マシン・オブ・ザ・イヤー2018
日本GPのホンダブースに展示

2019新型CBR250RRに新色、HRCワークスカラーが新登場

2018年10月19日からの週末、日本GPが開催されるツインリンクもてぎのホンダブースにCBR250RRのHRCカラーが展示される。2017年の現行型発売以来、初のトリコロールに人気が集中しそうだ。

全日本参戦のワークスチームカラーを忠実に再現

2017年に年間タイトルを獲得した高橋巧選手のゼッケン1をつけて、2018年から全日本ロードレース選手権JSB1000に復帰したTeam HRC。その参戦マシンであるCBR1000RRWと同じカラーリングを身に纏ったCBR250RRが、10月19日からツインリングもてぎで開催される日本GPのホンダブースに展示される。ファクトリーマシンと同じトリコロールは、2017年にCBR250RRが登場して以来初。現行の赤×白×黒のヴィクトリーレッドはアジア選手権のオフィシャルチームカラーとしてレースイメージを演出しているが、今回のトリコロールはHRC直系でより付加価値が高いものと言える。現状は市販予定車としての展示だが、発売されれば人気が集中しそうだ。

【HONDA CBR250RR/ABS 2019年型国内仕様市販予定車 予想価格:78万円/82万円 予想発売時期:12月】CBR1000RRWをイメージしたTeam HRCのトリコロールカラーが施された2019年型市販予定車。フレームもCBR1000RRのアルミをイメージした色に塗装されている。仕上げにHRCステッカーを貼り付けたいところだ。

レーサーのゼッケン部分の黒ベースも上手くグラフィックに取り込んで迫力のフェイスデザインとしている。

【HONDA CBR1000RRW 2018年】元ネタはこちら。宇川徹監督の下、2018年に全日本ロードレース選手権に復帰したTeam HRCのJSB1000レーサー。ライダーは高橋巧選手で現在ランキング2位に位置している。

他にも2019年型は赤が追加に

本誌が得た情報によると、2019年型CBR250RRは11月に価格や発売時期が正式発表される見込みで、同時にレギュラーカラーも変更を受けるだろう。2019年型は、トリコロール以外に赤の新色が加わり、従来のヴィクトリーレッドとシルバーはカタログ落ちになるだろう。既存のホワイトは継続、ブラックはカラーリングに小変更を受けるという情報だ。全カラーがABS採用で、非採用はトリコロールのみにラインナップされる見込みだ。

【HONDA CBR250RR ABS 2019年型国内仕様市販予定車 予想価格:81万円 予想発売時期:11月】今年7月にインドネシアでも新色のつや消し赤が発表になったが、国内向けはつやのある赤になることが判明。レギュラーカラーはABS仕様のみのラインナップになる模様だ。

【HONDA CBR250RR ABS 2018年型国内仕様 価格:80万6760円 発売日:4月20日】2018年に新たに追加されたパールグレアホワイトは2019年も継続される模様。

撮影:柴田直行
「ホンダCBR250RRの新色がインドネシアで発表」記事はこちらへ。
「2018CBR250RR ABSのホワイトは4/20発売」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018