。【右下】燃料タンク(9L)をシート下にまで延長することで、車両の重心付近にマスを集中し、軽快な運動特性を確保した。

【HONDA MT50 1979年6月】MB50のエンジンと車体をベースに、モトクロッサーの機能をもち、街中でも似合う2サイクルモデルとして開発された。■空冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ 49cc 6.5ps/8000rpm 79kg

取材協力:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン

このバイクに関連する記事



いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

バイク王
striker

最新記事

  1. YAMAHA XSR700 vs DUCATI SCRAMBLER MACH 2.0
  2. ホンダ クロスカブ110改・ルアマガ仕様
  3. HONDA CROSS CUB 110/50
  4. BMW C 400 X/GT